コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:釜山

2014年に大阪南港から韓国・プサンへ船旅した際の瀬戸内海からの明石海峡大橋の眺め。朝の船の行き来の多いラッシュ時の瀬戸内の晴れた空。プサンまでの航海時間は19時間ほど。まだまだ出だしただけw シックスサマナ 第36号 マジキチ日本紀行 ラストオブ出会い旅クーロン黒 ...

アパレルの買い付けをしてた頃一度だけ訪れた事がある韓国・釜山(プサン)へ、マカオコミュニティーの重鎮である「へき氏」の誘いで共に、僕は20年ぶりに訪れた2014年。クルーズの寄港で3時間ほどの滞在ながらも街歩きしたり俯瞰で眺めたりして、20年前に滞在した ...

韓国はそれほど好きな国ではないけれど、近場なので年に2〜3回は行く機会がやはりある。特に東北アジアが寒くなりだすと、極寒の韓国の街中を寒さに身を縮めながら飯屋に向かい、熱々の「チゲ」などをつつきながら「ソジュ(韓国焼酎)」をすするのが「オツ」になる気分。先 ...

今日から週明けほどまで、ストック画像の編集作業をしているため、エントリーは画像のみの「手抜き」になります。釜山港へ。凛!としているね。シックスサマナ 第14号 プノンペン魔界ツアー [Kindle版]クーロン黒沢(著)、蔵前仁一(著)、コイワカメラ(写真)SIXSAMANA201 ...

プサンの街は平らな部分が少なく、海岸からすぐに丘なりに街が広がっている。平地が多少ある首都のソウルとは街の生業が別物で、ソウル市内では「不便な場所」と思われている丘の斜面もこのプサンの街では重要な経済区であり住宅地でもある。ソウル市内では「月の町(タルト ...

 人生初の「船舶による日本からの出国」で訪れた、ほぼ20年ぶりのプサン(釜山)の街。20年ぶりともなると昔の面影など残っているはずもなく、思い出すとかのレベルではなく、記憶の角にも何もありゃしないwこんなに開放的で明るい市場だったかなぁ?人の記憶などと言うも ...