マカオの路地裏を漫ろ歩いていて、ふと現れる何気ない「祠」。古くからある路地には必ずと言っていいほど、マカオの至るところに祭られている。近所に住むローカルは、そんな場所を行き来する度に、その祠の前で足を止めては一礼を捧げて娑婆の暮らしに戻る。それは「信心」 ...