コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:澳門の安宿で

マカオの内港区は100年以上前迄中国本土との唯一行き来できる港町として栄えたエリアで、その後その地位を香港とマカオ外港区にその役割を譲ってはただの下町に成り下がっては世界中からのアングラな人々を集める場所になる。そんな人々はダークな仕事で稼ぎ、それは人身売買 ...

先日の澳門滞在は、日がな半島部西岸の内港エリアで過ごしたので、必然的に昔の常宿前も行き来した。2012年夏を境に小姐達を排除し、ツアー客も受け入れられるただのホテルに成り下がってからと言うもの、この宿は僕には用無しになった。正面入り口のドアがガラス張りなので ...

今回の「澳門の安宿」は福隆新街奥の「白眼塘横街」に面した宿に寄宿した。この周辺は澳門の「賓館街(安宿密集地)」と揶揄されるほど安宿が乱立し、その多くが売春宿として機能していた時代もあったが今はそれも数軒のみ残るだけで、多くの安宿は改装されてはリニューアル ...

澳門一安い宿泊料でいろいろなメディアで話題にされ取り上げられ、時には「(一泊の宿泊料が)ビッグマックより安い」とまで揶揄された澳門内港エリアの伝説的旅館「皇宮大旅館」が廃業した模様だ。 改装なら何なりの告知が店頭に ...

一昨年初夏に宿泊した澳門新馬路沿いに位置する「新中央酒店」。ひと頃は澳門を象徴するカジノ・ホテルだったらしいが、僕が知る限りでは世界各国からの小姐にとっての「登竜門」的な安宿(結構な歴史的遺産w)。そんな宿でも高層階のベランダから眺める澳門市街は良いわけ ...

疲労困憊時の画質確認用エントリーwもしくは「フロント・ページに肌色がないと落ち着かない」エントリーw何か映画観てから寝まつorz全然関係ない話だけれども、若い時分にそばにエイミー・ワインハウスがいたら外見がタイプではないけれど、やっぱり惚れちゃうんだろうなぁ ...

旅先の食い意地の張った、朝から寝しなまでの。日々の、また旅先の試し撮りやミス・ショット。ほとんど何も考えていない大切な時間。日本国内ではほとんど有り得ない時間。あぁ、もう旅に出たい(症候群)wシックスサマナ 第18号 おとなの修学旅行 [Kindle版]クーロン黒沢( ...

在りし日の・澳門の定宿の・ロビー奥のたまり場で。長く寝食を共にした友人たち。まだ日本人にとって澳門が香港のおまけのように扱われながらも、実際にはキラキラと眩い輝きを放っていた時代。観光客などはカジノに群がる香港人のみで、路地裏を行き来するのはローカルの人 ...

既に終了して10年以上経つが、賓館風俗華やかしい2000年代初頭にはこの賓館のロビーにも小姐がいた。絶えず10人前後が待機しては来客待ちしていた。当時何度か利用したことはあったけれど、宿代自分で払って宿泊するのはこの日が初めてw新馬路西端の宿から移動したばかりの ...

今回2泊した「嘉華賓館」。この時期の澳門は近年寒い日々が続くので、それほど宿の部屋にいることは無かったが、それでも机上は荒れてるなぁwまぁ、毎度ながら旅先ではこんなものか。東京の自室はきれいですよ。仕事場も兼ねているので。あしからず。シックスサマナ 第17号 ...

某雑誌の連載の締切日が迫って来ているので、しばらく「手抜き」します。それが済めば、来週中ごろからまた旅に出るので「LIVE!」ります。シックスサマナ 第16号 人生一度は秘境をさまよえ! [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(写真)SIXSAMANA2014-10-16 4TRAVE ...

狙いすぎ、考えすぎ。日々是反省w シックスサマナ 第15号 俺の仕事は戦争屋 エリート兵士に転職しよう! [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(写真)SIXSAMANA2014-08-26 4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド ...

先日投宿している澳門内港エリアの安宿に帰る途中通り過ぎた「大来賓館」の看板がリニューアルされていた。ちなみに階下の雑貨屋もリニューアルされては「フカヒレ料理屋」に変わっていた。近年は下町である澳門内港エリアも、猫の目のようにコロコロと軒が変わるなぁ。コン ...

僕の澳門での定宿だった「富城」を筆頭に「富麗」「文華」と、近年「終わってしまった賓館」の数々。その背後には中国本土から澳門へ小姐を定期供給する「買給」や「蛇頭」の暗躍があるわけで、いくら澳門政庁の締め付けがきつくなろうと彼らの「供給量」の絶対数は右肩下が ...

ここ数日、イマイチ体調がすぐれない日々。今日は「一枚の画像」のみでご勘弁。「澳門の定宿のロビー奥で 2006」日々のチェックだねwシックスサマナ 第11号 地獄の10万円フードビジネス [Kindle版]クーロン黒沢(著), 石川正頼(写真), コイワカメラ(写真)カルカッタレコード ...

僕の澳門の定宿である「富城賓館」が小姐を排除してからと言うもの、それまで小姐の専用だった低層階の部屋をあてがわれる事がある。それまでも低層階の「小姐の部屋」で施術される事はあっても、同じ宿に自分の部屋があるので、小姐の部屋で朝を迎える事など無かったので、 ...

ポチャっていて今なら結構「ストライク」。ムチャクチャ性格が良くって、「ホスピタリティー」の高い子だったなぁ。w当時は「ボール球」。w4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド アメド アメリカ インドネシア カメラ カン ...

へき氏からのメールで知ったのだが、澳門内港の聖地「富麗賓館」が大改装され、シンガポール資本の「5歩廊(5FOOTWAY.INN)」にオペレーターが移行して、小姐を排除どころかハイ・クラスの安宿(とは言っても平日MOP1000/泊)に変わった模様。「富麗賓館」のどこをどう弄れば ...

特にテキスト要らないっすよね。w最近、こればっかりだし。(手抜きウィークです。w)4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド アメド アメリカ インドネシア カメラ カンボジア ガンランバ ギャラリー クタ グルメ ゲイラン ...

確か東北地方出身の小姐でしばらく僕とは「馬が合わなかった」けれど、最終的には「親友」のような関係になった小姐。初見から結構「塔が立っていた」し、外見が僕の好みでは無いので「施術」はなかったけれど「良い女」だった。「姉御肌」なんだよなぁ。結局は「東北地方出 ...

この子は僕のマカオでの定宿の「ムード・メーカー」で「良い子」だった。結構な「仲良し」だったけれど、タイプじゃぁ無いので一度も「お手合わせ」無し。w俺、そんなに「女性」に不自由していないので。wごぞんじ。4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とり ...

2〜3年前までは「群興賓館」と言う安宿でファミリー経営だった記憶があるが、オーナーが台湾人に代わり「澳門之家賓館」と名を変えて今に至る。その台湾人オーナーはマルチ・リンガルで先進国民的物腰の「良い人」なのだが、朝方に管理しに来るBBAと僕は馬が合わず、この宿自 ...

今現在の日本で見かけるほど、香港や澳門で「車椅子の人」を目にしない。もしかしたら見た事が無い、もしくは見た記憶が無い。香港では少しづつ「車椅子利用者」向けのインフラが進みつつもあるけれど、澳門ではまだまだかな。僕の澳門の定宿などは、エレベーターに乗り込む前に ...

僕なりの「スリー・ストライク」。これ以上テキスト要らないよね。w(「菊地成孔の粋な夜電波」を聴き終えたら毎夜恒例の「鬼平犯科帳」ナイトします。)おやすみなさい。4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド アメド アメリカ イ ...

半月ほど前のネタの続編。いわゆる「手抜きネタ」です。w撮影場所をロビー入り口に変えてみました。w以前アップした小姐画像もあるけれど、最近このブログ読者になった方々へのリプライズ。まだ僕がフラッシュ焚いて撮影していた頃の画像なので、赤目補正しても残るなぁ。バ ...

このブログを始めた頃は情報を発信することに喜び勇んでは固有名詞を乱発し、はたまた個人情報を羅列したものだが、その後僕の澳門の定宿(富城賓館ねw)やメイン・ダイニング(大興麺家ねw)に日本人観光客の姿が見えるようになり、さすがに定宿の名前は極力書かないよう ...

派閥のようなものはあったけれど、基本的には「運命共同体」としての諦めに似た連帯感があった、数年前までの僕の澳門の定宿のロビーの風景。皆物心付いた「れっきとした大人」だったけれど、じゃれ合うかのような子供のような「仲良しさ」があった。OLD DAYS, GOOD DAYS.マ ...

昨年の帰澳時に沙梨頭街を散策した時に見かけた「場末(と思われる)」賓館(安宿)。大体、澳門の宿でロビーが1階に無い所は「場末宿」と相場が決まっているようなもの。w「東方」しかり、「和平」しかり、「新華」しかり。(「新中央」は例外。w)1階入り口はそれなりに ...

このブログでは見飽きた感もある、僕の澳門での定宿のロビーの風景。 僕も見飽きたよ。w (最近は小姐たちの私物の量がハンパ無いのが昔と違うよな。w) ...

6月の澳門は特にイベントも無く、観光客の足も疎ら(6・4はあったけれど)。 定宿も小姐だけでは「客満」にならず、すんなりと「いつもの部屋」。 早朝、窓から眺める「ポンテ16」や「内港を行き来する船」や「本土中国側入境 ...

本来マカオではそこそこの規模の宿泊施設は「酒店」を名乗り、それよりも規模の小さいビジネス・ホテル並みの宿泊施設は「賓館」と言うネーミングで大概が営業している。 それよりも小さな規模の宿は「別墅」と名乗り街中にそこそこ点在しているけれど、その数 ...