コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:関西

2011年の今日は画像から鑑みるに、新宿で仕事で合間に「金の蔵」でランチして、帰宅してスイーツw2012年の今日は木曜日で休日で、カップ麺の食べ比べ? もしくは呑んだくれて閉めのカップ麺2個?つまみはランチョン・ミートだったのかなぁw2013年の今日も新宿で仕事で「石の ...

7年前の2014年の今日。僕は大阪にいた。翌日プサンへ向けて出港する「パンスター・クルーズ」に乗り込むための前乗り滞在だった。初めて訪れる大阪の街は全てが刺激的で、この翌年から毎年訪れるまでにはまった。 アーケードの商店街って都内だと下町に赴かなければ見れない ...

都内中心部の商業エリアにはアーケードの商店街など無い。都内で「アーケード街」と言われて連想するのは住宅街の駅前にある庶民的な、地元の生活に密着した「日常」のイメージで、どちらかと言うと「お洒落」ではないしスーパー・マーケットの延長線上のようなイメージだ。 ...

画像のストックをサーフしていて、昨年の2月以降大阪に赴いていないらしい事が判明した。まぁ、ひと月に1〜2ヶ所のペースで旅している暮らしなので、感覚的にこの大阪滞在も2〜3年前のような感覚でいたし、昨年11月に滞在した澳門でさえもはるか昔のように感じる。旅ばかりし ...

帰京の朝、外で食らうほどの時間も無いので、あきらめモードのホテルの朝食。昨日の朝は「ミルク」で流し込んだ「ターキー・サンド」をこの日はホット・コーヒーでいただく。中途半端な満腹感のまま帰り道の関空まで来ては関空隣接のターミナル・ビルの「関空エアロプラザ」 ...

近年足繁く大阪通いをしながらも、今年初頭の訪阪にこの店で食らったのが「(僕の人生で)初めて本場で喰らう『お好み焼き』」。  天王寺駅からダイレクトにアクセス出来る地下商店街の阿倍野地下街、通称「あべちか」の奥に軒を連ねる「あべの横丁」中のその名も「あ ...

ボチボチ「シックスサマナ」次号の締め切りが迫っているので、今日明日は手抜き「画像編」で。昨年初秋に大阪のアメ村に宿を取ったときの周辺散策時の画像を数枚。まぁ、都内に喩えるなら「原宿」だね。都内の都心の「お洒落エリア」に行きかう人たちよりお洒落だった気がす ...

大阪天王寺駅前の「すゑひろ 」の朝定食(出し巻き定食)が気に入ったので、昼食も既にチェック済みのメニューで「チキンライス&らーめん」をオーダー。近年関東近郊ではなかなかお目にかかれない「チキンライス」。僕はこれに目がなく、大阪に来たなら「自由軒」で絶対喰ら ...

昨年初秋に渡阪した時かな。何とはなく戎橋で。観光客とローカルが一緒くたになって行き来するさまは、澳門のセナド広場を髣髴とさせる「ハレ」感。美容室・レストラン・居酒屋・ガールズバーと昼夜ピキが垂れ込める様子は、新宿の路地のようで微笑ましい。最近は「ピキ規制 ...

先日の大阪滞在は一応「朝食付きプラン」だったのだがグルマンの僕には到底足りる容量ではなく、結局「2度目の朝食」を求めに街へw宿泊先の近場で事前にネット検索しては「あたり」を付けていた「すゑひろ」へ。ここでの目的は朝メニューの「だし巻き定食」 410円。これが堪 ...

今年始めの大阪滞在初夜の呑みは昼間から目星を付けていた、天王寺駅前商店街にある「スタンド 森田屋」。(地方に出向くと都内で言うところの「スナック」とか「居酒屋」をひっくるめて「スタンド」って呼ぶ場所が多いよねw)(確か、真昼間から営業していてランチも供して ...

大阪新世界の「通天閣」を撮ろうとして、たまたま偶然にファインダー内に入った「セルフィー女子(観光客)」。海外からの観光客が多くいた時間だったので、日本人なのか外国人なのか、観光客なのかローカルなのか分かり知れないが、何はともあれ「ポージング」が女子ならで ...

東京のど真ん中で人生のほとんどを過ごすものにとって、大阪は「昭和の名残り」を感じさせる風景が街中のそこここに。先日過ごした天王寺駅周辺などは商店街の斜に「ラブホテル密集地」があったりして、渋谷の「百軒店商店街」を髣髴とさせられたりw僕の幼少時代にどこかし ...

難波の「自由軒」で大盛りの「名物カレー」を喰らった後は、腹ごなしも兼ねて「鶴橋卸売市場」に散策へ。市場で売られている食料品のほとんどの店が「韓国食材」で埋め尽くされて、ここから徒歩15分ほど離れた場所にある「コリアン・タウン」まで行かなくても事が足りそう。 ...

大阪に着き、予約済みの宿のチェック・インまで時間があったので、ランチに向った「名物カレー」で有名な難波の「自由軒」本店。時すでに13時は過ぎていた筈なのにローカルの常連客と世界各国からの観光客が入り乱れては「待ち」の行列が出来るほどの大人気w8人がけの大テー ...

大阪訪問の「吉例」でw本来のあるべき姿を裸眼で初めて見たw前回までの訪問では、こんなのとか、こんなので、僕の中では「グリコと言えば『綾瀬はるか』」と刷り込まれていたのでwしばらくは「アンテイ」かな。シックスサマナ 第17号 片道一万円の冒険 コリア三都物語 [Ki ...

大阪鶴橋の市場は水曜日が定休日のようで、営業しているのは1割にも満たない店舗で、昨日とは打って変わり人影もまばら。 その奥にあるコリアンタウンは半数ほどが定休日か夕方からのオープン待ち。 難波や心斎橋、新世界 ...

今回はまったくの「仕事抜き」「用事無し」で大阪を流浪している。 前回の訪阪時は心斎橋・道頓堀周辺、前々回は難波周辺の宿泊だったので、今回は趣向を変えて鶴橋・天王寺に投宿。 とりあえず宿のチェック ...

大阪滞在時のとあるランチ時。宿近辺を散策していて見かけた「立ち喰いフレンチ ミッテラン」w大阪版「俺のフレンチ」かなw 旅先で立ってフレンチ喰らうほど心に余裕は無いので「パス」。興味はあるのでいつぞやの午後のおやつ時にでも試してみますか。二日酔いではない ...

人生初関西は昨年(2014年)の6月。韓国のプサンへ大阪から船旅で往復するだけの旅。片道19時間をかけ、目的地プサンでの実質滞在時間は3時間弱。日本からプサンまで海路を運行する「パンスター・クルーズ・フェリー」のモニター旅。結果的には「海面を常時漂い、海上で唯一 ...

友人の勧めで、大阪滞在時の晩に呑んだ「味穂」に連日通い。たらふく喰って呑んでJPY3000以下のお会計で済む「コスパ」も魅力だが、それ以前に全ての「アテ」が美味い。美味すぎる。この晩の「アテ」の選択は初訪で気に入った「関西風おでん」と「(出汁入り)卵焼き」を瓶ビ ...

大阪道頓堀に人影が多い時に現れる「かに道楽」のマスコット(ゆるキャラ)「かにぼん」。被り物の販促キャラって関東以北では百貨店の屋上やイベントでしか目にしないよね。大阪を都内で例える時に「ソウルと東京の中間」と言う人がいたが、当たらずも遠からずw「下世話」 ...

動画にせよスチルにせよ「撮影すること」自体がSEXするより快感に感じる今日この頃。しかしながら撮影と言うものは、実際に体を動かしては全エネルギーの75%ほどを消費する「運動」と、脳みそを働かせる25%ほどの「知能活動」を伴うので、へとへとに疲れてまた腹が減るw昼間 ...

本来は「みな美」で鯨サンドをテイク・アウトして歩き食いしながらメイン・ディッシュの店を探そうかと思っていたら、鯨の乱獲問題の最中で仕入れが細り「鯨サンド」を供給できていないとのこと。しかしながら、魅惑的な「食の店」が連なる黒門市場では「次」を探すのは簡単 ...

日本の首都東京のそのまた中心部である新宿でも、なかなか24時間営業の飲食店などことさら見つけるのは容易くないけれど、さすが「商人の街」大阪ではそこかしこで多種多様の、個人経営の、終日営業の店舗を目にする。朝の道頓堀散策ついでに朝飯でも喰らおうとして目に入っ ...

OPA裏の「味穂」で良い頃合まで呑んでは〆の場を探して西心斎橋周辺を流浪すること数十分。数ある深夜営業のラーメン店から「東京では目にしない」「大阪らしい」場所を探しては辿り着いた「河童本舗」。とりあえず「塩で喰らう餃子」をアテにビールを一本。〆は濃厚豚骨らー ...

この店も仕事仲間から推された店。「(心斎橋)OPA裏」と聞いていたけれど、結構道頓堀側。店見つけるまでチト迷った。 昼間にチェック済みだったので、初物の店ながらハードルは低め。「さらし」のキッチンを囲む形にカウンターとテーブル席が配置されていて、壁際のテーブ ...

大阪心斎橋界隈で日々過ごすことを仕事仲間に事前報告すると、意外な連中が大阪出身だったり大阪にくわしかったりしてwそんな情報収集の中でサジェストしてくれる連中の言葉の中に多く登場した「たこ焼き・甲賀流」。ランチ後に心斎橋・西心斎橋(アメリカ村)界隈を散策し ...

関西国際空港(KIX)のLCCターミナルからメイン・ターミナルへ移動するシャトル・バスから眺める空港内のお堀。台風一過の関西の空は高く、青かった。良い一日になりそうな予感。予感的中wシックスサマナ 第16号 人生一度は秘境をさまよえ! [Kindle版]クーロン黒沢(著)、 ...

今月初めに滞在した大阪心斎橋「食い倒れる旅」は結構早めにフライト・チケットを予約しておいたので、それと前後してホテルも「じゃらん」で予約。初心斎橋なのでいまいち位置情報が頭に入っていなかったが、実際に赴いてみると「ダイマル」や「心斎橋OPA」のすぐ裏手でアメ ...

事前に予約しておいた「心斎橋OPA」裏手・アメリカ村入り口に位置するビジネス・ホテルのチェック・イン時間(14:00)にはまだ早く、荷物だけ保管してもらいカメラ片手に「アメリカ村散策」。ランチの時間を少し過ぎたくらいなので、とりあえず飯屋を探して行き着いた定食屋 ...

「まったりプリン」 @ プリン一筋 元祖プリン屋南海電車のラピートで南海難波駅に着いて、まだランチには早い時間なので御堂筋を心斎橋方面へ歩き出す。繁華な御堂筋沿いには飲食店も多く、スイーツの店舗も数多ある。そんなものを横目に歩いていて目に入った「まったりプリ ...

当たり前だが、やはり東京には無い色彩感覚と情報量。東京では「下衆」と言われそうな物こそが「商人の街」ならではの「粋」なのかな。僕が大好きな澳門の路地裏に似ている気がするのは「気のせい」かな。(今日はギブ。 また明日orz)シックスサマナ 第15号 俺の仕事は戦争 ...

この市場も外国人観光客の姿が絶えないなぁ。買い物しているのは圧倒的にローカルの人たちだけれど。そんなのを横目に僕はランチ3食wだって「食い倒れ」の街だもの。シックスサマナ 第15号 俺の仕事は戦争屋 エリート兵士に転職しよう! [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイ ...

成田空港早朝発のピーチ・エアーで大阪へ向い、関空からラピートに乗ってたどり着いた「南海難波駅」。まだランチにはチト早めなブランチ・タイムに、移動中の禁煙を取り戻すべく駅前の喫煙所で一服。「迷惑たばこはアカンずきん」と言うコピーも気になるけれど。それ以上に ...

道頓堀沿いの「とんぼり リバー ウォーク」から眺める商店街裏口。来年は道頓堀完成400年記念の年らしい。昼過ぎのこの時間。商店街はまっすぐ歩けないほどの人の出ながら、すぐ脇のリバーウォークには人影少なし。「粋」じゃぁないねぇ(江戸弁でw)。シックスサマナ 第15 ...

今回の大阪滞在はミナミ周辺の夜景を撮るだけなので、結構な空き時間が発生する。 仕事以外のテーマを自分で2〜3決めては自身のフィールドワーク。 今夜は皆既月蝕だったが、呑む時間割いてまで暗い月撮るベクトルの興味無いしw ...

今朝何気無く道頓堀に向かったら、昨日まで定番のグリコ・バックの綾瀬はるかが赤バックに変わっていた。 ナイス・タイミング! 今日も良い一日になりそうだ。 ...

おとついまでの台風の影響で、改装中の綾瀬はるかバージョンのカバーが剥がれてしまった道頓堀名物Glico(グリコ)の看板。 地元のテレビではニュースで扱うほどの大事件らしいw その際に改装後の6代目グリコが見えた見えないで喧々諤々。 結局その日のうち ...

8月に澳門へ向かうためにストップオーバーした関西国際空港。 今回は実際にここからは初めての大阪訪問。 ピーチ機内で販売されていた割引き乗車券を手に初めての南海電鉄ラピートで南海難波駅へ。 今日は「鉄人28号」に似ていると評判のブルーの車体のラピー ...

このシリーズって2度やったのかなぁ。これが2度目かなぁwと言うわけで久々の「空港飯」 @ 関空。朝飯時の関空って選択肢が少ない。朝から「寿司」ってのもハードなので(むしろ牛丼の方が楽勝なライフ・スタイルなので)、結局安牌のカレー。しかしながら大阪らしく「中之島 ...

船旅で韓国のプサンへ向う日。予定より早めに「南港」の入り口である「コスモスクエアー駅」に着いたので、周辺を散策。平日の真昼間に、さすがに人影は少ない。天気も汗ばむほど良かったし、まさに「出航日和」な日だった。関西、ましてや大阪、良いねぇwシックスサマナ 第 ...

大阪の路地裏って「昭和」なんだよね。東京オリンピック年生まれの僕には、幼い頃に眺めていた風景が残っていて懐かしい。都内でも城東エリアには未だ残っているのだろうが、大阪で目にする「手作り感」は少ないよなぁw今年中にまたゆっくり、必ず。シックスサマナ 第14号 ...

関東以北ではほぼ壊滅状態の「花街」。関西ではまだ名残が存在し、日本にいながらオランダ・アムステルダムや韓国の主要都市、シンガポールのゲイランなどで目にすることができる「飾り窓」を彷彿とすることが未だにできる。大阪市内で残る「飛田新地」は「松島」「今里」と ...

 まだ人影まばらな難波の道具屋筋横丁。食い倒れの街の朝飯処を探しながらの横丁散策。まだ朝も明けやらぬ人影まばらな時間から開店準備を始める、さすが商人の街。都内なら「合羽橋」の様相なのだろうが、「たこ焼き」「お好み焼き」の提灯やその調理機材が軒に並ぶ様が大 ...

先月の「韓国プサンへ船旅」は大阪南港出航なので前乗りで大阪へ。必然宿が必要なので直近になって「BOOKING.COM」か「TripAdviser」「Agoda」か何かで検索しては予約した「ビジネス・ホテル菊栄」。NMB48シアターから近いというだけで決めたけれど、これでJPY4000/泊なら納 ...

人生初の大阪訪問は西日本在住の「へき氏」によるセッティングなので、僕はこの地では完全な「お客様状態」。NMB48の公演観覧までセッティングしていただき、観覧後は連れられるがままに「新世界」へ。おぉ「ふたりっ子」の世界観w結構閉店時間が早い商店街を横目に、通天閣 ...