コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ

タグ:大来賓館

先週の続きで。 新たな宿に寄宿して深夜4時過ぎ。宿のロビーでは数人の小姐を囲んで数人の男たちが彼女たちを囲む。僕も男たちの中に紛れてはスナックをつまみながらビールを一本。男たちが小姐と部屋にタレこんだり帰宅したりしては残った小姐たちと僕でテーブルを囲んでは ...

2008年12月始めに日本に帰国し慌しい年末年始を過ごしては2009年の1月10日あたりから東北地方をツアーしながらのお仕事。(多分)1月末に帰京し2月になってまたマカオへ。 この時は定宿で過ごす日々にマンネリ感を抱いては宿を変えてマカオで過ごす事をテーマに訪澳した。さ ...

マカオの賓館の話になると何かと卑下されてはいじられることの多い「大来賓館」。 お化けがいたとか妖怪が揃ってるとか、まぁ言われたい放題w僕も何度か利用しているけど、定宿の小姐たちのレベルが高めばかりなので「味変」で見学に赴くw「大来」の上には以前「栄華賓 ...

この時の澳門滞在は趣向を変えて、あえて定宿をアボイドして「大来」に宿泊。近年は昔「華麗賓館」だった3階ロビーにたむろする事が多い小姐たちはまだ2階のロビーに巣食っていた。小姐のレベルは「富城」や「富麗」「文華」と比べようもなく「若い和平」と言ったレベルだっ ...

今日は忙しいわけでもなく、仕事に煮詰まっているわけでもなく、ただ単に一日中「特に何も考えないまま呑みの時間を迎えた」だけ。明日・明後日が忙しそうなので、その準備のような一日。このまま何も深く考えないまま酔いに就きたいので「GOLDEN DAYS」w2006年頃の澳門での ...

マカオの典型的な「安宿風情」を感じさせてくれる「大来」。思いっきり「場末感」が漂っている。もう、宿泊する事は無いだろうなぁ。小姐チェックには毎度訪れてはいますが。wこんな場所でもビールは呑むよな。ただただ小姐チェックだけしていても場がもたねぇし。w ...