コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:打洛

中国・雲南省西双版納の南西端のビルマと国境を接する「国境街」の「打洛(ダーロウ)鎮」にあった全宿泊施設のファサードやエントランス様々。 「あった」と言うのは2007年に訪れたきり再訪していないので、その後の雲南省辺境の発展具合を鑑みると、多分この当時のほ ...

中国雲南省西端の、ビルマと国境を接する町「打洛(ダーロウ)」。 2007年の「西双版納大流浪」時に一度だけ訪れた国境街。この当時緬中間の陸路国境は正式には開いておらず、国境管理官がいない場所から蜜出入国して行き来した。緬中両国の国民は行き来自由らしかった ...

中国の雲南省西双版納(シーサンパンナ)を何ヶ月もかけて初めて流浪していた2007年。 ラオスとの国境街で過ごしたついでにバスを3〜4度乗り換え数時間かけてはビルマとの国境街にも訪れ滞在した。事前にビルマの入国ビザまで取って訪れながらも一般人に国境は開いておらず ...

数日前から「Google Drive」さんが勝手にどこかに僕自身がストレージした画像を探して来ては同期しまくっている。今日などは大容量画像のアップロードの是非を伺って来ては、O.K.すると共に数千枚の画像をアップし始める始末wただでさえ数十万枚もあるストレージ画像にまた ...

ここ数日自分自身に覇気がなく、何となく「五月病」的な雰囲気。とりあえず何もしたくないので、今いじっている画像をネタに。.........................................................................................................昨年9月に、ほぼ7年ぶりに訪れた雲 ...

中国雲南省南西部のどん詰まり。ビルマ(ミャンマー)と国境を接する町「打洛(ダーロウ)」中心部から、バイクを借りて訪れた口岸(国境)。その途中には両側に畑が広がり、畑を貫く街道脇には街路樹が植えられて、その木々や葉がアーチのようになっている。ビルマとの国境 ...

ガイド・ブックなどでは3〜4軒程の宿泊施設しか無い様に書かれる事が多い打洛(ダールオ)のアコモ。実際には国境の街として、また国境観光の街としての受け皿は大きく、公式に国境が開いていない今、供給は過多でそこそこのホテルでも安く宿泊する事ができる。大き目の賓館 ...

中国雲南省西双版納のダーロウ(打洛)と国境を挟んだ対岸にあるビルマの街モングラー(メンラー)。 この国境には、ひと頃は第三国人も行き来できる出入国ポイントがあるが、両国の情勢如何で現在は現地の人々でさえ出入り出来ない「名ばかり」の「口岸」だ。 しかし ...

中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)傣族自治州勐海県のドン詰まりの、ビルマと国境を接する「打洛」。 ここが中国語での本来の意味の「辺境」では無いかと思わせられるほどの辺境。 まぁ、そんな場所にも夜は訪れるわけで、宵の口にもなると「日本人辺境カメラマン ...

日本は陸路の国境を持たない国なので「陸路国境」と言う概念は薄いし、それに対する知識も少ない。陸路国境と一口で言っても、中には数十メートルしか接していない国境もあれば、数千キロメートル以上もの長さの国境も存在する。そんな「数千キロメートル」もの国境線を絶え ...

中国南西部のドン詰まり。ビルマと国境を接する雲南省西双版納の打洛。国境線上の街と言うものは、得てして治安が良くなく・怪しく・猥雑な場所が多いものだが、この街は「安定している」と言うか何か落ち着き払った感がある街で、雲南省辺境部の貧しさはあるものの「諦め」 ...

暇な時間が出来ると、昔撮ったフィルムや紙焼きのスキャンニングをして画像のデジタル化をしている。基本的にフィルム・カメラを旅に持っては行かなくなったけれど、本当はBeLomo社の「AGAT 18」か「AGAT 18K」を持って行きたいと思っている。今日いろいろとネット・サーフし ...

「辺境カメラマン」のコイワカメラです。今日はそんな肩書きにふさわしい場所の画像と共にお届けします。w雲南(ユンナン)省の西双版納(シーサンパンナ・シーシュアンバンナー)西側のドン詰まりの、ビルマと国境を接する街「打洛(ダーロウ)」。この辺まで来ると少数民 ...

中国雲南省西双版納タイ族自治州モンハイ県の、ビルマと国境を接する中国ドン詰まりの街「打洛(ダーロウ)」。その街の中心を横断するように流れる「打洛江」。本流は子供達の水遊び場だったり、近所の主婦達の洗濯場だったり。支流は田畑への用水路代わりに利用され、農耕 ...

中国・雲南省の南には2000キロほどの国境を接してビルマ(緬甸)がある。西双版納・モンハイ県の打洛にはビルマとの出入国ポイントがあるが、長らく開放されておらず国境は閉ざされたままだ。この街と国境を接する形で隣り合うビルマ側の街はモングラー(モンラー、メンラー ...

国内でも国外でも、旅先では何故か眠りが浅い。 誰しもそうであろうが、我が家の、自分の匂いが微かにする、寝なれた自分のベッドで眠りに付く事が一番だろう。 しかし旅に出る。 それが自分で望んだライフ・スタイルなのだからしょうがない。 旅先には、毎日き ...

藤田保健衛生大学の皆様、5ヶ月ぶり2回目のご訪問ありがとうございます。 川崎医科大学の皆様、お初のご訪問ありがとうございます。 早稲田大学の有志の方、この10ヶ月の間に20回ものご訪問、痛み入ります。 と、一連のお約束を終えたところで、今日のネタを。 ...