コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:広東省

13年前の2009年の今日。僕はマカオにいた。広西の首府・南寧まで空路で、その後陸路を伝ってベトナム北部まで赴き滞在し、帰路の南寧で数日過ごしてからマカオに戻って通常の日々。定宿や周辺に山ほどの小姐がいるのにもかかわらず、よっぽど暇だったのか内港対岸の珠海市の ...

地を這う旅 〜 広州 → 昆明(クンミン) (鉄路移動・広東省内)放送された当時から「電波少年」の猿岩石のヒッチ・ハイクの旅にあこがれていた。放送当時僕はもうすでに家庭を持っていてサラリー・マンだったため番組のような旅はできるはずも無かった。それから10何 ...

越秀公園と中山記念堂昆明に向かうために訪れた広州だが希望のチケットが取れなかったため予定に無い3日間をここで過ごすことになった。行き当たりばったりで訪れたためガイドブックなし、地図なし、予備知識なしの状態。久しぶりに手探りの旅を楽しんだ。色々と見た中でも ...

地を這う旅 2007 〜 広州今まで何度も中国を訪れてはいるものの珠海デルタエリアから出た事が無かった。今回は陸路で雲南に向かうためのチケット確保のために滞在を余儀なくされたためだ。初めての「リアル・チャイナ」。 香港(ホンコン)、澳門(マカオ)、珠海(チューハ ...

先週の続き。 雲南省西双版納へ向かう途中のストップオーバー滞在。目的の無いチケット待機の2泊3日。マカオ内港向かい側に位置する珠海市・湾仔からバスに乗り込みゴンベイで乗り換えては広州市へ。チケットをゲットして出発待ちの3日間。 待機のための滞在なのでさして目 ...

マカオから中国本土の広州に向かい鉄路で雲南省昆明に向かおうとしたら2日後のチケットしかないとの事で余儀なく滞在を強いられた広州市。一度マカオに戻ろうかとも思ったけれどそんな事もあるかと宿を探して荷物を降ろす。華南最大の街中ですることも見るべき物や場所もたく ...

ひと頃はマカオに滞在するたび訪れては行きつけの髪廊まであった珠海市の湾仔(ワンツァイ)。マカオ内港区からはフェリーで10分程度で赴ける気軽な「海外」だったけど近年はご無沙汰。市場と海鮮街を中心に広がるこじんまりとした下町だけど、開発が進む拱北(ゴンベイ)に ...

2010年の旧正月前後にマカオに滞在中、旧正月前夜から宿代が3倍になると告げられてはマカオを離れて流浪した中国各所の旅の空。 とりあえずは広東省・珠海のアパートで過ごし福建省・厦門のコロンス島や台湾・金門島を経て結局は西双版納(シーサンパンナ)に向かってし ...

「今日のウイグルは明日のホンコン明後日のマカオ&タイワン明々後日のニホン、ベトナム、モンゴル、ブータン&カシミールだ。」 その前にビルマ、ラオスもやばいかな。あとアフリカ各国もね。ちなみに香港沖南側には「万山諸島」と言うたくさんの島々があるけれど、これ ...

マカオの隣町の中国広東省の珠海市拱北には、僕ののマカオでの定宿がある内港区からバスで15分ほどで赴けるので、必然的にマカオ滞在中は毎回訪れる。 写真も撮ることには撮るのだが、いかんせんかずが少ないのは被写体として興味が湧かないからか何かw2000年代前半は「 ...

不必要に突然宿泊しなければならなくなった広東省広州市の中心部で、日々特にする事も無く暇つぶしで訪れた「中山記念堂」。 先に訪れた「越秀公園」に接しているのでついでのついで。 これ以前にマカオの「中山記念館」も既に見学済みだったので、比較がてらに。「中 ...

広東省珠海市の湾仔はマカオ内港と200メートル幅ほどの汽水で分かつ対岸の町。 経済特区ながら北部のマカオと陸路ボーダーで接する「拱北(ゴンベイ)」の発展速度に到底追いつかない、未だ片田舎な雰囲気を残す集落。とは言うものの、僕自身もこの十数年訪れて無く対岸 ...

越秀山を囲む6つの丘からなる市内最大の公園。明代からの景勝地で古刹や革命を記念する建物も多い。園内には、東秀・南秀・北秀と名付けられた人造湖が点在する。丘の頂上には、明代初めに建てられた朱塗りの木造5層の鎮海楼があり、今は広州博物館として一般公開されて ...

中国、広東省の広州市には何度か訪れ滞在もしているけれど、いつも内陸に向かうストップオーバー的な滞在・訪問なのと、広州市自体が広くどこへ行っても波波の人の多さに辟易しては必要以上の街歩きをしなくなってしまう。 初めて訪れた時は地下鉄やバスを駆使しては結 ...

まだ「退廃髪廊」全盛の中国本土にはそこでの施術が目的で行き来したほどw 広東省の珠海市拱北(ゴンベイ)はマカオとボーダーを挟んだ隣街なのでことさらに足繁く通い、珠海市だけで一日に三度マカオから行き来することも一度や二度では無い。 そんな珠海市拱北にあ ...

中華人民共和国広東省の珠海市湾仔は行政特区・澳門内港と200メートルほどの幅の汽水を挟んだ対岸にある経済特区の一部だ。澳門人や香港人、第三国人は自由にフェリーに乗り込んでは両岸を行き来出来るけれど、大陸側中国人は(パスポート・コントロールがあるため)簡単に澳 ...

澳門立法会の総選挙の喧騒を逃れるため「議事亭前地」に面した日本料理屋でブランチを済ませては内港対岸の広東省珠海湾仔へ。 数多あるホテルの中のひとつに併設されている「健康中心」でフルコース施術w その後澳門に戻っていつものような一日を過ごし、翌日の早い ...

澳門から日本へ帰国する日。朝から澳門は曇り空で、前日の天気予報は豪雨ながらまだくすぶる程度で、傘無しで過ごせた。午前のおやつ時に街中からフェリー・ターミナルに着くころには雨足も激しくなり、フェリーに乗り込んだ頃には豪雨に変わっていた。洋上の広東省珠海市離 ...

世界遺産登録されたばかりの澳門の至る所で、または対岸から。昼ごろにゆっくりマジネタ、エントリーします。シックスサマナ 第23号 真実の愛の果てに [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア・写真)SIXSAMANA2016-02-25 4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG ...

只今鋭意雑誌用の画像編集中。画像は昨日のネタ流れで「シンセン空港」。週明けにはまともにエントリーします。シックスサマナ 第20号 真夏の夜の被害妄想 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア・写真)SIXSAMANA2015-07-10 4TRAVEL B級グルメ HONG・K ...

以前から思ってはいるのだが、僕の中で香港や澳門を「中国(中華人民共和国)」の一部だと言う事に違和感がある。実際に、香港が中国に返還される1997年以前はイギリスだったし、澳門は1999年以前はポルトガルだった事実や歴史・思い出が入り乱れては、未だ「一国二制度(一 ...

まだ僕自身の中国語会話がおぼつかなかった2000年頃。 中国本土に向かう際には、必ずや持って行った「旅の指差し会話帳」。 近年は「会話本」どころか、ガイド・ブックさえも持たずに移動し滞在している。 ...

以前の珠海の髪廊で施術してくれる小姐のレベルはマカオの賓館小姐予備軍の様なもので、全体的なレベルはマカオに比べ低いものの、数多いる中にはダイヤモンドの原石の様な小姐もたまにはいた。 実際にビザの関係なのか滞在期限の問題なのか、短期間の間にマカオ・珠海間を ...

初めて利用する空港って、使い勝手がわからず戸惑う事がある。 その上広いときたら、戸惑う所ではない。 その上、その広さが半端なかったら、戸惑うどころの話ではない。 そんな中国本土の広東省の広州にある「広州白雲空港」。 香港国際空港より広いのでは? ...

前回髪を切ったのは、多分に中国本土の珠海の「髪廊(ファーランだなw)」だったような気がする。 それは前回マカオに滞在した時の事なので、4月の末かなぁ。 意思の疎通がうまく行かず、「市川隼人」にしてもらうつもりが「市川亀冶郎」にされちまったので、必然的に「板 ...

ここ一年ほど、フリー・ポートでありながら煙草の持ち込みについては頑なに厳しい制限をしている香港政庁。 海外からの持ち込みは、成人一人3パックまで。 3カートンではないですよ。 3パックですよ。奥さん。 まぁ、そんな規制を敷きながら、僕は今迄香港入境で ...

「廃退髪廊」のお決まりである、「施術用の椅子で眠りこける小姐」を横目に見ながら、店の2階にある「按摩部屋」へ向う。 結局は部屋に行って「做愛」の交渉だけして、それ専用の離れに向う。 あぁ、何と味気ない流れ作業。 その昔は、按摩されながら小姐とじゃれ ...

珠海の拱北に来ると、必ず一度は立ち寄る「髪廊街」。 以前は通り中にあった「髪廊」も今は20軒ほどだろうか。 通りの入り口にある2軒の髪廊は、まだまともな商売もしているが、屋台が密集しているエリアを通り抜け、その奥にある10軒以上ある髪廊の3分の2は、今や「廃 ...

多くの、数多ある風俗を、格安で楽しめる「珠海」だが、僕はこの街では「髪廊」を利用するほどなので、「数多ある風俗」はまたの機会だ。 そんな行きつけの「髪廊街」に向う道すがら、なにやら最近はウイグル族の「ドライ・フルーツ屋台」を多く見かける。 本土中国で ...

今日の「論点」も、決して小姐では無く、その背後に存在する「カーテン」であるはずだ。w (ここ近日にコメントを頂いて、「レスもらってね〜よ」と憤慨の常連様方。 水曜日には「OFF−DUTY」になるので、まとめてレスるか、エントリーで記事にしたいと ...

このブログの記事で、時々話題にする「髪廊」。 風俗のように捉えてる人もいるだろうが、本来は「理容・美容室」だ。 日本のそれとはチト違い、ファイシャル・マッサージや全身マッサージなどの施術もしてくれる。 スペシャル・マッサージ(HJ)や、「いたす」事も ...

ここ最近「G-DIARY」の影響なのか何なのか、「珠海 風俗」とか「珠海 夜遊び」とかのキーワードで訪れる人が多い。 以前も書いたのだが、珠海はマカオ滞在中、一日に必ず一度は訪れるので、風俗情報も無いわけでは無いのだが、画像ありきで書き込んでいるため、その「画 ...

手っ取り早いコミュ二ケーション手段として、ポラロイド・カメラを持ち歩いている。 小姐達を撮る事が多いのだが、たまにパンピーにも撮ってくれとリクエストされる。 普段は、「売春」「ドラッグ」「暴動」「マフィアの抗争」と、アンダーグランドな写真ばかり撮っている ...