コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:清涼里

若い頃はここで過ごすことが韓国・ソウルでの滞在目的でさえあった「清涼里588」。韓国の赤線も世間のコンプライアンスに迎合するように廃止され、5年ほど前から取り壊しが進み今現在はよりアングラな場所で引き継がれる。1990年代ころは小規模ながら水産市場や犬市場があり、 ...

僕の韓国・ソウルでの夜遊びは1988年頃から始まっては2013年頃で終焉を迎えた。その歴史は「清涼里588」の最盛期から壊滅させられるまでと平行した。そんな清涼里588最盛期の深夜から朝までの外観や内観や周辺の佇まいなど。インドネシアの「バタム島」や澳門にはまった時期 ...

2012年のバリ島からの帰り道に滞在した以来半年振りのソウル滞在。588にもミアリにも行ったけれど、それほど悪い滞在では無かった。1年ぶりの相棒のいる旅。初めて韓国・ソウルを訪れる若い後輩をエスコートするかのような旅。盛況だった588に比べて終焉を迎えそうな営業形態 ...

実際にはこの数年後に「完全崩壊」するのだが、その前の最期のあがき的大盛況だった2013年ころの「清涼里588」無編集版。 全盛期程までは行かないまでも結構な繁栄振りを見せていた2013年の588。大通りに面した店の施術代は「60000ウォン/15分」でも、一歩路地裏に入って伺 ...

 まだ「清涼里588」が元気で「梨泰院」にも「ちょんの間」があって、市内中心部の市場にも猥怪な雰囲気があった頃のソウルの街中のあちらこちら。「退廃床屋」を探して街中をうろついたり「退廃茶房」に迷い込んだり、真昼間から街中に佇む「ピキ」にアガシのチャーターを促 ...

帰国しました。12月9日に連載誌の忘年会があり、それ用に韓国国内の画像をチェック&エディット。そんな作業中に見つけた「ダメな韓国」もしくは「悪いソウル」w ここ数年でやっと「土地開発」という物を知ったかのように「ハンガンの奇跡」以来の街弄りをしているかのよう ...

 1987年の冬に初めて訪れた韓国・ソウル市。翌年開催される予定の「88 オリンピック (1988年ソウル・オリンピック)」に向けて、ソウル市内のほとんどの大通りがパーテーションで囲われて何某かの工事中だらけだった。冬の乾燥した空気の中に工事の埃が混ざり、街中がガス ...

僕の人生の中の「花街探訪史」は日本と韓国のそれしか知らなかった「チョンニャンニ期」、インドネシアにやたら通っていた「東南アジア期」とその後の「澳門後」に分けられるwこのアガシに施術してもらったのは、まだ僕が20代の頃の「チョンニャンニ期」だろう。マスの日本 ...

 僕の韓国ソウルでの聖地、もしくは聖域。全てはここから始まったと言っても過言ではない。血沸き肉踊る場所。今年こそ「原点回帰」しよう。シックスサマナ 第23号 真実の愛の果てに [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア・写真)SIXSAMANA2016-02-25 ...

(不定期更新「画質を確認するだけのエントリー」)某ファッション誌編集長から委託された画像の中からのお気に入り画像。結構昔の画像だけれど「イケル」なぁw結構タイプ。こう言うの「好き」。(いただき物のフレーズですがw)シックスサマナ 第21号 エクストリーム・ク ...

「フロント・ぺージにピンク色が無いと落ち着かない」エントリー・シリーズw(このシリーズやってる時は「疲労困憊」なのだと御察し下さいませませ。)夜間は妖艶な明かりで通り中を華やかに彩る街だが、近場に「食用犬」や「野菜」「花」などを扱う市場があるので、朝にな ...

W70000/15分ながら、結構回転率も良く賑わっているなぁ。w 塔が立ってるアガシも多いけど、レベルはなかなか。 明日はミアリで。w ...

1980年代の「588」アガシ。 メイクや眉の太さが「時代」を感じるなぁ。w ...

来月、久しぶりに「原点」に逝ってきます。w どうなっている・どうすることやら。 多分、良い予感。w 寒いだろうなぁ。orz ...

ひところはこのエリアだけで500〜600人は営業していただろう「清涼里(チョンリャンリ)588」。 ソウル市内に数多ある「ちょんの間」の中でも、アガシのレベルの高さと人数で他を凌駕していた。 その後「ソウル市内の健全化計画」によって次々と営業不能の状態に追いや ...