コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:板樟堂前地

 聖ドミンゴ広場(板樟堂前地, 玫瑰堂前地)はドミニコ教会前の広場で、セナド広場から聖ポール大聖堂跡へ向かう歩行者天国にあります。セナド広場から続く波打つ美しい石畳の広場で、周囲にはショップや飲食店が軒を連ね、常に多くの人で賑わっています。聖ドミニコ広場は ...

今年6月の渡澳時。本当は4日の晩には澳門にいたかったのだが、日本国内での色々な都合で結局澳門に着いたのはその翌日。しかしながら集会が行なわれた板樟堂前地には、その余韻のような立て看板が残されては4年前の「静かな集会」に参加した時に思いを馳せた。「6・4」とは19 ...

澳門の世界遺産のひとつ「議事亭前地」奥にある「板樟堂前地」周辺の人民やローカル、数多各国の観光客の奏でる雑踏の喧騒の中で、腕を真上に伸ばしてのブラインド・ショット。普通の平日の午前中ながら、皆ハレの日の笑顔。この街は自然に人を笑顔にさせるエーテルが流れて ...

位於澳門半島市中心的一個廣場,位置在玫瑰聖母堂(又稱板樟堂)前面。2005年作為澳門歴史城區的部分被列入世界文化遺產名錄內。板樟堂前地南接議事亭前地,西連米糙巷,東通板樟堂街。1990年代,澳葡政府舖上鄢白兩色碎石,使之與周邊街道成為一個行人專用區。偶而會有人在 ...

言わずもがなな定宿から「大興麺家」へ向かう道すがら。 明日は「重慶大廈(チョンキン・マンション)」に泊まろうか、はたまた「へき氏」お勧めの「我が家」に泊まろうか。 深夜にチェック・インだろうから「チ ...

夜も更けるとbossini前のベンチに座り呆けるホームレスのオヤジ。マカオではコミュニティーが上手く機能しているせいか、ほとんどホームレスの姿を目にしない。(物乞いはそこそこいるけど。)このオヤジ、昼間はどこで過ごしてるのだろう。こんなのも「リアル・マカオ」。 ...

22個の建築物と8ヶ所の広場でひとつの世界遺産として登録された「マカオ歴史地区(澳門歴史城区)」の30ヶ所。その代表的な広場が「セナド広場(議事亭前地・噴水池)」と「聖ドミンゴ広場(板樟堂前地)」。マカオを初めて訪れる観光客のほとんどは、この二つの広場を行き来 ...

大興麺家で呑んだくれて定宿に帰る道すがら、白馬行街(今は「伯多祿局長街」と言うのが正式名称。ジモティーは未だこの名でで呼ぶ。)から世界遺産である「板樟堂前地」に至る夜景が大好きでいつも撮るのだが、まともに撮れた事が無い。 酔っ払っているせいもあるのだろう ...