コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:青森

2008年から2009年にかけては日本各地、主に東北地方を中心に流浪していた。仕事だけど。各地に一週間から二週間ほど滞在しながらの仕事で数珠繋ぎで巡ってはツアーのような日々だった。 爆弾低気圧真っ最中の秋田市内。会津若松市内で。盛夏の長野県の上田駅前。泥酔の青森 ...

一昔前の2009年の今日。僕は青森市内から函館へ移動していた。都内の自宅近くのインターから東北道を北上し青森市まで来て一泊し、翌日カーフェリーで北海道・函館へ向かう日。今まで何度この街で過ごしただろうか。夜呑みで泥酔しては閉めのラーメンまで。その後は第三新興 ...

ひと頃、年に2度、仕事で北海道函館市に都内から車で向かっては海路はカーフェリーを利用して一週間とか10日間とか半月とか滞在していた。 陸路は都内から青森市まで東北道を利用して休憩込み9時間ほどの道のりは、渋滞に出会わない限りは特に変化の無い行程。それに反 ...

一時期、年に2度ほど訪れながらも長期滞在したのはこの時のみ。毎日、ランチ時か夕方のおやつ時に「ラーメン・くどう」に通いつめ、夜は適当な居酒屋で呑んでは「第三新興街」をうろつくw青森駅前にたたずんでは「津軽海峡冬景色」を脳内で歌ったりw国内旅行に対してそれほ ...

半年に一度、北海道から東北地方一帯をツアーしていた頃一度だけ弘前市に一週間ほど滞在した事がある。 街中心部には結構な規模の商店街があり、百貨店があり、呑み屋街がありで充実した滞在だったけれど、呑みに行く先々でローカルの人々と意気投合してははしご酒が ...

まだ「食日記」のように日々食らったり飲んだりした物を画像として記録するようになる前の、日々の暮らしの中の画像の片隅に写り込んだ酒々。出張で青森県弘前市に滞在した際の「かくみ小路」の居酒屋で。焼酎のバリエが凄く、アテが全て旨かった。宿泊したホテル一階にある ...

 青森市から一度都内に帰り一週間ほど雑務をこなして再度東北道を北上する。行きは車で帰りは新幹線と言う変則的な交通手段で、栃木市内で日帰りの仕事。その数日後に「THE MALL みずほ16」でこれまた日帰りの仕事をして、その翌日から所沢駅前で2日間ほど通いの仕事。その ...

青森県の西側にある「弘前市」中心部で10日ほど過ごしては、そのまま県北部にある首府「青森市」へ移動。函館へ向う中継地点として滞在する事は何度もありながら長期滞在はこの時が初めて。「呑み」のメイン・ダイニングは見つからないながらもランチは毎度同じ場所で。あま ...

函館から都内の自宅に戻り数日後には「東京→香港→広州→南寧→南越→南寧→澳門→香港→東京」のルートを半月ほどかけて巡る。9月初旬に都内に戻ってはすぐさま「東北ツアー」へw最初の宿営地は青森県の「弘前」で。都内を早朝に出発して東北道を北上して弘前駅前にアジト ...

2009年は人生の中で一番自宅にいなかった年だった。離婚した年だった以上に、その引き金を引いたような感覚。それでも家族を養うために日本のみならず世界中を這いずり回って仕事をしていた。2009年の年始は岩手の盛岡市郊外で過ごした。「焼きたてのパン」の朝食が売りのホ ...

2007年末から2009年一杯の間、半年に一度必ず函館に赴いていた。都内から車で東北道を北上し青森市内で一泊して翌朝フェリーで車ごと函館に向うのが毎度のルートだった。それぞれの街に定宿があり、たまり場があり、必ず赴くラーメン屋や呑み屋があったのは言うまでも無いw ...

数年前に一度だけ長期滞在した青森県の弘前市。観光名所も多いし、独特な形態のナイト・スポットも多く、小さな地方都市ながらも楽しい滞在だった。昼間の空の高い街だったなぁ。4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド アメド ...

日本国内の地方都市に出向いても、夜の帳に目立つ看板は都内にもある「チェーン店」で、そんな場所で呑んでは旅の雰囲気も何もあったものじゃぁ無い。と言うわけで、地方都市の多くでは(観光客向けながらも)屋台村を探しては足を運ぶ。中には函館の「大門横丁」のようにローカ ...

先月は一週間以上の滞在だったので、駅前のビジネス・ホテルに宿泊したが、それ以外にも年に2回、函館に向かう途中で一泊だけ宿泊する時は、朝飯のビュッフェの旨さで、歓楽街近辺のビジネス・ホテルに宿泊する「青森」。 そんな、ホテル近くの歓楽街で呑んだくれ ...

何の予備知識も無く、本当の「勘」のみで探り当てた極上ラーメン屋。 実は、地元でも有名な「カリスマ・ラーメン屋」だったらしい。 (営業時間が8時から16時。市場並みだな。) 青森滞在中の昼飯は、何処にいようとここで「特大・生たまごトッピング(¥600) ...

先月9月は、ことごとく東京にいなかった。 8月後半から「香港・広西・越南・澳門」の旅に出て、日本に来て間髪入れずに「弘前・青森」に連続で20日近く滞在して、東京に戻るも、ちょこちょこと用事があり、またどこぞにさまよう「流浪の民」。 結局、先月は自宅に2~3日しか ...

確かに日本の東北地方には、「芋煮」と言う「文化」が存在するが、「仕上げにうどん」と言う習慣はない。 地元の人々も、「好奇心」で一度は試すだろうが、「二度目は無い」だろう。 何で断言できるかって。 僕も東北で19年過ごしたからな。w ...

特にコメントは無いのだが、「津軽海峡フェリー」の甲板で写真を撮っていたら、かもめが並飛していただけなのだが。 青森に着いて、特にこのフェリーに乗ると、ついこの歌を口ずさんでしまうのは「国民性」なんだろうなぁ。w ...

この間、青森県の青森市に仕事で赴いた。 この街も一年に一度は訪れるので、歓楽街の場所も知っているし、街のつくりも知っている。 いつも「管を巻く」歓楽街とは違う場所で呑みたいと思い、駅前から続く「アーケード街」の裏手を何の知識も無く散策していると、おば ...