コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:無人島

5年前の2016年の今日、僕は沖縄・那覇市沖の無人島「ナガンヌ島(チービシ)」にいた。日に2本行き来するチャーター船にはたくさんの乗船客が同乗していたけれど、僕以外は日帰りの客だったと知るのはその夜になってからだったw那覇の泊港を出港した小型フェリーにはたくさん ...

PC の調子が良くないのと続けて来たいくつかの「シリーズ」ネタが一区切りしたので、今週は「新シリーズ提案ウィーク」。 画像のストックを斜め見して、やたら目に付いた「旅先の空」画像を編集無しで羅列するシリーズw 一発目はペールブルー過ぎて群青色にしか見え ...

 この年1月の、東京→フィリピン→シンガポール→インドネシア・ブラカンパダン→シンガポール→フィリピン→東京ルートの「アジア周遊フェスティバルめぐり旅」を終えて帰国しては2月をダラダラ過ごす。3月になってフィリピン・セブ島&マクタン島に滞在して各地のスラムを ...

今年5月に訪れた沖縄渡嘉敷の無人島「ナガンヌ島」。基本的に宿泊は島南側のビーチに面したエアコン完備の「ロッジ」に宿泊する。(物好きには「テント泊」と言う選択肢もあるようだが、エアコン無しではサウナ状態だろうに。)ビーチフロントに面したロッジなので、ここもエ ...

泊港でサンザ待たされた挙句、30分ほどの海路で訪れた那覇の無人島離島「ナガンヌ島(チービシ)」。入島手続きを終えロッジに荷物をおろし、ロッジの自室前のビーチ・チェアーでしばし体を温めた後ランチしに島唯一のレストラン「ダイニング・テラス」へ。お勧めはB.B.Q.と ...

既に梅雨入りした沖縄渡嘉敷の離島「ナガンヌ島」の夕方のビーチは晴れ間の間ににわか雨がたまに降ったりまた晴れたり。日帰り客が帰路に着いた15時以降(管理スタッフ以外は)僕のみが島内に佇む。日の入りも濃い目の雲の合間のまばらに見える夕焼け。「結局、明日は晴れる ...

この辺りのちょうど今頃はウミガメの産卵期で、夜間の満潮時になると産卵のためにビーチに上陸して来るとの情報を元に2時間ちかくサンゴのビーチを歩いてさがしたけれど、早々簡単に出会えるはずもなく、結局は徒労に終わった。 ...

と言うわけで、スチルとムービーの撮影で沖縄の離島「チービシ(ナガンヌ島)」に来ている。 無人島とは言え那覇の泊港から30分程しか離れていないし、宿泊施設やレストランもある「インフラの整った」無人島で、例えるならサイパ ...

僕がこのブログでよくネタにする「バタム島」。 その中でも、島の北西部に位置する「ナゴヤ」や「セイ・ジョドー」「バタム・センター」は今迄書き連ねてきたのだが、この島の北東部に「ノンサ・ビレッジ」と言う初期開発区域であるリゾート・エリアがある。 島の中心 ...