コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:民族衣装

東南アジアのイスラム圏でもビゴライブの配信は盛んで、公に姿を公開することが憚られる教義ながらも結構な数のモスレム女性たちが配信している。 国や地域のによっての教義に対する敬虔さや解釈の違いからその男女比はマチマチだが、ことマレーシアやインドネシアなどの ...

今週もビゴライブで配信された旧正月の民族衣装姿の女性たち。 しつこいけど僕のメインテーマの被写体なのでまだまだ。タイ女性は大概旧正月の元旦しか民族衣装を纏わないけどベトナム女性は旧正月はもちろんのこと結構普段から民族衣装を纏うし、マレーシアやタイ、フィ ...

先週、先々週と続くビゴライブで配信されたアジア各国女性たちの旧正月ファッション。 多くのアジア中華系女性たちは旧正月の年末年始にチャイナドレスを着るのだがタイ女性は圧倒的に赤色のドレスを着用する。 まぁ、例外はあるけどほとんどそんな感じ。 それ以外 ...

先週に引き続きビゴライブで配信された旧正月ファッションのアジア各国の女性ライバーたち。 華やかで艶やかな旧正月の民族衣装の女性ライバーたちの姿。年に一度のハレの日。大概この辺からの配信。シックスサマナ 第38号 勝ち逃げ野郎 爆走!親不孝街道クーロン黒沢 ...

先週は旧正月の年末年始があり、中華圏や東南アジアの女性ライバーたちは艶やかなチャイナドレスや民族衣装を纏って配信する姿が多々見られた。 毎年恒例のアジアのイベント。女性ライバーたちの艶やかな民族衣装がアジア各国で行われる例祭への参加意欲が高まる!早く ...

旧正月に配信された各国女性たちの民族衣装姿の棚卸し。 またイベントがあり民族衣装の画像が貯まったらアップします。東南アジア女性たち華やかなの民族衣装姿。旧正月の華々。大体この辺で。[まとめ買い] シックスサマナクーロン黒沢(著)、日野日出志(漫画)、コイ ...

旧正月に撮り貯めたビゴライブの民族衣装姿の配信スクショがまだたくさんあるのでアップ。 華麗で可愛らしい各国各民族各宗教なりの民族衣装姿の女性たち。旧正月のみならず常時纏って欲しいと思うのは、着用の大変さが他人事の外野のエゴ。でも観ていたい。この辺の清 ...

昨日に引き続き先々週末の旧正月に配信されたライバーたちの民族衣装やコスプレをスクショした「民族衣装の女たち・旧正月の女たち」のパート3。 海外在住らしい日本人もチャイナドレスに身を包んでは旧正月を祝う。中にはビルマの民族衣装であるロンジー姿の女性も!中 ...

いつもの「ビゴライブの女たち」のスピンオフ。 火曜日の祭日にもアップした続き。 先々週の旧正月を受けて各国から民族衣装やコスプレで配信されたライバーたちの艶やかな姿の「民族衣装の女たち」。 着用しているのはほぼタイ人と少しのベトナム人女性たち。他にも ...

先々週の週末は旧正月だったので、ビゴライブの配信でも各国の女性たちがそれぞれの民族衣装に身を包んで配信する姿が見られた。 中には民族衣装を通り越して「コスプレ」になっているライバーもいたけど華やかなのには変わりないので、さすが旧正月と言ったところ。中国 ...

2ヶ月ぶり久しぶりの「民族衣装の女たち」。 主に東南アジアの配信者の姿になるのは恒例だけど、あまり観ないジャパン・チャンネルをこまめに観てれば和装や浴衣姿で配信する子もいるのかな? ほぼ「ベトナムの女たち」になっちまったし、最後の方は民族衣装と言うより ...

撮りためたビゴライブの民族衣装の女性配信者のスクショも長期に渡りアーカイブしては散在しているのでアップしてデリートw ヒジャブって民族衣装なのかなぁ? 宗教的な色合いが強いけど。 驚いたのはマレーシア女性の中にヒジャブではなくチャドルを纏った女性がいた ...

ビゴライブを配信しているライバーの中に偶に民族衣装を纏って配信しているライバーがいる。 ベトナムが一番多く次いでタイかなぁ。クバヤやヒジャブ🧕を纏って配信している女性も各国多々いるけど、それって民族衣装と言うより宗教でなやつなので除外してw僕は民族衣装 ...

バリ島をツーリングで「カランガセム」に向かおうとすると必ずや通過点になる「ギャニャール」の町。 大小の寺院がバイパス沿いに点在し、名物の「バビ・グリン」屋がブロック毎にあり、最近は散髪したりで結構「ツーリングの休憩所」。 いつかのツーリング時にギャニ ...

中国(中華人民共和国)の辺境、雲南省西双版納・勐罕(モンハン・橄攬壩(ガンランバ・橄榄坝))鎮で過ごす日々の中で出会ったローカルの少数民族の人々や漢民族の人々。 初めてガンランバを訪れた2007年はまだ携帯電話内蔵のカメラの平均画素数は1.3メガピクセルだ ...

バリ島を日がなツーリングしていると普通の平日でも2〜3ヶ所は何某かの「例祭」に出会う。 この時はタバナン海岸沿いの辺境集落「ティブビユ」からタバナンのバイパス沿いに戻る途中に「クランビタン」の「クラティン」集落で行われた例祭を見かけて、撮影ついでに参 ...

前回の続き。 昆明駅前の「雲南印象城」と言う名のモールへの入り口広場に並ぶ露店のお土産店と駅前目抜き通りの朝の自転車群。雲南省全土の少数民族の物産や周辺諸国のお土産や特産物が居並ぶ露店の店舗群。外国人観光客など入る由も無く、ここにいる全員が中国人観光客。近 ...

僕の高飛び候補ナンバーワンの「西双版納(シーサンパンナ)」へ赴くために必ずや経由しなければならない雲南省の首府「昆明」の街。 開発途中の雑多な大都会で基本的には好みの街ではないけれど、省都なので猥雑ながらも便利は便利なので滞在もするし飽きることの無 ...

バリ島全土で以前から満月の日は「クバヤ(民族衣装)」での通学がマストだったのに加え、最近は毎木曜日もクバヤでの通学日になり街中の景色が華やかになったと思うのは外部の人間だけかな。普段は月に一度の満月の日や、月に2〜3度の例祭用に用意するのみでは無く毎週木曜 ...

「西双版納・民族衣装の女性達」 2010年12月19日 00:01  中国の、雲南の、西双版納の、「モンハン(ガンランバ)」や「モンフン」の、街中や市場で、ただなんとなく。少数民族の女性がお洒落をして市場に買い物に赴く様は、あたかも東京の女性達がお洒落をして銀座に買い ...

何らかの時間になり、待機していた人々が祭壇に向って集まっては何がしかのタイミングで「祈り」が始まる。祈祷所には何ヶ所かの祭壇が設けられ、男性・女性・家庭持ち・シングル・大人・子供・もしくはカーストの階級によって祈祷場所が異なるようだ。バリ・ヒンドゥーの「 ...

これから例祭の本番に入ろうとする数十分前。集団で祈りに入る前の高揚と緊張が伺えるローカルたちの表情。そんなのは興味の範囲外の子供たち。その中間の感情のまま、腰周りに巻くサロンだけを纏って祭りに参加する日本人辺境カメラマンw現在進行形の子供と完成しつつある ...

民族衣装から入って土着の宗教を考察し儀式としての様式美に昇華した、バリ島の例祭の序章。どこからかジェゴグ(竹のガムラン)が奏でられる中、集落中から正装の民族衣装を纏った老若男女がお供えを持って祈祷所に集まる。男性は白の上着に柄物のサロンと画一的なのに対し ...

プラソット(プラサーアット)の市場を出て隣町の「CHIPHOU(チフー)」を走りきる直前、バイパスの傍らにローカル女性の着飾った集団が行き来するのを見かける。小さな辺境の集落の割りに大きな規模の(小乗)仏教寺院で例祭が執り行われていてはバイクを停めて僕も参加する ...

数日前から「Google Drive」さんが勝手にどこかに僕自身がストレージした画像を探して来ては同期しまくっている。今日などは大容量画像のアップロードの是非を伺って来ては、O.K.すると共に数千枚の画像をアップし始める始末wただでさえ数十万枚もあるストレージ画像にまた ...

西双版納タイ族園の2大アトラクションのもうひとつである「民族舞踊」。日々30分のステージが2度行われる内の昼の会。タイ・ルー族のハレの日の衣装は妖艶で淫靡だ。自己主張の強い腐れ漢民族の中をサバイブしてこの地に降り立ち、こうして少数民族であるタイ・ルー族の中に ...

9年前に初めてこのテーマ・パークに訪れた時に撮影した画像がその後の僕の被写体への大きな指針になった場所。 2度目の訪問時には、なぜかこの場を訪れなかったが今回はしっかり訪れては半日過ごして撮影三昧。 この施設での2大イベントは毎日行われる「溌水節(水掛 ...

8時から始まる停電前にシャワーを浴び賓館の自室で方便麺の朝食を済ませ、市場前に陣取る数多のトクトク(三輪包車)から使えそうなドライバーをチャーターしてより奥の辺境村を目指す。 西双版納タイ族園内だけでも5つもの村があるのに、その奥には数え切れないほど ...

昨夜は久しぶりの「少数民族B.B.Q.」でしこたま呑んだ後、〆のカップラ喰らって寝酒を呑んでいる途中でベッドに卒倒。 2日ぶりのベッドで泥のように眠り着き、朝方4時頃につけっぱなしのテレビの音で目が覚めた。 だだっ広い中華人民共和国本土ながら地域別の時間帯 ...

死ぬ前にもう一度だけで良いから赴きたい中国雲南省の辺境「橄攬壩(ガンランバ)」。近年は開発の手が入り、少数民族度も薄れては来ているけれど、未だ辺境の小さな集落の集合体でしかない。観光客のためにショウアップされた少数民族感だろうが、ショウアップするべき物が ...

今夜は体調がすぐれないので画像のみで。2007年に訪問し、その後ご無沙汰な雲南省西双版納の「勐混(モンフン)」市場で。現実逃避したい今日この頃。ここへはしばらくは無理だなぁwシックスサマナ 第24号 幻の動物王国 追悼 本多忠祇 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワ ...

インドネシア・バリ島の山中「カランガセム」東端の村「Rendang(ルンダン・レンダン)」で参列した例祭のお祈り時に、異教徒である僕は皆の背後から皆越しに祈り撮影する。ヒンドゥーの神様が誰なのかも認識せずに、ローカルの皆と同じように手を合わせては何かを心に思う。 ...

長年従事したアパレル関係の仕事を辞して、期限を決めない長旅に出た2007年。離婚後再度の長旅になった2010年。僕の人生の過度期には必ずや訪れる「中国・雲南省西双版納傣族自治州勐罕(モンハン・橄攬壩(ガンランバ))」。40過ぎた平凡な日本人オヤジにも、様々な驚きと ...

雲南省西双版納タイ族自治州の辺境「勐混(モンフン)」のサンデー・マーケットで目にした少数民族女性の普段着のカラーリング徒然を確認するエントリーw中国国内で「雲の南」とまで言われる雲南省の辺境少数民族自治州。その中でも最も少数民族度の高いと思われるタイ族自 ...

今時は日本・海外問わず「とりあえず携帯(電話)」のような風潮でコミュニケーション・ブレイクダウン。かく言う僕自身も同じような状況だけれど、僕の場合はスマホで主に「仕事」や「仕事の準備」をしている事が多いので、一概にはだがwそんな状況は中国内陸部の辺境地域 ...

昨日は「ギブ!」と思いながらもエントリーしたけれど、今日も今日とてハードな仕事が2日も続くとマジで「ギブ!」。明日は楽できるかな。という期待をもとに、今日も手抜きで。2007年の3月7日に撮影した、サンデー・マーケットで有名な雲南省勐混(モンフン)の市井の商店前 ...

2007年と2010年の2度訪れては未だ僕自身の「高飛び場所候補NO.1」のガンランバ。正確には「中華人民共和国雲南省西双版納傣族自治州景洪市勐罕鎮橄欖壩(中华人民共和国云南省西双版纳傣族自治州勐罕镇橄榄坝)」。Dailymotionで、以前「NHK」で放送された「世界ふれあい街歩 ...

先日のネタのセレモニーで出会った子供たち。 民族衣装を纏い、凛としてカメラに向かってくれた。 (若干、待ち疲れ気味でしたが.........w) 足元がCROCS(ナンチ ...

画像を伴ったストーリー・テラーとしていろいろと考え・考察し・練りに練って・センテンスのフローを熟考しているのだけれど、「書く」行為に対して「ダル」なので、今日も「手抜き」で。w 少し ...

どんな田舎町にもそこそこの美人がいるもので、それはカンボジアの辺境都市においても例外ではない。 僕が例祭好きなのは、今まで目にした事が無い「民族衣装」を垣間見れたり、またそれを纏ったローカルのキレイな女性達が集う場所だからだ。 ...

カンボジア・ツーリング時に出くわした辺境街の例祭。 仏教原理国家であるカンボジアでは、何事につけて両手を合わせる(な〜む〜、ってやつ)。 このような例祭には民族衣装を纏った老若男女が嬉々として集い、僕には絶好の ...

宮崎駿初監督作品である「未来少年コナン」の登場人物の「ジムシィ」が飼っていた子豚の名前が「うまそう」だ。 僕は子豚を見ると、ついこのアニメを思い出す。 そんな仔豚達を西双版納の市場でよく見かけた。 ...

公開コメントは少ないながらも、拍手コメントの多い「レンダンの例祭で」シリーズ。 まぁ、このブログを観ている方々の中には、僕と同じフェティシズムを背負った人々も多いのだろう。w と言うわけで「レンダンの例祭で(または女たち)」特集。 ...

民族衣装を身にまとった人々が集う場所は華やかで良いよね。 日本の夏祭りの夜の「浴衣姿」も外国人にしてみれば「民族衣装の集い」なのだろう ...