コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:駅前

コロナ禍前の事実上最後の旅は2年前の今日。 宮城県の仙台市へ義理紫微で。 数年ぶりに降りた仙台駅は多少の変化はありながらもいつも通りの佇まい。日本で一番好きな街で若い多感な頃を過ごした街は駅前の風景だけでいろいろ回顧する走馬灯w喫煙所だけは年々結構な疎 ...

中国、広東省の広州市には何度か訪れ滞在もしているけれど、いつも内陸に向かうストップオーバー的な滞在・訪問なのと、広州市自体が広くどこへ行っても波波の人の多さに辟易しては必要以上の街歩きをしなくなってしまう。 初めて訪れた時は地下鉄やバスを駆使しては結 ...

仕事の方が付いたので帰ります。 車窓にJKの姿がチラホラ。 まだ時間が早いんだなぁ。 ...

「駅前」とは言っても地下鉄駅なので正確には「駅上」。地下鉄駅よろしく出入り口が縦横無尽に張り巡らされているけれど、ここは「正宗(セジョン)ホテル」前に出る東端の北側。前回のソウル旅も雨模様の空模様がほぼ。ボクチン「晴れ男」だったはずなのに、最近の海外滞在 ...

僕がこの街で過ごすと50%ほどの確立で雨られる。 至る所で「ディス」っているので、ホンコンの神様に嫌われているのかな。 それは ...

仙台は僕にとって日本で一番好きな街だ。 (ちなみに二番は「函館」で三番は「八戸」。) 好きになった女性の「その後」が気になるかのごとく、好きな街の近況も気になる「未練タラ男」。w 駅前に「PARCO」が ...

中国本土では雲南省は一応「辺境地域」扱いなのだろうが、首府である昆明にはその言葉は当てはまらないだろう。 「少数民族の宝庫」と言われる雲南省にあっても、この街の「少数民族度」は人口比で10%程度で、街中で恒常的に目にする少数民族はB.B.Q.屋で見かける「回族」 ...

毎度毎度の雲南省昆明駅前。桃源郷幻想に焦がれてこの地に赴くと「ここが辺境と謳われた雲南省なのか?」と自問自答したくなるほどの「近代都市」ぶりに驚かされたりがっかりしたり。まぁ、そんな焦燥はさて置いて、ここは多種多様のピキ(ポン引き)が24時間引っ切り無しに ...