コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:韓国

「世界の安宿で」 韓国・ソウル・『鶏林荘』旅館2008年05月21日 00:19韓国のソウルは今迄100回以上通った場所だ。買い付けでも2年近く通い続けたしプライベートでも事あらば訪れている。世界中の料理で日本料理の次に韓国料理が好きだし、多くの場所が24時間稼動しているの ...

僕が始めて韓国の首府ソウル市を訪れたのはソウルオリンピック直前の1988年7月。街中はまだ鋭意建設中の建物が乱立し、史上初めて先進国の中入りをするための「儀式」のための準備に躍起となっていた最中の訪問だった。清渓川(チョゲチョン、청계천)はまだ蓋をされてはその ...

「世界の安宿で」 INN KWANG PYUNG, SEOUL, KOREA2008年03月10日 23:28 韓国ソウルへは今まで100回前後訪れているが一人旅ならこの宿、連れ旅ならここ以外を貫いてきた。2000年ごろにこの宿は無くなり(多分、宿のオーナー夫婦であるおじさんかおばさんのどちらかが他界し ...

2012年11月後半から12月後半まで、自宅や旅先で呑みの閉めに食らっていたカップ麺の食日記。これらは日本の自宅での消費。これらは旅先の韓国・ソウルで食らったヤツラ。バリ島からの帰国途中で食らったのだけれど、さすがにバリ島でカップ麺は食らっていないwでも約一ヶ月 ...

8年前の2014年のこの週。僕は韓国のプサンにいた。大阪南港を出港したパンスター・クルーズの目的地であるプサンに19時間かけて向かい、プサンに3時間滞在してまた19時間かけて大阪南港に戻る旅程の折り返し。20年程ぶりに訪れたプサンの街は当時の記憶が思い出せないほどに ...

3年前の2019年の今日。僕は韓国の首都ソウル市にいた。氷点下の冬のソウルは初めてではないし、宿泊もナンデムンシジャンの中なので勝手知ったる場所。それでも朝飯時の時間に晴れているにもかかわらず氷点下10℃以下ってのは行動に制限があるしカメラやスマホも動きが鈍くな ...

2018年末から2019年始の数日を韓国のソウル市内で過ごした。朝飯時の朝9から10時ころが一番気温の下がる時間で毎朝氷点下10度ほど。それほど長い時間戸外を散策するわけでもないのに中綿入りパンツ(所謂ズボンね)を購入したほど。2018年は年間で4〜5回常夏炎天下のバリ島に ...

9年前の2012年の今日。僕は韓国・ソウル市にいた。インドネシアのバリ島の山岳地域であるカランガセムの山中でしばらく過ごした後の日本への帰路の途中で立ち寄ったソウル市。クリスマスシーズン前の極寒のソウル市内はイルミネーションで飾られキラキラしていたけど、30℃を ...

2006年頃の韓国ソウル中心部。この頃までは仕事仲間や後輩などを引き連れては近場の繁華な街を旅していた。若者たちには花街を紹介したり異国のグルメにアテンドしたり。あえてゆっくり目の別行動にしては夜再会して、ホテル近くで飲みながらの報告会w若い子達の好奇心や行 ...

先週の続きで「鶴橋商店街」をより奥へ。 奥に向かうにつれて韓国色が強くなる鶴橋商店街。特にガード下の個人商店は韓国食品のオンパレード具合がすごく、韓国の市場に来たのかと思うほど。新大久保とも違う「昭和のテイスト」。他の商店も昭和感が強いのは関西のデフォかな ...

ひと頃は年に必ず一度は訪れていた大阪。時に難波で、時にアメ村で、時に心斎橋で、時に新世界でとアジトを滞在ごとに変えてローカル感を楽しんだ。この時の滞在は天王寺駅前で鉄道を乗り換えての鶴橋探訪。とりあえずは駅直結の商店街「鶴橋商店街」から。奥に位置する「鶴 ...

SEO TAI JI & BOYS - Hayeoga(서태지와 아이들 - 하여가)February 08, 2007너에게 모든걸 뺏겨버렸던 마음이 다시 내게 돌아오는걸 느꼈지 너는 언제까지나 나만의 나의 연인이라 믿어왔던내 생각은 틀리고 말았어 변해버린건 필요가 없어이제는 너를 봐도 아무런 느낌 ...

海外に(旅に)出れるわけもなく、刺激的な被写体と対峙できるわけでもないこのコロナ禍の中。 楽しみと言えば飲食で、この1〜2年で結構太ったw 年に数回の健康診断では高血圧だとか何やらの数値が高いとかの結果が出ても大概「でも、血色が良いので健康体だね」とお ...

今まで韓国ソウル市には100回以上訪れては滞在してきたけれど南大門市場内に宿泊するのはこの時が初めて。24時間途切れることなく稼動するソウル市内の市場内に宿泊となれば、その喧騒の中ですごすと言う事ながら結局早々に呑んだくれては寝入るので、今までと差ほど変わらな ...

2014年に大阪南港から韓国・プサンへ船旅した際の瀬戸内海からの明石海峡大橋の眺め。朝の船の行き来の多いラッシュ時の瀬戸内の晴れた空。プサンまでの航海時間は19時間ほど。まだまだ出だしただけw シックスサマナ 第36号 マジキチ日本紀行 ラストオブ出会い旅クーロン黒 ...

大概正月の3が日など仕事するはずもなく大概若い頃は実家に帰省しては親戚たちと大呑みダイカイになったものだが、 近年は他界する親戚も多々いては会うべき人も少なくなり帰省のきっかけもありゃしない。4〜5年前は正月3が日でも仕事をしていたけれど、ここ数年はしっかりと ...

2010年の今日、訳あって中国・福建省厦門にいた。 まぁ、ちょっとした用事でだけどw2011年の今日は自宅で何故か自室にある各種受信機の画像を撮っている。多分友人にラジオをあげるためのリストでもつくっていたのかな。2012年に今日は韓国・ソウルにいた。バリ島から日 ...

前回は「呑みのアテ」中心にネタにした韓国料理。 今回は朝に昼にガッツリ行く「飯」をメインにチトアテな感じ。 ナンデムン市場の食堂街で喰らうランチ。キムチチゲやテンジャンチゲ、ラメョンにマンドゥ(餃子)などなど。行きつけの飯屋では常時トッポキがサービス ...

今はK-POP 人気からなのかJK たちが新大久保界隈で遊ぶ時代らしいニュースを見た。 まぁ新大久保はK-POP 関連の商品のみならず数多の韓国系マーケットや立ち食いスイーツの宝庫なので原宿竹下通りとベクトルは違えどキャッチーさは同じっちゃあ同じなのかなw 僕も仕事 ...

14年前の今日を挟んで3日間か4日間、韓国のソウル市にいた。 珍しく一人旅ではなく、大学生の後輩たち2人を連れだっての「保護者兼ガイド」のような旅。僕にとっては若い食欲と好奇心を吸収するかのような旅だった。ソウルにいながら珍しく「588」に行かなかった記憶。 ...

最近は形を潜めた感のある「PM 2.5」や「黄砂」問題。 この頃は結構顕著に現れては時に日本までその影響を及ぼしたほど。より中国に近く大陸続きの韓国はその影響大で、春先の晴れた日ながらその空は霞み「光化学スモッグ」を連想させる。ソウル市内中心部を昼夜問わず ...

とある年末のガラガラの都内の主要道路と巣鴨や池袋や新宿の街並み。 携帯電話内蔵のカメラがまだ1メガピクセル程度の頃なので、まぁそんな頃。この頃はよく新宿の韓国人街に買い物に出かけては何万円分も食料品を買い込んでは連日韓国料理を食らっていた。僕の中での ...

韓国ソウルには今まで散々訪問・滞在したけど、好きなエリアとかお気に入りの飯屋・飲み屋や定宿さえも無い中、明洞の「鷄林荘旅館」だけは長年いろんな局面で利用していた。 30代の頃は買い付けた商品の保管倉庫として、40代の頃は定宿として、そして近年はご無沙汰でw ...

飲みも飲んだり食いも食ったり2泊3日のソウル旅 2006/10/13 - 2006/10/15 約5年ぶりのソウルは買い物そっちのけで(とは言っても韓国で今時特に買いたい物は無いんだけどね)飲み食いのみに焦点を当てて旅してきた。一人では絶対的に量の多い韓国料理。 二人でも品 ...

前々回か前前々回だったかに韓国のソウル市内を一人旅で滞在した際に散策した路地や路地裏の昼夜の風景。 初めて訪れる場所や路地・路地裏が多かったにもかかわらず、全体的な印象はどこも同じように感じるソウルの街角。偶に韓国を訪れて感じるのは個人のプロパティー ...

年末年始をソウル市で過ごすのはこの時が初めてで、これほどまでに冬のソウルが寒いとは思っていなかった。冬にソウルに来たことが無かったわけではないけれど、あまりに南国ばかりで過ごした反動で、何を血迷ったかソウルに来てしまったことを「朝9時で氷点下12℃」の毎朝に ...

アパレルの買い付けをしてた頃一度だけ訪れた事がある韓国・釜山(プサン)へ、マカオコミュニティーの重鎮である「へき氏」の誘いで共に、僕は20年ぶりに訪れた2014年。クルーズの寄港で3時間ほどの滞在ながらも街歩きしたり俯瞰で眺めたりして、20年前に滞在した ...

アメリカから帰国し日本国内でダラダラと仕事をしながら「何でこんなに近いのに、皆周辺諸国に行かないんだろう?」と言う疑問を解消し始めた頃。とりあえずは一番近い国である「韓国」へ、と言う事で向かったソウル。この当時韓国はまだ日本人にとって「旅行先」に選ばれる ...

昨年末から今年の正月までの韓国ソウル市内の滞在に利用した、ナンデムンシジャン(南大門市場)にある「ホテル・コージー・ミョンドン」。 ナンデムンシジャンでの食い倒れのみが目的の滞在だったので、とりあえずナンデムンシジャンに一番近いホテルを探したらこのホテルが ...

翌日の帰国便が朝出発のフライトなので、前夜の「夜呑み」はおとなしく「部屋呑み」で。ナンデムン市場内の宿から近場の屋台で売られているおつまみ類を買い込んで、宿の自室でぬくぬくと。何にせよ南国滞在に慣れた体は極寒の海外の街で過ごすのに慣れていなく、年末年始の ...

早朝の極寒の中、道行く途中でローカルの店員たちに呼び止められてはキャパ・オーバーのお茶で満腹になり2食目の朝食を諦めた朝。日中になり日も高くなっては気温も氷点下ギリまで上がり再度市場内に出ては「太刀魚横丁」の中にある有名な「タッコンタン(鶏の煮込み)」料理 ...

相変わらず天気は良いのに極寒な年始の韓国・ソウル市内。昨夜の深酒を中和するべく大目の水分を摂り、極寒を体感しに戸外へ一服しに出る。ホテル付きの朝食を喰らって2食目の朝食を模索しに南大門市場(ナンデムン・シジャン)に出て散策するも、前日までに知り合った市場の ...

 まだ写真を仕事にするつもりも無く、ただ単に滞在先の日々の僕の周辺半径5メートルほどの景色雑感。まだ「ソウル・オリンピック」前の発展途上国然とした国家の首府の混沌と、当の国民は既に先進国入りしたと錯覚している街中のエロティックな風景。日本国内では「バブル景 ...

セブから帰国してすぐ大阪港発のクルーズ船でプサンへ。日本人澳門コミュニティーのご意見番である「へき氏」のアテンドで片道19時間のプサンへのクルーズ。現地滞在時間が3時間と言う強行軍wその前夜に「NMB48」のステージを直に最前列で鑑賞してはその後、「NMB48 箱推し ...

ミョンドン散策ついでに夜呑みしようかとも思ったけれど一昨日に呑んだエリアとかぶるので、結局一度宿のある南大門(ナンデムン)市場へ戻る。南大門市場もあまりガッツリと呑める場所も少なく、大通り向かいの南山側の呑み屋密集地へ。近年のミョンドンは完全に若いローカ ...

2012年のバリ島から日本への帰り道の途中で寄り道した韓国ソウル滞在。一日内の気温変化が50度ほどあり、あまりの寒さにあまり外出しなかった。外食も億劫で極力テイクアウトしては中食で済ませた。 緯度的には旭川あたりと同じ韓国ソウルの街は、大陸性の気候も加味しては ...

この年(2014年)の前年末に父親が他界したのとほぼ同時にSIXSAMANA のグラビア連載が決まる。その影響で東京を離れる仕事の多い事多い事w4月始めに帰郷から帰京してちょっとだけ都心で過ごし、すぐにほぼ間髪入れずに韓国ソウルへ。帰国してすぐ再度帰郷し、しばらく都内で ...

午前中はダラダラとアプリのゲームをプレイしたりローカルのテレビを眺めたりして過ごす。ランチの時間になっても腹が減らないので、ホテルの食堂備え付けのカップ麺と食後のスタバを飲んでは重い腰を上げて市内の散策に出る。午後はみっちりいろんな場所の「地下商店街」を ...

前々回のソウル滞在時の、日々是夜の「ソウル市内流浪・散策」。本当に「何でもないソウル」。僕はこの後5年近くソウルにサヨナラする。この頃が日本と韓国の関係が今に続く悪化に至り始める。両国のインテリを除外した不在裁判で判決が下されたような関係の悪化。嫌悪してい ...

ソウル滞在3日目にして始めて喰らう「ホテル朝食」。洋食のブッフェ・スタイルなのだけれど、卵だけはその場で焼いてくれる。時間が早かったのかそれほど混んでいないホテルの食堂はコーヒーが飲み放題で長居してしまう。外からもれる何となくの「朝日」で早めに目覚めるソウ ...