コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:南寧

函館滞在から都内の自宅に戻った2日後に、香港行きの早朝便に乗り込むために成田空港近辺に前のり宿泊。 翌朝香港に向かい空港で内地行きのバスに乗って広州へ。広州白雲空港から南寧郊外の空港に到着してはエアポートリモで市内へ。市内に到着するころには既に真っ暗な街中 ...

11年前の今日の「2009年8月31日」。 中国広西の南寧に滞在していた僕は鉄道でベトナムとの国境へ向かうため憑祥(ピンシャン)行きのローカル電車に乗り込む。 国境である「友誼関」に辿り着いてはベトナムへ入国し国境街の「Lang Son(ランソン)」中心部で荷を下ろす ...

宿から徒歩で20〜30分ほど離れていても美味い酒が呑めるとわかればその道のりも苦では無いのはご存知w 広西壮族自治区の首府・南寧に滞在中「夜呑み」の場所を探していて辿り着いた「中山路夜市」。世界各国の中華圏の盛り場で、この場ほど活気のある場所を見た事が無 ...

今夜は手抜きネタでw  View this post on Instagram #china #guangxi #nanning #nightview #railwaystation #travelphotography #中国 #広西壮族自治区 #広西チワン族自治区 #広西 #南寧 #ナンニン #南寧駅 #鉄道駅 #旅行写真 #辺境カメラマン #frontierp ...

 澳門のみならず、初めて訪れるベトナム・ランソンでも中国・南寧でも、夜になれば酒は呑むわけで。 陸路南寧からベトナムに入国し、その後バイスバーサで南寧に陸路で戻り空路広州に飛んではバスで澳門まで戻った「ベトナム行」の日々の中での飲酒の瞬間。 ベトナム・ラ ...

南寧でのストップ・オーバー的な滞在を切り上げて広州を経由して澳門に帰る。漂うような「流浪の旅」をしながら気に入った街があれば長く滞在し、気に入らなければすぐ移動するような判断をする中で、この旅で初めて訪れた街は再訪したくなるような街ばかりでよく覚えている ...

 滞在中の南寧市内の中山路で毎夜「夜市(ナイト・マーケット)」が行われているのを知り駅前の宿から向う。地図上では2キロ弱で、歩いて行き返り出来る距離なので街の繁華なエリアを縦断するようにトボトボと向う。まだSC(ショッピング・センター)などは結構な集客をして ...

憑祥 (凭祥・ピンシャン)では大した時間を過ごしたわけでは無いけれど、華南地方にありながらの辺境加減を気に入ってか結構な枚数の写真を撮った。それほどまでに肌に合った街でのストップ・オーバーを終えては南寧の街へ帰る。憑祥の中心部に出てバスタに向うと、その周辺 ...

朝、なるべく早めに「南寧鉄道駅」に向っては次の目的地である「憑祥 (凭祥・ピンシャン)」へ向うチケットを手配する。 乗り込んだ広西壮族自治区(広西省)を縦断するローカル列車は、中国地方農民が主に利用するローカル線ながら思ったより崩れていない若い人たちが多く ...

2009年の離婚直前の日々は国内の地方都市や海外での撮影が連続であり、ほぼ東京の自宅で過ごさなかった。その方が僕にも家族にも好都合な雰囲気だった。この旅以前は函館にいて都内の自宅に戻っては一泊だけしてすぐ成田に向った記憶。チャイナ・エアーの早朝便で台北を経由 ...

ベトナムへ広西から陸路で向うために往路はバタバタと通過しただけの南寧の街も復路はゆっくり滞在しては夜呑みにナイト・マーケットへ。海岸線は狭いながらも名勝「北海」からの海の幸と内陸部からの山の幸・河の幸が居並ぶ中山街夜市でのアテの選択肢は多すぎるほど。各店 ...

ここ最近、澳門や台北で青島(チンタオ)の「純生(DRAFT)」を薦められて良く呑む。 味は良くある南国の薄味ビールで、何が「生」なのか良く分からないが、まぁ「生(DRAFT)」なのだろう。 記憶と言うものは曖昧で、このビールも最近発売されて「プロモート」して ...

南寧中山路にて。南寧で一杯。 ...

もともと優柔不断ではないし、せっかちな性格なので日々の「食の選択」に困る方では無いが、南寧市中山路の夜市ではそんな僕でも結構優柔。こんな豊富な食材を店頭に並べた露店が1キロメートル以上軒を連ねるのだ。迷うぜ。(結局どこの店で喰ってもたいして変わりは無いんだ ...

省土の広さに比べて北海を中心にした150キロメートルほどの(僅かな)海岸線しか持たず、南寧市自体が海沿いの街と言うわけでも無いのにこの通りの「海鮮ぶり」は何なのだろう。「目黒の秋刀魚」を連想してしまう。 ...

去年ベトナム旅行を終えてマカオに帰り、恒例の珠海(チューハイ)詣でに行こうとした時の事。その時僕は風邪をひいていて熱があったのだけれど、前日の珠海・湾仔(ワンチャイ)入境時には引っかからなかった「新型インフルエンザ」のための体温チェックに拱北(ゴンベイ) ...

広西・南寧(ナンニン)の中心部は鉄道駅から南部に2キロほど離れた場所にあり、そこには「中山路」と言う1キロほどの路地がある。昼間は普通に車の行き来する「商店街」風情の通りだが、夜になると通りを埋め尽くすほどの屋台や露店がひしめき、通りは歩行者天国になる。も ...

深夜に南寧中心部に着き、宿を取って間髪入れずに憑祥行きのチケットを手配しに南寧駅に向かうと、駅前の広場のベンチに座ったり横になったりする人民が数人どころではなくいるのが目に入る。画像は思いっきりレタッチして明るくしてあるけれど、実際にはほとんど「闇」で、 ...

中国の「髪廊」にはまともな施術のみの店と「退廃髪廊」と呼ばれる退廃行為もしてくれる店の2種類あって、ネットなどでもその違いの見分け方がよく話題になる。 (まぁ、僕もこのブログでしばしば書いてるので、知ってる人は知ってるだろうが。) そんな見分け方のひとつで ...

この一年の間に訪れた街で結構気に入ったのが広西壮族自治区の首府南寧だ。 訪れたのが8月末と9月中旬だったので、先月初めて訪れたアモイやコロンス島、金門などとは時期的に比べようが無いが、それを差し引いても南寧はいい街だった。 8月当時はまだマカオからの航空便は ...

一昨日に帰省客で混雑する新幹線の待合室で乗車待ちしていて、ふと中国本土の鉄道待合室の喧騒を思い出した。 日本だろうと中国だろうと同じような共通する印象はさすが「アジア」だなぁ。 また今日もこの喧騒の中に身を任すのかぁ。 ...

この一週間、ネット環境への入り口は携帯だけだったので、普段差ほどいじらない携帯をいじりまくっていたら、9月に広西壮族自治区の首府南寧の屋台街「中山路」の通りに行き来する店員兼呼び込みの動画を見つけた。 旅に出ると画像を日に数百枚も撮るので、撮った事を忘れ ...

契約上の手続きを忘れていて、ネット接続を切断されてはや一週間。 やっと全ての手続きが完了したらしく、久々にPCからの書き込みです。 この一週間は携帯からの「モブログ」だったのだが、やはり携帯のキー操作はストレスがたまる。 PCのキーボードでの書き込みだと携帯に ...

広州に帰るフライトのため南寧の空港に着いたが、思っていたより早く到着してしまいボーディング・エリア内のカフェでアイス・コーヒーを注文して時間をつぶす。 中国本土もここまで来ると喫煙に対してのハードルも低くなり、国際空港ながらもスモーキング・ルーム以外にも ...

ベトナムへの陸路出入国の前後に宿を取った「南寧」。 南寧を出た列車の終着駅がどこなのか定かではなかったため、事前調査のために珍しく購入した「地球の歩き方」に載っていた「迎賓飯店」。 駅前の大通りに面した宿などは、普段は宿泊する気も起きないのだが ...

南寧の駅前の定宿(既に!)から、屋台街である「中山路」に向かう途中にあった交差点。 「広場」じゃねーぞ。 「交差点」だぞ。 ビュンビュン車が行き交ってるぞ。 こんな、ただっ広い交差点、どう渡ればいいのか分からねぇ。 でも大丈夫。 ジモティーに付 ...

結構な頻度で中国国内の列車に乗って来たが、この間迄「硬臥(2等寝台)」ばかりだった。 何十時間もの移動でも、「座(座席)」と「臥(寝台)」では、四六時中座っているのと、180度横になれるのには雲泥の差が有る。 今までは、長距離列車ばかりだったので、「安さ」よ ...

広西の首府である南寧から、ベトナムとの国境を接する憑祥に「火車(列車)」で向かう。 5〜6年前まで以前、南寧を出た「火車」の快速は長い間憑祥北駅が終点だった。 その後2〜3年間は、憑祥北駅の2つ先の「憑祥南駅」が終点駅として利用された。 そして今現在 ...

ネット上で、中国のB級グルメの話題になると、必ず登場する「ぶっかけ飯」。 中国国内での正式名称は「快食/快餐」などと書かれているのをよく見かけるが。 日本での「ぶっかけ飯」の名前の由来は、テイク・アウト時にご飯を敷き詰めたパックの上に、無造作にチョイスした ...

広州発南寧行きのフライトは、例に漏れず30分遅れ。 中国国内の飛行機って、「欠航」とか「ディレイ」とかやたら多いよね。 バス感覚なのかなぁ。w ...

地元ではない「アウェイ」な場所に、心地よく滞在できるべく「ファクター」は、僕にとっては「食」の充実度如何による。 人が生活をしている以上は、「必要絶対条件」である朝飯・昼飯は、何処に赴こうが「最低限」の食の存在はある。 問題は、僕のように「呑む事 ...

首府である「南寧」どころか、「広西壮(チワン)族自治区」と言う「呼称」自体が、あまり日本人には馴染みが少ない。 (その背景には、中国本土政府が抱える「民族問題」や「宗教政策」が垣間見えるのだが、それはそれとして「国策」であるので、言及は避けるが。 ...

中国本土の長距離列車に乗り込む前に用意する物と言えば、カップ・ラーメンとフルーツ・ヨーグルト・ドリンクか。 一等寝台車だろうが、二等硬座だろうが、その昔は「お茶」のお湯追加用だった「熱湯給水機」は今や「カップ・ラーメン用給湯機」となり、乗客のほ ...