コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:議事亭前地

マカオに初めて訪れた観光客の100% が必ず訪れる「セナド広場」。 英語で「セナド・スクエア」と呼ばれるこの広場の中国語名称は「議事亭前地」だけれどマカオ・ローカルたちは誰もそんな名称で呼ばず「噴水池」と呼ぶ。中国にありながら500年間ポルトガルの影響下にあ ...

先週はそこそこ忙しいのに風邪気味も加味してこの週末は「戦士の休息」。結構髪も伸びてきたので、先週から散髪に行きたいなとは思いながらもサスペンドして来たので昨日の午前中に行きたいと思いながらもダラダラしては行けず、今日こそは。そんな事を思いながらシャワーを ...

澳門への観光客は必ずや訪れる「セナド広場」。朝飯を営地街市近くの粥屋で喰らった後に散策すると多くの観光客の一日の観光のスターティング・ポイントになっていたりして、たくさんの日本人観光客団体もよく見かける。2005年の世界遺産認定に向けて何十年もかけて整備が進 ...

旅先ではいくら前日の晩に深酒をしても早めに目が覚めてしまうのはいつもの事。目覚めのドリンクを飲んで一服したら、晴れていれば近場に散策に出かけては、そのついでに朝飯も喰らう。若い頃は朝飯など喰わずに一秒でも長く寝ていたかったものだけれど、近年は寝るより喰い ...

2014年にシックスサマナのグラビア・ページ用に安宿の撮影時に撮った議事亭および議事亭前地。 (って言うか、今は議事亭とは呼ばずに「民政総署」って言うんだよね、体外的には。)世界遺産なので、定期的にお化粧直しが行われる澳門の観光スポット。通常モードはこんな感 ...

2008年の11月に、歴代で一番相性の悪かったNIKON S-4 で撮った(大興麺家帰りの)セナド広場いろいろ。何気なく見上げるだけで500年維持され続けるポルトガル様式の建築物の意匠。昔ながらの店の看板には繁字体中国語と葡萄牙語の両方が(澳門法によって管理されては)両記さ ...

この2009年頃はウェブ・ショップの物撮りをひと月の半分ほどして、あとの半分は日本国内の地方都市に赴いたり東南アジアに赴いたり。この時の澳門滞在は3日間か4日間ほどだった記憶。そんな駆け足滞在の、雀仔園から定宿への帰り道の、泥酔の、バカ設定カメラでの撮影w Cit ...

一週間前の夜のセナド広場3撮。珍しく張りぼてに囲まれていない澳門観光のセンターで世界遺産のひとつでもあるセナド広場のアイコンの教皇境界線地球儀を取り巻く噴水池のイルミネーション。熱帯地域に属する澳門は、街の至る所で噴水を目にする。ちなみに「セナド広場」の広 ...

澳門中心部のランドマーク、セナド広場(議事亭前地・噴水池・セナドスクエアー)。10年前にうろついた時に撮った画像の再編集。広場を一周し、最後は新馬路沿いのベンチで和むフィリピン人家族と談笑しては撮影会。10年経った今もしている事は同じな進歩の無さw何年経とう ...

昨年末に澳門に訪問した際に行き来した「いつもの風景」。多分に内港エリアの賓館から雀仔園に向う途中かな。初冬でも半袖・ハーパンで過ごせる南洋気候。ボチボチ僕の中の「澳門度」が低くなって来ているのかなw澳門なら何時でも何処でも誰とでもO.K.wあの澳門の香りの中 ...

澳門の世界遺産のひとつ「議事亭前地」奥にある「板樟堂前地」周辺の人民やローカル、数多各国の観光客の奏でる雑踏の喧騒の中で、腕を真上に伸ばしてのブラインド・ショット。普通の平日の午前中ながら、皆ハレの日の笑顔。この街は自然に人を笑顔にさせるエーテルが流れて ...

今日は特にコメントは無いのだがwこのブログで澳門ネタの時のタイトルの「中国澳門」と言うフレーズに何時も違和感を感じる。今現在澳門は中国の一部なのは事実なのだが、僕の中では「中国と一緒にしてほしくない」願望と1999年の返還(回帰)後50年は返還前のままと言う約 ...

(僕的には)シルバー・ウィーク前の繁忙期が今日終わった。自宅に着いたのがほぼ23時。明日(更新時)から僕なりのシルバー・ウィーク。 現在僕の体力メーターはほぼ「0」を指しているわけでwそんな状態でもブログ更新している僕ってエライなぁwと言うわけで、2011年の11 ...

今日(投稿時)、次の澳門行きのチケットがゲット出来たので、うれしくて、のエントリー。(とは言っても、渡澳はまだまだ先の話なんだけどねw)画像は昨年の8月に滞在した時に撮ったセナド広場(噴水池・議事亭前地・Largo do Senado)。したい事は特に無いけれど、強いて ...

もう澳門は雨季も過ぎては盛夏の季節になったのだろうか。泥酔しては当てもなく彷徨う 「夜の散策」に良い季節だ。黄色い澳門の街明かりに至極呼ばれている気がするのが「気のせい」なのか帰澳したいだけなのかw明日時間が十分にあるのでエアチケット検索してみようかな。( ...

昨年の末に訪れた以来半年ほどご無沙汰の「郷里w」澳門。まぁ、一年以上間を空けた時も今までもあったし、秋口には行きそうなスケジュールなので、ご無沙汰もたまには良いかな。澳門は逃げないし、ねwと言うわけで昨年暮れの旧正月前のイルミに飾れたセナド広場の深夜。昼 ...

何かしらの「車両」に乗った者にとっても困るのだろうが、歩行者も結構困る「通行規制中の大豊コーナー」。ただでさえ横断するのに手こずる「営地大街」をなかなか横切れないwこんな時は「新馬路」のローカルのバス待ちを分け入って来た事を後悔する。この後の澳門内港エリ ...

 今日は画像のみでw既に泥酔中です。(週末は特に)ごぞんじ。シックスサマナ 第17号 片道一万円の冒険 コリア三都物語 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア・写真)SIXSAMANA2014-12-01 4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえ ...

最近の夜のセナド広場(議事亭前地・噴水池・Largo do Senado)の風景。こちとら師走の真っ只中で、ほとんど「死亡」w師走ってば。シックスサマナ 第17号 片道一万円の冒険 コリア三都物語 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア・写真)SIXSAMANA2014- ...

いつ訪れても僕には被写体に事欠かない澳門の街並みだが、特にこの時期から旧正月が落ち着くまでの期間は街が至る所で飾り付けられ、一般の観光客にもピクチャレスクなのだろう。 気候は東京の晩秋のような寒さはあるけれ ...

天気の差ほど優れない早朝の噴水池(セナド広場・議事亭前地)で数年前に。スタバ前が工事中で、CPO前にハーゲンダッツが無い頃の噴水池。時の流れ。記憶。記録。シックスサマナ 第15号 俺の仕事は戦争屋 エリート兵士に転職しよう! [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカ ...

澳門で何がしかのイベントがある度に張りぼてやらステージやらブースやらオブジェやらが設えられる噴水池(セナド広場)。数日前からは「(ギャラクシー・カジノ提供)女子バレー世界グランプリ(って何?)2014」のブースが広場の中央に設置。ここって一応世界遺産のひとつ ...

プサンから帰阪する船内からのツイキャスで「7月末には澳門に向かう」ようなことを言った記憶があるけれど、結局8月初頭にサスペンドしそうな僕の澳門帰省wいまいち気分が高まらないのはセブ島に恋してしまったからかな。それでも実際に澳門に赴けば「胎児回帰的」に和んで ...

澳門半島南部の観光の中心にあるので、滞在中は避けて通れない「噴水池・議事亭前地(セナド広場)」。外港近辺に宿を取ったら、この場を横切らずに滞在できるのかな。僕は何かと内港に用事が多いから、結局のところ無理なのかなwシックスサマナ 第13号 セカシュー女子の野 ...

この画像には世界遺産が2ヶ所写っている。「噴水池(議事亭前地・セナド広場)」と「議事亭(民政総署)」だ。写したのは2011年11月。撮影したのは昼の12時頃なのに、まだこの頃は観光客の姿が少なく感じるなぁ。このくらいが良いよねwシックスサマナ 第12号 病める日本の処 ...

正式名称は「議事亭前地」。ポルトガル語の名称である「Largo do Senado」から、国際的には各国の言葉で「セナド広場」と言う愛称で呼ばれる事が多いけれど、マカオ・ローカルは「噴水池」と呼んでいる。ゆえにタクシーに乗ってここに赴きたければ「新馬路・噴水池(サンマー ...

高飛びしたい。wマジで。この場へ。w4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド アメド アメリカ インドネシア カメラ カンボジア ガンランバ ギャラリー クタ グルメ ゲイラン サイゴン サイパン シンガポール ストリート セナ ...

最近このオヤジ見かけないなぁ。おや。4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド アメド アメリカ インドネシア カメラ カンボジア ガンランバ ギャラリー クタ グルメ ゲイラン サイゴン サイパン シンガポール ストリート セナ ...

澳門の世界遺産群の中でもとりわけ「メッカ」な議事亭前地(セナド広場)周辺。その奥には「板樟堂前地(聖ドミンゴ広場)」があり聖ドミンゴ教会が鎮座する。ここまで書いた固有名詞の全てが澳門の世界遺産のひとつひとつで、それら30個がひとつの「澳門歴史城市」と言う世界遺産 ...

どこか遠くへ行きたいなぁ。いえいえ、澳門と言う訳ではなく、どこか。w ...

営地街市に納品する車両の搬入口があるから、厳密には「路地裏」ではないなぁ。w 僕の行き付けの「粥専家」がわき道にあって、世界遺産の「三街会館(関帝廟)」がある通り。 この道も、澳門滞在時は日に一度は通 ...

僕には見慣れた、むしろ見飽きた感のある澳門観光の中心地の「セナド広場(議事亭前地・噴水池)」。 昼間は世界中からの観光客で埋め尽くされていて、僕自身は写真を撮る気 ...

実は、何処にいようとこの時間が一番好きだ。 精神的にも時間的にも一番自由な時間。 昼と夜の狭間。 「夜はまだまだ宵の口。」w ...

別名「シリーズ・地べたに希望は転がっていない」。w もう一週間ほど「手抜き」させてください。orz ...

セナドで撮った今年と8年前。 深夜の夜景を眺める限りは、たいして変わらないなぁ。w 変わったのはむしろ、この場を行き来する人たちの「マインド」かな。 ...

澳門・セナド広場で仁慈堂の写真を撮る時にはあまりに「鉄板」過ぎるほどのアングル。 まぁ、僕も澳門に滞在し、雀仔園で呑んで定宿に帰る道すがら、何度と無くカメラを替え、時を替え、気分を替 ...

この坂道を媽閣廟側から上るのは久しぶりだ。 澳門での定宿は新馬路西端にあり、溜まり場は雀仔園でと鑑みると、媽閣街南端は僕には二辺の異常に長い二等辺三角形の頂点にあるようなものだ。 日々「下環街」には昼飯を買いに行く。 故、「火船頭街」を「川辺新街 ...

先日の「MOON OVER SANTA CASA」と同じ晩に撮ったのかな。 サブ・タイトル 「上を向いて歩こう」。 別称 「地べたに希望は落ちていない」。 (ZETMANのアニメが最終回を迎えた「記念マキ ...

澳門の世界遺産である「セナド広場(噴水池)」で出会った在澳比人の子。 近年は澳門の主要な広場が在澳比人たちの「溜まり場」になっているけれど、僕はそんなのが嫌いではない。 その場の治安が安定する気がする。w ...

って言うか「セナド広場」の営地大街側ね。 ごぞんじ。w ...

今は特にイベントも無く、デフォルトのセナド広場。 あと数日も経つと、ゴテゴテのクリスマス装飾のハリボテが鎮座しては通行の妨げを助長させる。w まぁ、風物詩。 ...

「情報量が多い被写体には、このアプリは向かないな」、の一枚。 一応説明しておくと「営地街市から見るセナド広場」。 ごぞんじ。w ...

夜も更けるとbossini前のベンチに座り呆けるホームレスのオヤジ。マカオではコミュニティーが上手く機能しているせいか、ほとんどホームレスの姿を目にしない。(物乞いはそこそこいるけど。)このオヤジ、昼間はどこで過ごしてるのだろう。こんなのも「リアル・マカオ」。 ...

マカオのスタバにもたまに行く事を以前ネタにした事がある。まぁ、路地裏の散策&撮影の合間とか、澳門大会堂の帰り道とか。そんな道すがらだが。マカオのスタバは2フロアーの店舗で、世界遺産の「セナド広場」に面している。まぁ、スタバに「ラテ」以外の多くは望まないが、 ...