コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:金門

僕は元々グルマン(大食漢)で、一日に5〜6食喰らうのは普通なのでレギュラー・サイズのカップ麺程度は「おやつ」とか「味噌汁代わり」程度にしかとらえていない。いつの時代も若い子達は「ダイエット」と言うワードに翻弄されては痩身が美徳だと思っているきらいがあり、カ ...

台湾の離島「金門島」は気候的には亜熱帯で、マカオや華南地方に風景が似ている点が多い。騎楼が軒先をアーケードに変え、街中を彩る色彩も中華的「南洋」そのものだ。ほぼ大陸側に位置する金門島は、台湾本土の高雄からフェリーで赴くと9時間はかかるほどの辺境だが、しっか ...

今年3月までホンコンで(マカオでも)放送されていたセブン・イレブンのフランク・ソーセージの早食い競争をモチーフにしたCMを知っている人はいるだろうか。内容はセブン・イレブン主催のソーセージ早食い大会で、あまりにそのソーセージが美味しいために参加者がゆっくりと ...

中華圏で餃子と言えば「水餃子」の事だ。焼き餃子はもともと余った水餃子を焼いて食べる「残り物」で、それは「餃子」とは呼ばず「鍋貼」と呼ばれる。(華南地方には蒸し餃子もあるが、北方の物とはチト種類が違う。)最近は「鍋貼(焼き餃子)」の地位も上がってきて、専門 ...

日本国内を旅するときは、ホテルのロビーに数多置いてあるパンフレットで事足りるが、海外の初めて訪れる街を目的地にする時や、目的地を決めずに「流浪の旅」をする時などはガイド・ブックを持っていく。特にどの出版社のガイド・ブックと決めてはいないが、前回の中国国内 ...

金門島の中心地・金城鎮の路地裏にはたくさんの駄菓子屋が軒を連ねている。 本当に2〜3軒隣り合って軒を連ねる場所もある。 日本の昭和30年代(「ALWAYS三丁目の夕日」の頃)の風景のようだ。 こんな風にレタッチすると、よりそれっぽいかな。w ...

台湾の離れ小島である金門島の中心地である「金城鎮」だが、宿泊施設は10軒以下だろう。 この島を訪れる観光客のほとんどは台湾本土からの物見夕山の観光客がほとんどで、そんな人たちの目的は旧城区(珠山や古崗などの歴史区)で、そっちにはそっちで「ホテル」はなく、昔 ...

金門島。 マカオに負けず劣らず飯がウマー。 スイーツもウマー。w ...

何気ないビーチの至るところに「地雷」が埋められています。 洒落にならねぇな。 エロはないし。 ...