コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:朝食

自宅から10分ほど離れた場所に「黒目川」が流れては、春は草花、夏は水浴び、秋は昆虫観察といろいろな風情が楽しめる遊歩道が川沿い両側に設られてある。 昨年の今頃。天気のいい休日の朝に、その川沿いの遊歩道を小一時間程北上して街道沿いまで朝食を食らうための散 ...

過去の2月8日の画像をストレージからダウンロードして編集してはネタにしようとしてから違和感を感じていたら1月8日の画像だった。ブログ編集画面のアルバムにまでアップロードしたので回顧録のようにアップ。2012年の1月8日は日曜日ながら仕事だったらしく一日中新宿にいて ...

新宿は若い頃は呑みの場として、年取ってからは仕事でと何かと長い付き合い。仕事で新宿にいれば必然ランチを食らったり朝食食らったり。そんな新宿での食事の記録の数々。 そんなに新宿の知識のない頃はドトールで朝食食らったり。グルマンにはコスパが悪いので最終的には ...

ソウル滞在3日目にして始めて喰らう「ホテル朝食」。洋食のブッフェ・スタイルなのだけれど、卵だけはその場で焼いてくれる。時間が早かったのかそれほど混んでいないホテルの食堂はコーヒーが飲み放題で長居してしまう。外からもれる何となくの「朝日」で早めに目覚めるソウ ...

前夜の深夜までの飲酒による泥酔で寝付いては、起床した元旦の朝10時前。昨夜と同じテレビ局から流れる「紅白歌合戦」の再放送を眺めてはすでにホテルの朝食時間を過ぎて、さてw買い置きのカフェラテを飲んではタバコを吸いに戸外へ出ながら氷点下の気温を体感する。その後 ...

 バリ島の宿は基本的に「朝食付き」がデフォなので、この時もダイニングのある中庭に向う。宿のスタッフに朝食をサーブしてもらいたい事を告げては宿付きの番犬と一じゃれした後テーブルに着く。 運ばれて来る皿は全て「ハエが付かないように」一皿ごとにラップされている ...

買い置きしておいた「缶カプチーノ」を起き抜けに飲んでは一服して一日を始める。特に何か特別なものが食べたい時以外はほぼ向う「ハファ・アダイ・デリ」。眼前に並べられた食材から、今食べたい物を選ぶスタイルは寝ぼけ気味の朝飯の選択にはちょうど良いwハワイ製の缶カ ...

宿泊した宿の中庭で貸し切りで朝食をいただいた後、自室に戻って走行ルートと天候をチェック。 ヤフーの天気予報もグーグルのルート検索も相変わらずいい加減で何の役にも立たない。 僕にはチト足りな目だが、しっかりと準備された「バリ・スタイル」の朝食。ウマウ ...

リラックスして部屋呑みしては結構な深夜に寝付くも翌朝7時には「おめざ」の「V8」をホテルの自室のラナイで飲み干す。朝飯が喰らいたくなったのはその1時間強後で、それまでローカルのテレビを眺めたりダラダラしたり。サイパンでの朝食の選択肢は数あれど初日はいつも通っ ...

この日は翌日日本へ帰国する早朝便に乗るために「スバ・バスバス集落」を離れて空港近くの宿へ移動する日。正午までにはチェックアウトしなければならないので、朝食はホテルのレストランで。その後は買い置きしては余ったスナック類を余った冷蔵庫内のドリンクで流し込むw ...

 とあるカンボジア・スヴァイリエンの朝。宿前の雑貨屋のテーブルに陣取って、胃にやさしそうなドリンクで体を起こす。その後朝飯が喰らえそうな場所を探しに市場に赴くも食指が動くような飯は見当たらず、結局宿近くの食堂でお茶を飲みながらの「朝フォー」。タイやラオス ...

船の揺れに任せて早めに目覚めると場所は対馬沖。天候に恵まれた薄霧の中の日本海を眺めた後はブレイクファスト・ブッフェ。昨晩の夕食時のメニューと何が違うんだろうと思いながらも、朝飯らしいチョイスにトライするも出来上がったのは「韓国風ナシ・チャンプル」的なやつ ...

良い心持で眠りに就いて数時間。上空を降下する航空機の爆音が激しくなる朝の8時前に起こされる「バランガイ・バサック(バサック集落)」のホテルの自室。知らずに予約した宿は「セブ・マクタン国際空港」へのランディング・ライン下にあるようで、昼夜引っ切り無しに上空を ...

シンガポール・ゲイランのロロン12のホーカーズで捕り物があった翌日早朝の5時に僕は「チャンギ国際空港」にいたらしいw早朝からハイ・テンションなオーストラリアンのオヤジと仲良くなっては世界中の風俗談議に花が咲いたり、航空機が眼前に見えるラウンジのような(しかし ...

旅先では気分が高揚しているのかストレスが無いためか、いくら遅く寝付いても朝が早い。足があるときはバイクで、無いときは歩きで近場を散策して朝の風景をスマホで撮影したりしながら寝起きの体を行動用にリセットする。サイパンには腐るほど訪れているので宿泊するホテル ...

と言うわけで、この数年間に「立ち食いそば店」で喰らったメニューを全羅列。(って言うか、ライブドア・ブログの画像アップロード最大画素数まで。)と、このコラージュ作っていて気が付いたのだが、もしかしたら僕チンこの2〜3年間、立ち食いそば屋で食ってないかも。昨年 ...

2010年前半に生死を彷徨った後にライフ・スタイルも変化して、日々の外食やおやつを画像に記録するようになった。そんな「使い道の無い」画像がPC 内やネット上のストレージ、クラウド内に何万枚もあり、古いものから整理・削除するついでのエントリー。基本的に同じようなカ ...

マリゴンドンの集落であるスバ・バスバスの宿からバイクで5分ほどの場所にある(寂れ気味な)ガイサノ・モールの中にジョリビーやチョウキンがあるのは知っていたので、開店時間を待ってバイクを飛ばしては入店したチョウキン(Chow King)。メニューは毎度の呑みの〆で利用 ...

昨夜は久しぶりの「少数民族B.B.Q.」でしこたま呑んだ後、〆のカップラ喰らって寝酒を呑んでいる途中でベッドに卒倒。 2日ぶりのベッドで泥のように眠り着き、朝方4時頃につけっぱなしのテレビの音で目が覚めた。 だだっ広い中華人民共和国本土ながら地域別の時間帯 ...

以前は朝食にステーキは喰えても刺身や寿司のような「生もの」は喰えなかったのだが近年は克服したのか喰わず嫌いだったのか喰えるようになった。2000年代後半に足繁く通った函館などは朝市の海鮮丼が名物で、中にはワン・コイン(JPY500)で喰らえる店などもたくさん市場内 ...

いつぞやに「とある日の2度目の朝食」的なエントリーしたものは、雨の帰国日の一度目の朝食だったのを画像フォルダを眺めていて今わかった。梅雨の中ながらも滞在中は差ほどの雨にも遭わず快適な滞在をした高雄は帰国の日の朝になって僕の帰国を悲しむかのごとく大雨。雨に濡 ...

呑んだくれて熟睡し早めに起きた台湾高雄の朝。とりあえず冷蔵庫から缶コーヒーを取り出して「目覚めのコーヒー」。あれこれ考えるのも面倒くさい旅先の朝飯は昨日の朝も利用した宿前の豆漿屋へ。昨日鹹豆漿をいただいたのでこの日はストレートの豆漿と肉まんで軽めに。宿の1 ...

香港尖沙咀(チムシャーツイ)キャメロン・ロードの吉野家はチョンキンマンションから近い事もあって良く利用する。「香港に来てまで吉野家は」と言う議論は無しにして、短い滞在でも訪れる事マスト。そこには日本で目にした事の無い光景やメニュー、オーダー方法や生姜など ...

前日午後一に高雄に着いたので朝食はこれが「初」。珍しく寝起きが良く朝からガッツリ喰えそうだったので、とりあえずは(ここ大事)事前にネットや動画サイトなどで当たりを付けていた「豆漿(トウチアン・豆乳)」の有名店へゴー。まだ朝7時頃だったので、寝間着にハーフパ ...

多分成田空港にあ東横インの部屋からの眺めだと思うが、「朝まだきの成田空港」。最近はものぐさに輪をかけて、午前出発便のフライトの時は、前日からの「前乗り」で成田空港周辺の安宿に宿泊している。とは言っても定宿があり、東横インになるのだが。成田空港にある東横イ ...

飲み過ぎた翌日のシンガポールでの朝食は、あっさりと「肉骨茶(バクテー)」で始めたいところだが、肉骨茶屋は大概昼前後に開店するため、まだ喰らっていなかった。 とりあえず昨晩の痛飲のシメに喰らおうと買っておいたシンガポール製の「出前一丁」を起きがけに喰らっ ...

日本にいようが海外にいようが食事はほぼ全てが「外食」で、家で喰うにも「テイク・アウト」か「デリバリー」のローテーション。 そんな「ジャンク食」を普通の人の2倍食べて2倍呑んで半世紀近くも生き続けているのに全く太らないのは、エネルギー消費の25%をつかさどる「 ...

華南地方滞在時の朝食のデフォルトは「中華粥」だ。 同時にサイド・メニューとして「油条(ヤウティウ)」や「焼売(シュウマイ)」をオーダーする。 焼売だろうが油条だろうが ...

バター・トーストにアイス・コーヒー。 それにワンタン麺をプラス。 これこそ「マカオ・スタイル」の朝食。 マジで。w ...