コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:中華人民共和国

吉林广播电视台(Jilin Radio and TV Station 简称:JLRTV)是吉林省政府直属正厅级事业单位,由原吉林人民广播电台和吉林电视台机构整合组建。于2018年10月31日正式成立 。现拥有9套广播频率,全天播音216小时 ;拥有2套卫星电视频道(代管延边卫视),7套地面电视频道,2套 ...

地を這う旅 〜 景洪(ジンホン)→ 勐腊(モンラー)→ 磨憨(モーハン)景洪(ジンホン)から勐腊(モンラー)まで約6時間。 勐腊でミニ・バスに乗り換え更に1時間半。やっとの事で一番の目的地「磨憨(モーハン)」に着く。この旅全体で、この区間が一番辛かった。  ...

地を這う旅 〜 昆明(クンミン)→ 景洪(ジンホン)この旅の最初の目的地である磨憨(モーハン)へは広州を出発してから車中泊のみで一度も宿に泊まらず一気通貫した。広州から昆明までの26時間の列車の旅の後、数時間の休憩の後10時間のバス旅。まるで「ウルルン滞在 ...

地を這う旅 〜 広州→昆明(クンミン) (雲南省内)中国の鉄道は、ひたすらに川沿いを走っていく。川沿いに街や交通の要所があるためだがその街街は鉄道が引かれた後に栄えたのではなく鉄道が引かれるより前に船を交通手段として川を中心に街が成り立った名残だろう。雲 ...

地を這う旅 〜 広州→昆明(クンミン) (貴州省内)広州・広西では泥土にバナナ畑が広がる風景が貴州に入るとラテライトに菜の花畑の広がる風景に変わる。僕らの乗った列車は広州の「田林」駅を出てからは貴州省の南西を翳めるかのように一気に雲南省との境界の街「興義 ...

地を這う旅 〜 広州 → 昆明(クンミン) (広西壮族自治区内)広州から昆明に向かう列車が広西壮族自治区を通るのは往路も復路も夜中だ。中国は軍事上の機密のため詳細な地図を作成しないと言われているが、この自治区にも何かしらの軍事施設でも在るのだろうか。 なんて ...

地を這う旅 〜 広州 → 昆明(クンミン) (鉄路移動・広東省内)放送された当時から「電波少年」の猿岩石のヒッチ・ハイクの旅にあこがれていた。放送当時僕はもうすでに家庭を持っていてサラリー・マンだったため番組のような旅はできるはずも無かった。それから10何 ...

越秀公園と中山記念堂昆明に向かうために訪れた広州だが希望のチケットが取れなかったため予定に無い3日間をここで過ごすことになった。行き当たりばったりで訪れたためガイドブックなし、地図なし、予備知識なしの状態。久しぶりに手探りの旅を楽しんだ。色々と見た中でも ...

16年前の2006年の今日。僕はマカオの定宿にいた。この日記録したのは同じ宿に宿泊する大陸からの出稼ぎ小姐たちだけで、朝飯を食らったであろう粥専家や夜呑みしたであろう大興麺家での画像も無ければ世界遺産の画像も無い。他の小姐画像をチェックしながら鑑みると、日がな ...

地を這う旅 2007 〜 広州今まで何度も中国を訪れてはいるものの珠海デルタエリアから出た事が無かった。今回は陸路で雲南に向かうためのチケット確保のために滞在を余儀なくされたためだ。初めての「リアル・チャイナ」。 香港(ホンコン)、澳門(マカオ)、珠海(チューハ ...

西双版納(シーサンパンナ) エリアでの長期滞在を終えてアジトのあるマカオへ戻る途中の雲南省の首府・昆明滞在。長距離列車のスリーパー・シートのチケット確保以外は特に用事のない昆明。今眺めると何を撮りたかったのか分からない画像がたくさん。多分辺境から大都会のこ ...

15年前の2007年の今日。僕は中国雲南省の西双版納(シーサンパンナ)にいた。西双版納の首府である景洪(ジンホン)郊外のガンランバと呼ばれる勐罕(モンハン)でデジカメで撮影するのに並行してフィルムカメラで撮っていた。そのフィルムを日本に帰国してDPE し、フィルム ...

先週の続きで。 磨憨に滞在しながらラオス⇔中国を行き来して過ごしては一度自治区の首府・景洪に戻る。磨憨から勐腊(モンラ)までは舗装されていない赤土の道をワゴン車にぎゅう詰めで移動し、勐腊から景洪へはおんぼろのバスを修理しながら向かう。今は高速路が出来ては4 ...

12年前の2010年の今日。僕はマカオにいた。ひと頃マカオの市井の暮らしぶりを記録したくてバスの車窓から眺める街並みやそこを行き来するローカルたちの姿を写していた。観光地ではないマカオローカルのみが行き来する普段着の街並み。 新馬路から水坑尾を経て高士徳を横断 ...

西双版納の首府・景洪(ジンホン)で時間をつぶして西双版納最南端の磨憨の町に到着したのは夜の8時ころ。辺境の夜は宿も食もパートナーも選択肢が少なく、あるもので妥協するしかないようなまだ開放されたばかりの国境街。広州から60時間かけてこの地に到着した時には疲れ果 ...

13年前の2009年の今日。僕はマカオにいた。多分国内の東北地方への巡業を終えて、一区切りか一休みのつもりだったのだろう。まだ定宿にはたくさんの小姐たちがいて、酔って帰ってもロビーにたむろする小姐たちとじゃれあいながらまた呑むような長い夜。旧正月前か旧正月明け ...

初めて西双版納へ訪れ早朝の4時過ぎにバスターミナルに到着しては何もすることが出来ずにただ街中を散策する到着日。休憩できそうな宿を探したり朝飯を食らったりしては南北に位置するいくつかのバスターミナルを行き来して最終目的地の勐罕(モンハン・橄攬壩(ガンランバ) ...

西双版納にバスで向かう前の出発待ち10時間の間に見かけすごした昆明の街中。宿を取って一休みしようかとしたけど駅前の数ヶ所の宿に「外国人はダメ」と断られては飯屋やターミナルで待ち。まだ中国本土の辺境には「非開放地域」があったころの話で、宿も人民専用ってのが結 ...

7年前の2014年の今日。僕はマカオにいた。クリスマス模様の成田空港から香港国際空港を経てまだ海路で向かったマカオは、散発的に行われていたイルミネーションをフェス化した「マカオ・ライト・フェスティバル」と銘打っては年末年始にかけてのデコレーションの中へ。成田空 ...

13年前の2008年の今日。僕はマカオにいた。低画素デジカメを手にしては定宿のある内港エリアを中心に、一番繁華な世界遺産のセナド広場やなんでもない路地裏を分け隔てなく記録している。全体的に寂れている感じがするけれどマカオに関してだけ言えることは、貧しいわけでは ...

 地を這う旅 〜 勐混(モンフン)・勐混B級宿KGB2007/03/07 - 2007/03/27情報が無い!もしくは錯綜。日本を出る前に読んだガイド・ブックに書かれていた内容にはこの街にはまともに泊まれる宿は皆無とのこと。(一軒しか無いと書かれていた物もある。)サンデー・マー ...

地を這う旅 〜 マカオ・澳門2007/03/07 - 2007/03/27この12年間、暇があるたびに訪れるマカオ(澳門)。狭い街だけに今やほとんど地元と化し、街を歩いていると知り合いたちに「ハロー!」とか「レイホー!」とか声をかけられることが多くなった。行きつけのレストランで ...

6年前の2015年の今日。僕は珍しく仕事仲間と共に澳門にいた。仕事中に話す僕の「マカオ話」に興味がわいたのか日々連れて行って欲しいと懇願されてのマカオ行。もう普段の一人旅では訪れたりしない観光地や世界遺産ポイントを巡っては仕上げに「マカオ・グランプリ」の練習風 ...

美麗街(RUA FORMOSA)(マカオ・ストリート・ストーリーズ13)2009/08/31 - 2009/09/06マカオ中心部の八角亭図書館や澳門大会堂映画館、ワトソンズなどがある「家辣堂街」。通りの北側はマカオ・ローカルにとってのショッピング・ストリートである「水坑尾街」が続き、南側に ...

十四浦 (内港十四号碼頭・粤通碼頭・PONTE 14・PIER 14)2006/07 - 2006/08数年前まではマカオ・本土民のみが行き来できる三国人には閉ざされた境港だったが拱北口岸(ゴンベイ省境)の混雑緩和のためかいつの間にか三国人にも開いていた旧国境。マカオ中心部から拱北経由で ...

10年前の2011年の今週。僕はマカオにいた。 何に使うでもないマカオでの市井の日々の画像を記録してはただ何となく過ごしていた。昼間はそれほど被写体への好奇心が沸かなかったのか多くの画像は夜間に撮られ、全体的なトーンはアンニュイな感じw定宿のある内港区から中心 ...

南湾花園 (マカオ・ストリート・ストーリーズ12)2006/07 - 2006/08その昔はマカオ駐留のポルトガル軍の総司令部があった砦の一画。現在は総司令部の建物はハイ・クラスのレストランに変わり、周辺は昔の砦の頃の雰囲気を残したまま草花の生い茂る公園として地元の人たち ...

マカオ滞在時に定宿からマカオの中心部に向かう際に通る路地裏にある商店や市場外市場。またその場やその周辺のローカルの暮らしぶり。薄暗く湿っぽい路地裏の無機質な風景の中に突然現れる商品の原色。またそれらの商店の中に挟まれるように佇む路上散髪店。この場は僕が初 ...

孫逸仙大馬路 (マカオ・ストリート・ストーリーズ11)2005/07 - 2005/08マカオ半島部の南端、世界遺産でもある媽閣廟のある媽閣山の麓からマカオ・タワーを横切り新鎮海区まで延びるバイパス。車かバイクじゃなければ行き来するにはしんどい場所だしバスもあまり通ってい ...

亞卑寮奴你士街 (荷蘭園二馬路) (マカオ・ストリート・ストーリーズ10)2006/07 - 2006/08たくさんの外国人が生活するマカオで一つの民族がしっかりとした街を作っているのはこの通りだけだと思う。マカオの地元民に「リトル・バンコク」とか「タイ人街」とも囁かれてい ...

崗陵街(荒字巷) (マカオ・ストリート・ストーリーズ9)2006/07 - 2006/08マカオでも、そこそこ生活にゆとりのある人たちが多く住む雀仔園街市近辺。 普通の観光客はまず皆無の「マカオ色」の色濃いエリアでもある。カジノや世界遺産などとは無縁の飾らない普段着のマカ ...

プリミティブなハーフカメラの「ゴールデン・ハーフ」で撮ったマカオ内港区の路地裏画像のデジタル処理。ハーフカメラなので必然縦構図の画像が多くなるのはしょうがない。定宿の部屋から眺める汽水を隔てての中国本土。以前は小姐もいた濠江酒店。紅窓街(福隆新街)を経て営 ...

巴素打爾古火船頭街 (マカオ・ストリート・ストーリーズ8)2006/07 - 2006/08今では新馬路を境に北側が「巴素打爾古街」南側が「火船頭街」と言う名前だが数年前までは「巴素打爾古火船頭街」と言う一つの通りだった。香港がイギリスにより開港される以前この内港エリアは ...

伝説的なマカオの粥麺専家「黄枝記 (WONG CHI KEI)」本店午前1時30分ごろ(閉店時間直前)2006/07 - 2006/08 歴代のマカオ総督や香港の総督も食べた「黄枝記」のワンタン麺。香港の中環に支店(分店)があるのは有名ですね。(旅行記やグルメ・ブログなどでよく目にしま ...

5年前の2016年の今日。僕は中国雲南省西双版納から東京への帰路に着いていた。 前日の夕方に西双版納の首府・景洪(ジンホン)郊外の勐罕鎮(ガンランバ)をバスで出発しては景洪市内を経由して空港のある嘎灑(ガサ)までタクシーで移動。深夜のフライトで雲南省の首府・昆 ...

SANDS CASINO MACAU2006/07 - 2006/08カジノの鉄火場はどこの国でも撮影厳禁がお約束。プロモーション色の強い雑誌の特集記事などで見かけることはあっても、個人の旅行記などではあまり見る事がない。たまたま鉄火場を撮影できる機会があったので、初めて ...

天神巷 (マカオ・ストリート・ストーリーズ 7)2006/02 - 2006/08板樟堂街や伯多禄局長街は「マカオの原宿」と雑誌などに紹介されることがある。ならば天神巷は「マカオの竹下通り」だろう。10坪程のセレクト・ショップが居並び、その合間に立ち食いのスウィーツの店が合 ...

三盞燈 (マカオ・ストリート・ストーリーズ 5)2006/02 - 2006/02澳門に数あるロータリー(回転式交差点)の一つ。日本は都市構造が碁盤の目状なので叉路はよく見かけるけどロータリーはあまり目にしない。逆に西洋では都市構造が放射型が多いためか叉路同様よく見かける ...

新馬路 (マカオ・ストリート・ストーリーズ 4)2006/02 - 2006/02正式名は「亞美打利庇盧大馬路」。 ポルトガル語では「Avenida de Almeida Ribeiro」。英訳するとさしづめ「Avenue of Almeida Ribeiro」。でも地元では誰も正式名で呼ぶ人はいないし、逆に正式名で言って ...

福隆新街(Rua da Felicidade) 2006 (マカオ・ストリート・ストーリーズ 3)2006/02 - 2006/022005年晩夏から始まった福隆新街の石畳工事もやっと終わった。掲示板などには「カルサーダス化されるのでは?」などと書きましたが、良く考えてみるとマカオでも古風な中国色が ...

マカオのスラム2005/10 - 2005/10世界遺産登録に浮かれるマカオにもその対極にあるべく「スラム」が存在することはあまり知られていない。知らなくて良い事なのかもしれないけど知っていても良い事だと思う。マカオ半島における貧富の地勢図は南高北低になっている。 そのマ ...

孫文(孫中山)在澳門2005/07 - 2005/08中国革命の先駆者で辛亥革命の基盤を作り、中華民国(現・中華人民共和国)の初代大統領として人々から「国父」と呼ばれる孫文(孫中山)。 ハワイで西洋思想を学び香港で医学を修得した後マカオで医師として過ごしながら、革命運動を ...

祝! 世界遺産登録2005/07/15 - 2005/07/152005年7月15日、マカオ半島部の南部一帯が文化遺産として、ユネスコの世界遺産に登録されました。 その一部ですが、つれずれと載せていきます。 媽閣廟媽閣廟前地港務局大樓旧文華大屋阿婆井前地聖若瑟修院大樓及聖堂聖老楞佐教堂 ...

 福隆新街 (Rua da Felicidade) (マカオ・ストリート・ストーリーズ 2)2001/01 - 2001/01マカオに来る度この通りの写真は必ず何枚かは撮るようにしている。 絵になる通りだと思うしいい被写体だと思う。 だけど、今まで一度も納得できる写真が撮れた事が無い。 思 ...

マカオ路地裏KGB (マカオ・ストリート・ストーリーズ 1)2000/02/07 - 2000/02/11マカオ路地裏の決定版(ってか、これしかないんだけど)。 マカオは大きく分けて半島部の「オームン」離島の「タムチャイ」「ローワン」、その二つの島部の接続埋立地「ロータム」の4パー ...

これも食材、あれも食材2003/07 - 2003/08マカオの道端で見かけた数々の食材。これらは決して野味(珍味)ではなく、マカオしいては、華南地方で恒常的に食べられている一般的な食材。海鮮食堂の前に並べられた「蒸す」食材のディスプレイ。 全て1人前。 20元から30元って ...

Cyber Macau by Webcam2003/05 - 2005/03 マカオ観光局のウェブカム画像です。ノー・コメントで羅列するので、スライド・ショウしてください。最後の4コマは、ちょっとしたお遊びですが.....これはちょっとした遊び映像なのですが。僕は日本、友人はマカオ。 その友人の様 ...