コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:露店

2008〜2009年頃に建て直しが行われたマカオ・下環街にある街市(市場)の下環街市。建て直し中も平屋で小規模の「臨時下環街市」として営業が続けられては引き続きローカルたちに重宝された。マカオ半島部の新馬路以南では唯一の街市なので代替の無い市場なので営業を止めら ...

若い頃は憧れに似た感情を持って訪れていたバリ島山岳部の芸術村「ウブド(ウブッ)」。僕が若い頃はモンキーフォレスト通りにホテルやレストラン・カフェなどが点在し、それ以外は周囲一面ライス・フィールドが広がる村落だったけれど、90年代からもの凄い速度で開発が進んで ...

インドネシア・バリ島の玄関口である「クタ(Kuta)」のあるバドゥンから東部の「カランガセム(Karangasem)」に向かう途中に「スカワティ(Sukawati)」と言う街がある。街の中心部にあるアートマーケットから南北に商業施設連なる小さな町だ。そのアートマーケットは街道沿 ...

先週のエントリーでチト触れた中国・海南省三亜市中心部の勝利路奥にあったローカル向け横丁市場。 観光客向けの蘭天購物広場よりこちらのほうが性に合ってるのか通ったし利用した。昼間はまばらな営業店舗も夕方近くなるとほとんどの店舗がオープンしては結構な人の行き来。 ...

数年前に訪れた中国で一番新しい省の海南省の第二の都市「三亜市」。首府である海口市は政治の街、第二の都市である三亜市は商業と観光の街。近年はそれ以上にスプラトリー諸島にある島々を実効支配しては「三沙市」として占領し、そこへの交通の要所の街として注目度が上が ...

高士徳にある紅街市がマカオを代表する歴史あるマーケットなら営地街市はマカオ中心部にあるマカオの中央市場だろう。内港区の定宿から徒歩5分ほどの距離なので朝に夕に利用したり横切ったり。たまにランチに向かう時は時間をとっては館内を散策もする。マカオの市場は常時本 ...

今まで何度か擦ったバリ島の玄関口「クタ」にある公共市場。観光客もたまに流浪してるけど基本的にはローカル向けの市場で早朝から日暮れまで人の出入りが激しく、市場外市場にはしっかりしたレストランや軽食を取れるワルンもたくさんある。売られているものも百貨店並みで ...

フィリピン・セブ島最大の市場と言われることの多い「カルボン・マーケット」。治安が悪いとかスリや置き引きが多いとか言われるけれど、そんな事はない普通のマーケット。やはり最大の市場と言われるだけあり店舗も店員も来客も多く活気があってモチロン豊富な商品とその種類 ...

ローカルたちや古い人間は「しょんべん横丁」や「しょん横」と呼ばれた新宿の「思い出横丁」 。朝飯を提供しているチェーン店やランチを提供している歴史的店舗や老舗の呑み屋まで、狭いエリアにその多くを凝縮したような昔ながらの歓楽街。僕自身も新宿にいれば朝から晩まで ...

インドネシア・バリ島ではバイクに乗る機会が多いのでガソリン補給のためや水分補給のために道端の商店系ワルン(Warung)をよく利用する。「商店系ワルン」と書いたのはワルンにはいろんな形態があり基本的な定義は「食事も提供する商店」なのだが中には食事部分だけに特化し ...

初めて訪れた沖縄・那覇で、初訪のハイ・テンションで写した商店の店頭。今では写さなくなった以前に興味の範囲外になってしまった感さえあるかなw実際に始めて訪れた場所は、訪れる以前に想像していた光景や風景が脳内にあるけれど、訪れた後にはその想像した風景・光景がすっ ...

先週発生した福岡県北九州市の旦過市場内にある「新旦過横丁」の火災。鎮火に異常に時間がかかったのとその後の対処のためか、今現在旦過市場側もほとんどの店舗が休業しているようだ。モチロン新旦過横丁に接している市場側の店舗も多かったし、旦過市場自体がワンブロック ...

ちょうど一週間前に北九州市の旦過市場で火事が起きた。その火は60時間以上燻り続けては今さっきに完全沈下した(今現在)。正確には旦過市場脇の「新旦過横丁」と言われる若い経営者を中心にした飲み屋街のような場所で、旦過市場北側のエントランス脇の開発地域だ。僕はち ...

中国雲南省の首府・昆明市中心部。昆明駅前の北京路東側にある中国国内からの観光客向けおみやげ物店が密集したモールのような場所。雲南省の特産物は宝石だが、それらは専用の市場で扱われ、宝石以外の特産物はここ「印象城」で扱われる。雲南各地の少数民族の民族衣装が陳 ...

今回の那覇滞在中。チラシか観光マップかで弁当店「ほっともっと」には地域限定メニューがあり、沖縄のそれは特にローカライズされている事を知っては宿から徒歩10分以上の距離にあるほっともっとへ 。首都圏で暮らしていると身近に弁当店などあまり無いし、それ以上にコンビ ...

先月の那覇滞在の企画は「町中華で飲ろうぜ」インスパイア。 那覇市内の行きつけの食堂は24時間営業なのでモチロン「酒メニュー」も完備でかつ食券制なのでお会計は簡潔リーズナブルwと言うわけで1日3食全て街中の食堂で過ごすこと。と言っても宿は国際通り近くなのでお ...

沖縄滞在中の日々の食事は3食とも外食でそれが楽しみで沖縄に向かってる。 それでも寝酒やおやつや日々の暮らしの買物はするわけで宿近所のコンビニやマーケットもほぼ毎日向かう。 マックスバリュなどは東京での僕の生活圏内に無いので珍しさも手伝ってはほぼ毎日向か ...

一週間前から蔓延防止措置が解けた沖縄県那覇市内。 2年前の567禍以前の賑わいが戻ったかと思いきや中心部でも観光客の姿はまだ疎で閉店廃業した店舗も多くチト寂しいかな。それでもこの2年間の中では一番の賑わいで、那覇に向かうピーチは満席だったし街中の観光客の姿 ...

フィリピン中央ビサヤの中心島であるセブ島のおまけのようなマクタン島。セブ島観光の玄関口として空港がありリゾートが点在する島。それ以外のエリアはスラムまがいの貧区で、その中でも貧しさが沁みるコルドヴァ市。さらにその中でも一二を争うであろう貧区のカモリナス・ ...

「新旦過横丁」という名の飲食店街は旦過市場から脇道にそれた古い飲食店街かと思いきや、市場活性化のために若い経営者たちに門戸を開いて開発されたエリアらしいと言う事を帰京してから知った。飲食店街なので必然的に「夜の街」なので昼間は閑散としているけれど。まだ「 ...

旦過市場に小文字通り側から入場しメインの通路を縦断すると平和通り側に出る。平和通りを道なりに数軒北上すると朝食のお目当ての店「ロカンタ」に到着。近所にあったなら毎日利用するであろう味とコスパの店で至福の朝食をいただき裏口から出ると旦過市場の市場内市場であ ...

小倉駅前のアーケード街は小倉中央商店街や魚町銀天街などの商店街が縦横無尽に広がるマーケット街で、日本で一番最初に商店街にアーケードを付した歴史ある商店街。まだ朝早く朝食も摂っていなかったけどホテルのチェックインまでの数時間のアジトにしようとアーケード街に ...

僕が小倉に来た理由は小倉城ではなく野村悟でもなくこの歴史ある市場を漫ろ歩きたかっただけだった。できればこの場で飲食し小倉の下町風情を感じたかったのだろうし、そう出来た事に満足して帰京した。一時的なアジトにしたネットカフェのある駅前から平和通り商店街のアー ...

アンコールワット遺跡群のお膝元、カンボジアの「シェム・リアップ」の街中は多くの観光客が訪れる事もあり商業施設が充実している。ローカル向けの昼間の市場は勿論の事、観光客向けのカフェやナイトマーケットも数多ある。通常「ナイト・マーケット」などというものは一つの ...

マカオは都市国家なので街中で24時間何時でも麺類は食える。麺専家はどこにでも数多あるけど「正統な日本式」となると数えるほど。僕の定宿付近では紅窓門街に一軒だけ日本人が経営しているっぽいラーメン店が一軒のみ。量が少ない割りに値段も安くはないのでそれほど頻繁に ...

中国(中華人民共和国)雲南省西双版納傣族自治州の首府・景洪(ジンホン)は郊外の「勐罕(モンハン、橄欖壩(ガンランバ)」で過ごす事が多い事もあって訪問時は何度か行き来するし滞在した事も何度かある。長らく辺境の地を旅しているとたまに「近代的な食事」が摂りたく ...

カンボジアは思っていた以上に大きな国で、地域差があるのはもちろんのことながら「トンレ・サップ」の水上に、漁のピーク時期にはベトナムからの水上生活者たちも集まっては最大2万艘・100万人ほどがコミュニティを形成するので水陸双方共に独特のカルチャーか見れる。 ...

来たくて来たくてしょうがなかった街に来れて一夜を過ごしては、昨晩結構呑んだのにもかかわらず、興奮を抑えきれずに早朝に目が覚めては、取れない移動の疲労を「レッド・ブル」でごまかしては起床する。朝のシャワーも浴びぬまま町の中心部にある市場に赴いては散策・撮影 ...

日本を発つこと32時間かけて目的地に着いた夜。平均的な先進国民の多くは「引く」レベルの路上のB.B.Q.露店で夜呑み。ここは「中華人民共和国雲南省西双版納タイ族自治区勐罕鎮。別名「橄攬壩(ガンランバ・橄榄坝)」とローカルに呼ばれるエリアだ。 タイトな日本での暮ら ...

確かこの時は「海外出張」が2度と「国内出張」があり、それに雑誌の締め切りが挟まる形であった月だったはず。ソウル市内では「タルトンネ(月の家)」の撮影だけすれば良かったので、それ以外の時間はゆっくりと過ごしてその後の仕事に備える体で2晩の夜呑み時は両方ともホ ...

今週の新宿は先週までの「秋の長雨」を払拭するかのような晴天続きで、10年に一度来るか来ないかの5連休の「シルバー・ウィーク」に、この時期恒例の「熊野神社の例祭」の露店と客がランチに向う道にはだかり結構ウザイw地下一階の催事スペースは今バッグ屋さんで、喫煙室か ...

海南省三亜市の解放路に接する路地裏に出店する3〜4軒の露店が連なる「屋台村」。w 「焼き物」や「炙り物」が陳列台に居並び酒が進 ...

澳門の街並みのように「騎楼」が車道にせせり出て「南洋」の風景をつくり出している台湾・台北駅裏の「太原路」。 通り沿いには何処にでもありそうな商店街の風景があり、脇道の角々には様様な「小吃屋」の露店が連なる。 ...

ホーチミン市中心部のメイン市場である「ベン・タイン市場」が夜7時に閉まるのと平行して、市場の建物を取り巻く市場街市場の敷地に巨大露店レストランや屋台の夜市が開店し始める。 ベトナム料理のほぼ全てがあるよな。 ...

どこの国でも地域でも、人気の屋台や露店には常連や仲良しが集う。 それは田舎や辺境、もしくは発展途上国全域では商売そっちのけで井戸端会議へと発展する。 先進国のストアー・マネージメントにおいては「お客様は神様」で ...

夏日の中国本土の街中では、露店で西瓜やパイナップルやハミ瓜などが売られている。 日本でも恒常的に西瓜やパイナップルを食べる習慣はあるのだが、こと「ハミ瓜」となるとあまりなじみが無い。 この「ハミ瓜」、中国語では「哈密瓜」と表記されるが、それは元々新疆 ...

ソウル市の中心部「ミョンドン」の路地に、夜半も遅くなると開店する屋台飲み屋。 かの「森元首相」もソウル滞在時に訪れた写真が何枚も飾られ、日本人観光客の利用も多そうだ。 「88」時代の発展途上国並みの頃のソ ...

旧正月になると漢民族文化圏では物価が上昇する。 観光客向けの施設などがその良い例で、ホテルの宿泊費などは2倍3倍当たり前だ。 そんな時期のマカオで僕は、夕飯を喰らう場所さえ無くなる。 そんな4日間は漢民族文化 ...

僕のマカオのメイン・ダイニング「大興麺家」にて著者近影。 ピンボケ。 (シェフ頭の小僧による撮影。) なんか「喰らう」って感じだったので。w ...

露店の「香水屋」って、僕はニュー・ヨークのチャイナ・タウンと韓国のソウルでしか目にしたことが無い。wブランド物の香水を扱っていても、この「アジョシ」のノリは全て「パチ物」だろう事を連想させられる。ソウルの市場でも、こんな露店は夜も更けないと開店しない。( ...

南寧中山路にて。南寧で一杯。 ...

もともと優柔不断ではないし、せっかちな性格なので日々の「食の選択」に困る方では無いが、南寧市中山路の夜市ではそんな僕でも結構優柔。こんな豊富な食材を店頭に並べた露店が1キロメートル以上軒を連ねるのだ。迷うぜ。(結局どこの店で喰ってもたいして変わりは無いんだ ...

広西・南寧(ナンニン)の中心部は鉄道駅から南部に2キロほど離れた場所にあり、そこには「中山路」と言う1キロほどの路地がある。昼間は普通に車の行き来する「商店街」風情の通りだが、夜になると通りを埋め尽くすほどの屋台や露店がひしめき、通りは歩行者天国になる。も ...