コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:2006

この10年で何か変化はあったのかな。日々この地に通う者には、小さな変化には敏感だが、むしろ(土地開発をともなうような)大きな変化には鈍感だ。「日々会う女性か、たまに会う女性か」 みたいなものかなw良い心持ちに泥酔中wシックスサマナ 第24号 幻の動物王国 追悼 本 ...

僕の澳門での垂れ込み先である「内港エリア」から200メートルほどの幅の汽水を5分ほど渡った先が中華人民共和国広東省珠海市湾仔。最近は澳門に滞在していても、陸路国境を隔てた隣町の中国本土の町「珠海・拱北」さえ赴かないのに湾仔など5年以上行っていない気がするがw20 ...

世界遺産登録直後の鋭意開発中の澳門のそこはか、2006年。新葡京(グランド・リスボア)が建設途中だったり16浦(ポンテ16)が建設以前だったり、はたまた国際酒店が取り壊し中だったりw今以上にマカオが騒がしかった時代。それはそれなりに混沌としては懐かしい。今はちゃ ...

この頃はまだ澳門も世界遺産に登録されたばかりだったし、未だ「ホンコン旅行のついで」のような位置づけで、この街を海外から訪れる観光客などは「好事家」かカジノ目当てか僕みたいなのか。新馬路も「大豊コーナー」以西で観光客の姿を見ることは無かったし、もちろん16浦 ...