コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:治安

僕のフィリピン・マクタン島コルドヴァでの笑顔と元気のもと。  先進国家からこの場に赴いたら絶対驚くほどの貧困さ加減が眼前に広がるが、何時訪れても皆笑顔で迎えてくれ、その笑顔からは貧困を感じられないコルドヴァのスラム。フィリピンは貧富問わず何処へ行っても「 ...

ローカルのフィリピン人100人に聞くと100人全員が「危ない」と答えるらしい「パシル・スラム」。そんなスラムの夜の徒然。愛すべき貧しき人々。子どもも老人も、皆「タフ」だwシックスサマナ 第18号 おとなの修学旅行 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラ ...

往々に治安が悪いと言われることの多いセブ市最大の市場である「カルボン・マーケット」。画像から「治安の悪さ」が感じられるか?ローカル達の快活で活発な生活が垣間見れるだけの街中の市場。貧しい事が不幸ではない証明。笑顔の氾濫。隣人への信頼。個の自由。シックスサ ...

市長が変わる度に猫の目のように治安状況が変化するアメリカ合衆国のニュー・ヨーク市。日本では多くは繁華な「山の手」のマンハッタンの事ばかり語られるけれど、それ以外のエリアは恒常的に「下町」なので治安状況は(悪い事で)安定しているよなwそんなマンハッタン以外 ...

痛飲した後の〆の一杯の蕎麦とかラーメンは、日本国内では定番。それが海外ともなると出来る国と出来ない国がある。ほとんどのアジアの国々では「汁麺」の食文化が根付いていて、まぁ余程な田舎でもない限りは〆の一杯にありつける。反してヨーロッパやアメリカでは中華料理 ...

僕のマカオでの夜の過ごし方はワン・パターンで、こんな時間に新馬路を横切って写真を撮っているって事は、定宿から「大興麺家」に向かっているのだろうなと想像できる。 マカオ一の目抜き通りである「新馬路(亞美打利比盧大馬路)」もこんな夜更けになると人通り ...

アメリカの都市伝説に「治安の悪い場所には、必ず旨いレストランがある」と言うのがある。 それは「喩え」とか「揶揄」のようなものだと思うが、「地獄で仏」とかの類いと一緒だろう。 昨日、「バリ島邦人女性殺人事件」について書き込んだ。 改めて「治安」について考え ...

アメリカの「都市伝説」の中に、「治安の悪い場所には、必ず旨いレストランがある」と言う言い伝えがある。 その大本は、ニュー・ヨークのハーレムや、アメリカ各都市に存在する「中華街」を想定しているのだろう。 そんな「都市伝説」を、他の国に当てはめて見て ...

サウス・ブロンクスは友人が住んでいたため、よく地下鉄で訪れた。 マンハッタンを越えると地下鉄も地上を走るようになり、その駅々の治安も徐々に悪化していく気がする。 サウス・ブロンクスのとある駅は、例外なく最悪の治安状況にあり、駅舎は地上にありながら、 ...

最近、FMや有線、バーや街中でピーター・シンコッティの「Goodbye Philadelphia」と言う曲をよく耳にする。 歌詞の内容は大してフィラデルフィアに関係ない内容だが、ピアノが主旋律を奏でるこの曲は、今の世代のJAZZのようで、とあるFM局で ...