コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:陸路国境

(珍しく2週続けて週末に仕事をしたため予約投稿が滞ってしまっての今w)13年前の2009年の今日、僕は中国・広西からベトナムへ陸路移動していた。都内から香港へ空路移動し広西の首府・南寧へさらに空路移動しては繁華街で一泊し、翌日鉄路でベトナムとの国境へ赴いては陸路 ...

El Viaje Corto A Ciudad Juarez1988/02 - 1988/02アメリカ・テキサス州エル・パソに滞在中、幾度と無く国境を越えては訪れたシアダード・ファレス。 何の変化も感じられないアメリカでの生活にちょっと人生の句読点を打てた気がする街だった。何の目的も無くただ街を徘徊し ...

地を這う旅 〜 ラオス・ボーテン2007/03/07 - 2007/03/27第三国人に対して唯一開かれている中国・ラオス間の陸路国境の街「ボーテン」。実際には街と言うより峠の村。大型トラックや中国・ラオス間を行き来する観光バスが通り過ぎるだけの幹線道路の脇に数軒のスーパー・マ ...

今まで何度も擦った中国雲南省・西双版納のビルマとの陸路国境街中国側の街「打洛」の、銀塩フィルム・スキャンニング&デジタル処理して擦り直しw 高画素画像が当たり前の現在、こんな荒く色目のボケまくった画像が結構好きw画質の悪さがより昔の中国の辺境具合を強調 ...

中国・ベトナム間の陸路国境である「友誼関」。 一応「友誼鎮」と言う行政区分はあるものの実際は「憑祥」の一部のような感じ。中国・ベトナム両国の国力のようなもので国境線が移動する不安定なエリアながら、旧国境線上(中国側)は観光地化されては中国人ツアー客が ...

今や広東省内でも有数の大都市になった珠海市がまだ開発途中で、中途半端な「中都市」だった頃の混沌。路地裏にはたくさんの「猥雑」や「存在悪」が軒を連ねては、まだ人情や人懐こさや田舎くささがあった。たった10年でこれほどまでに都市という物は発展してしまうのか、と ...

この当時、中緬(中国・ビルマ)国境は閉じているのを知ってはいたけれど状況が不安定なのを加味しては駐日ビルマ大使館でマルチプル・ビザまで取って訪れたのにやはり国境は閉じていて、それでもビルマに入りたくて、宿泊していた中国側「打洛(ダーロウ)」の宿でバイクを借 ...

先週末、映画「SICARIO」の1作目と2作目を続けて観た。出演俳優陣が僕の好みの人選だった以上に僕が若い頃長く過ごしたり何度も行き来した「米墨陸路国境地帯」が舞台で、僕が好んで「沈没」した「El Paso(エル・パソ)」が結構ネタになっていては興味深く眺めたwそんなエ ...

旅行時期: 1988年2月〜1988年3月元記事: http://4travel.jp/travelogue/10028096 陸路で国境を越えたかったのか、Tony Lama (ウェスタン・ブーツの老舗)の本店に行きたかったのか、はたまたただ暖かい所に行きたかったのかもう忘れてしまった。 フィラデルフィアから ...

2012年前半にベトナムのホーチミン(サイゴン)からカンボジアのスバイ・リエンへツーリング旅した時の陸路国境。観光客がレンタル・バイクでの陸路国境越えだったり、カンボジアのアライバル・ビザ取得だったりと、何かと面倒くさかったボーダー。サイゴン市内からここに来 ...

 スヴァイ・リエンから陸路ツーリングでベトナムに戻る道すがらで見かけた風景いろいろ。 思ったより遠かったサイゴンからスヴァイ・リエンまでの帰り道。荒いアスファルト舗装の道からバイクを通して伝わる微振動が、長距離のツーリングで腕を痺れさせる。未だ無数の地雷 ...

アメリカ合衆国とメキシコ合衆国の国境線はほぼ大河「リオ・グランデ」によって分かたれていて、このテキサス州西端の国境の町「El Paso(エル・パソ)」もリオ・グランデをはさんで対岸のメキシコ・チワワ州の「Ciudad Jarez(シウダー・ファレス)」と向かい合う。メキシコ ...

2009年に行き来した中国・ベトナム国境地域。旧中越国境線中国側。 現中越国境中国側。現中越国境ベトナム側。旧中越国境中国側出入境イミグレ。現中越国境中国側検疫境。現在シルバー・ウィーク前繁忙時のため、ほぼ死んでます。明日さえ乗り越えれば木曜日までランチるだ ...

2009年に中国広西から陸路で国境を越えて訪れたベトナム・ランソン。公共の交通機関を使っての移動だったので、それほど機動力が無く「街をくまなく」と言うわけには行かなかったが、まぁそれなりに散策はした。そんな不便な状況でも夜は呑むわけでw「飯があれば酒はある」 ...

明日は久しぶりの「移動日」。 明日の深夜の更新は「勝手知ったる場所」から「マンネリな」内容の画像と記事をアップする事でしょう。w ...

ホーチミンを出発して、アジア・ハイウェイを西へ。 と言うわけで、今夜はカンボジアの「スバイ・リエン」のワイコ湖畔のフォー屋で呑んだくれ。w やる事やったし、明日は何処へ。 ...

シンガポールは隣国マレーシアから常時たくさんの物を「輸入」している。 それは野菜や肉などの「生鮮食品」しかり、「飲料水」しかり、「安い労働力」しかり。 その結果マレーシアに輸出される物は「お金」のみと言う分かり易さ。 だって、シンガポールには「第三 ...

実際に中国からの陸路国境を越えたものの、事前にネットで調べても、然したる情報も無く、旅行人から出ている「メコンの国」には数行の記述。 地図など載っているサイトもガイド・ブックも無く、何処に何がある以前に、何処が街の中心なのかさえも分からずに宿を取ったベト ...