コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:琉球

翌日早朝の船便で離島に向わなければならないので、滞在初夜の「夜呑み」は早めに軽く栄町市場内の「定番」のもつ焼き屋の「あぶさん」へ。 他にも何か喰った気がするけれど、撮ったのはこれだけwそれほどつまみもつままずに「泡盛サワー」を何杯も呑んだけれど足りずにホ ...

沖縄に行く度試そう試そうと思いながらも、結局は先日の訪問まで童貞を貫いた「タコ・ライス」。初めての「タコ・ライス」は沖縄の「吉野家」でと、心の中で決めていたのだが、なかなか吉野家に出会えず、結局は市内の老舗で「筆おろし」w落ち着いた「小料理屋」風情ながら ...

成田を出発して那覇に到着する間の3時間のフライトは寝て過ごし、ホテルにチェックインを済ませて戸外に出るとちょうどランチ時。牧志市場周辺で飯でも喰らおうかと沖映大通りを国際通りに出る途中で沖縄らしいローカル感の飯屋を発見しては入店!店番かつシェフのオバァと「 ...

ここ数年利用する航空会社のほとんどがLCCにシフト・チェンジしているので、この場所で飯を喰らう機会も多くなる。それほど有用な選択肢に恵まれた環境にあるわけでは無いので毎度結局さぬきうどん喰らっているなぁwこの日は簡素に「きつねうどん大盛り」だけを喰らって搭乗 ...

昨年今頃の沖縄滞在時に観ていた琉球放送(RBC-TV)の天気予報。お天気お姉さんは僕のタイプではなかったが、映し出される各地の予報のエキセントリックさったらw天気予報の画像もエキセントリックだが、プロ野球公式戦の値段の高いこと高いことwこのカード、首都圏で観る ...

最終目的地の渡嘉敷島へ向うためストップオーバーで宿泊した那覇の「ホテル・エアウェイ」。楽天かじゃらんで事前予約して、一泊JPY4000位だったはずのビジホ。特筆すべきは無いし、印象的には「安宿」のビジホなのだが、室内の雰囲気が始めての沖縄でベース・キャンプ代わり ...

沖縄は日本に属しながらも、未だに「琉球」であると夙に感じさせられた牧志市場。東京より台北、日本より海洋アジアに近い生活様式や食、文化、習慣、風俗、言語、その他諸々の全て。w大和(本州)との共通点は、微かに通じる「日本語」と言う、方言のみで形成されたあやふやな ...

サイパンから帰ってきて、まともに買出しに行ってないのでアペリティフの「缶チューハイ」のストックが無くなり、かと言って缶チューハイ買うために時間を割くのも何だかなぁって感じなので、もらい物の「多良川」をハイ・ボールにして呑み始め。アテはサイパンで消費できず ...

沖縄から離れた場所で暮らす「うちなんちゅう」達へ。お土産で食したこんなB級スナックらが、翌年意を決してその場へ向かわせるファクターのひとつとなりき。今の僕には故郷とも言うべき澳門より恋焦がれる場所となっている。再訪は何時ぞや。 ...

沖縄を離れる日の朝、〆の「味噌汁(定食)」を喰らおうと空港4階の出発階の食堂街を探すが見つからず。結局一番可能性の高そうな「琉球村」に入るが、やはりメニューや白板に「味噌汁(定食)」は無く、泣く泣くオーダーした「沖縄そばセット」。来琉して「味噌汁(定食)」 ...

「マチグヮー」とは琉球語で「商店街」に近い言葉。 そんな、今や「観光地化」された感の否めない那覇市中心部の「牧志市場」周辺の市場外市場的「マチグヮー」4撮。 ...

行商自体が今の日本では「稀に見る」ほどなのに、この地では「コーヒーの行商」さえ未だ存在するとは! 僕自身の記憶を手繰り寄せても韓国かバンコクでしか目にしたことが無い記憶。 そ ...