コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:国際通り

座間味の阿嘉島で数日過ごして帰京のために那覇に戻りまた数日過ごした2016年10月。まだ牧志市場が市場本通りにある移転前で、街中も観光客であふれ返っていた通常営業の那覇市内。帰京前のストップオーバー滞在だったので特にイベントも入れずにただただ暮らすように過ごし ...

事情があっていつものコンドミニアムに宿泊出来なくて予約を入れた「東横INN・那覇見栄橋駅」。東横INN の利用自体は10年ぶりぐらいで10年前までは年間50泊くらい、トータルで300泊くらいは利用していたほどの「東横INN リピーター」だった。そんな東横INN も567渦の中、食べ ...

近年の那覇市内の滞在で定宿となりつつある「コンドミニオ マキシ」。「暮らすように旅する」事が信条の僕には家財道具のついた部屋は滞在にうってつけなので選択肢一番の宿の条件。1K のマンションのような造りで長期滞在には至極便利。ロケーション的にも駅から程近く、マ ...

先週僕は沖縄県の那覇市にいた。(ってか、まだいるけど。) 今回は仕事も伴わずバイクにも乗らないつもりなので、暮らすようにダラダラ過ごしている。 仕事を抱えてないので撮影のために移動したり動き回ったりしなくて良いので好き勝手に飲み食いしてる。それでも気 ...

実は先週末の連休でまた沖縄に向かおうと思っていたけど、仕事じゃぁないし非常事態宣言下だしでやめた。 先々週は那覇にいて、その前の週は宮古島にいたけど。 宮古島での滞在は晴天下の炎天下。 那覇は一変した台風の最中で外出もはばかられるほど。 そんな那覇 ...

先週・先々週の続きで。時期的にも同じ2016年ころ。 タイムリーに先週この場をそぞろ歩いては最新の状況を観察してきた。567禍の影響と台風が直撃したためなのか多くの個人商店が閉じていて寂しい思いをしたけれど、営業している店舗は元気に頑張っていた。そんな画像は次回 ...

先週の続き。 僕的にはタイムリーな沖縄・那覇帰りの身w懐かしいと言うよりさっきまでいた。画像自体は2016年時の滞在もの。今回の滞在の画像はまたに。機会を見てw シックスサマナ 第37号 俺たちのドリームハウスクーロン黒沢(著)、鈴本リク(著)、コイワカメラ(巻末 ...

この時の那覇滞在もナガンヌ島滞在のストップオーバー。那覇市内で特に行きたい場所や赴きたい場所がないので結局は被写体探しにカメラを携えて向かうは市場。久しぶり訪れて変化を確認したいのか、飯を食らいたいのか、夜呑みの場所を探しているのか、お土産の下見か、はた ...

沖縄・那覇中心部のマーケットの昼夜 パート5。この時の那覇市内の画像は主に石垣島への行き来の途中の滞在時のもの。ツレがいたので赴く場所は全てツレ任せの他力本願w看板のフォントや標識の表示、商品の陳列方法に「東南アジア」を感じさせる那覇の町並み。本州在住者には ...

沖縄・那覇市中心部のマーケット・シリーズ パート4。国際通りや市場通りを行ったり来たり。市場の概念が希薄な首都圏から訪れるとどうしても市場散策が止まらないのは市場を中心に栄えた街並みの珍しさ。にぎやかな、活気のある商店街ってのも今や全国的に稀有で、昭和の美 ...

那覇のマーケット特集のパート3。 今回は市場通りから脇道にそれて広がる「まちぐゎー」の数々。 庶民的な商材や街並みやおばぁー達や。日本の本土ではなく東南アジアでもない。どちらかと言うと東南アジアよりのアジアの雰囲気のある沖縄・那覇市内のたたずまい。アジアし ...

先週の続編。 今まで訪れては滞在した那覇市街地のマーケットの様子を時系列で羅列しながら。生鮮品だけでなく食堂のメニューでさえ想像のつかないものばかりだった初めての沖縄滞在。今では離島の商店が一つしかないような場所でも何不自由なく過ごせるほどにw人の慣 ...

10年ほど前から、年に1〜2度は訪れる沖縄県。滞在は離島にするにしてもベースになるのはやはり那覇。辺境へ向かう前日と帰路の一日は必ず那覇で過ごすので、必然的に中心部のマーケット・エリアである国際通りやその奥の「まちぐゎー(ローカルの商店街)」はうろつくわけで。 ...

4週にわたって続く「旧牧志市場で」。 市場を中心に数多の商店街が迷路のように入り混じる「旧牧志市場」周辺。韓国ソウル市の「南大門市場」などの市場周辺やマカオ・ホンコンの「街市」周辺、また日本でも「築地市場」周辺などは同じような印象。アジアの前世代の ...

これも先々週からのシリーズのパート3。 那覇中心部にあった旧牧志市場とその周辺の佇まい。 年に1〜2度は必ずや訪れるので、その度に市場周辺を散策しては時に水平移動し、時に垂直移動し記録する「記録撮影厨」w地方都市の市場に赴いて感じるのは、僕が子供の頃の ...

先週やった「旧牧志市場周辺で」は思い入れと思い出が多すぎて一度では終われない。  からのパート2。 今回は初めて沖縄に訪れた時の衝動と共に写した旧牧志市場周辺。 首都圏ではなかなか身近に感じられない「市場」が街の中心部にあるのは感覚的に発展途上のア ...

このコロナ禍になる前は年に一度は足を運んだ沖縄も、今訪れるのはチトはばかられる雰囲気で足が遠のいては懐かしい限りw那覇市内に滞在中はほぼ毎日通う「旧牧志市場」は僕にとってのテーマパークのようなもの。隣接する沖縄土産の品揃えが充実する「ドンキホーテ」も相 ...

事前の調査で、宿泊した宿の近くである牧志駅近辺で一人夜呑むなら「国際通り屋台村」が良いとのことで向うも、途中で良い雰囲気の居酒屋があり入店してしまった。フロアーとキッチンの呼吸がいまいち合っていないような雰囲気はあったが、つまみも酒の種類も文句なく、数種 ...

沖縄は近年、年に一度は赴くけれど「長期滞在」と言う場面が無いので結果「定宿」が無い。那覇市内などは離島や北部へのツーリング時の行き帰りに必ずや2泊はする場所ながら「これ!」と言った宿が未だ見つからずだ。そんな那覇市内で今年5月の訪問時の到着日に一泊だけした ...

旅に出る度に仕事仲間にはお土産を購入している。そんな中の先月の沖縄旅では珍しく自分用にもお土産を買った。 数年前まで「moussy」や「rienda」「murua」などが店子で入る沖縄OPAだったテナント・ビルが近年全館「ドンキホーテ」に変わり、お土産を買うついでに自分用に ...

僕がまだ沖縄に行ったことが無かった2009年ごろは、沖縄本島南部の観光地でもあるおきなわワールド「玉泉洞」のお土産コーナーの一角にある試飲スペースしかなかった「35コーヒー」は今や那覇市内中心部の駅ごとに店舗があるイメージ。年一でここ4〜5年沖縄通いをしながらも ...

今年初めの沖縄旅は、沖縄初訪問のツレと一緒なので旅中なるべくコテコテのローカル・フードで攻めた。滞在初日の夜はツレがムックやネットで調べては見つけたらしい国際通りに近い沖縄料理屋の「南来実(なんくるみー)」で。乾杯の「オリオン・ビール生」から始まって「海 ...

少なくても一年に一回は沖縄の離島で過ごすようにしている近年。フライトの時間の関係で、どうしても那覇市内に行き返りに一泊ずつしなければならない事が多かったり、あえて那覇で過ごしたかったり。春の渡嘉敷島からの帰り道で宿泊した那覇市内の中心部、国際通りの脇道に ...

最終目的地の渡嘉敷島へ向うためストップオーバーで宿泊した那覇の「ホテル・エアウェイ」。楽天かじゃらんで事前予約して、一泊JPY4000位だったはずのビジホ。特筆すべきは無いし、印象的には「安宿」のビジホなのだが、室内の雰囲気が始めての沖縄でベース・キャンプ代わり ...

今年初頭の沖縄旅では那覇には一泊しただけで、呑みも「部屋呑み」だったのだけれど、酔いに任せて深夜に外出しては〆の何某かを探索。さすがに沖縄の首府ながら、深夜に営業している店など居酒屋かチェーン系のファースト・フードくらいが関の山で、迷いまくってたどり着い ...