コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:一関

年が明けて2014年になると日々呑む酒の画像など旅先でも撮る事も無くなる。キンドル雑誌のグラビア連載が決まり撮るべき物が決まっているので脇道にそれなくなったのかなw親父の死後のゴタゴタで唯でさえ忙しい年末年始に葬儀や後儀が重なって疲弊した体を休めに沖縄へ。帰 ...

「総括」と題しながらも普段の日々に酒の画像をすっかり記録しなくなった2013年後半。 呑み会の画像はたくさんあれど、酒本来を撮った画像は日本国内では2013年後半はこの6枚のみ。2度帰郷したり鈴鹿に出張したりと国内はいろいろと彷徨ったし、その都度毎夜必ず飲酒してい ...

しばらく澳門に滞在し、年末年始のイベントのために帰国。家呑みではこの頃、一晩に一本のバーボン・ウィスキーを毎夜呑んでいたので日々是「アーリー・タイムス」か「ジム・ビーム」が結構な本数をストックしてあった。呑み飽きては(差ほどテイストの変わらない)珍しかっ ...

樹木葬の父の墓の周りは自然に囲まれている山中で、初冬の小春日和に恵まれては「墓参り」に反して気分が良い。周辺には都内での日々の暮らしの中では目にしない、切り株に茂った苔が近年の「非日常」を思い起こさせる。実父の三回忌を。実家郊外の「知勝院」にて。シックス ...

この街、岩手県南の世界遺産「平泉」へ向う拠点になる街なのだが、地名は「一関(いちのせき)」ながら駅名は「一ノ関(いちのせき)」と、呼び名は同じながら市名と駅名が異なる面倒くささ。この街の市民もその違いの訳を知っている人などほぼいないだろうし、ましてや気に ...

エクスカーション先でダラダラしていたら帰路に付く時間が思っていたより遅くなった。 足早で駅に向かいお土産を物色しては新幹線ホームへ。 以前から気になっていた小振りの「うにごはん」を買い込み乗車。 急ぐ旅ではないのだが久しぶりに自宅でゆっくり呑みたい思 ...

ランチは車を飛ばして郊外街道沿いの日本食屋で「親子丼&そば」のセットを。 世界遺産「中尊寺」手前のためなのか、はたまた日曜日がたまたま混むのか、13時過ぎにもかかわらず待ち客が既に3〜4組。    まぁ、そ ...

父の生家の軒で見かけた「農協牛乳」の宅配ホルダー。何か「ほっこり」させられた。既に泥酔中w シックスサマナ 第14号 プノンペン魔界ツアー [Kindle版]クーロン黒沢(著)、蔵前仁一(著)、コイワカメラ(写真)SIXSAMANA2014-07-02 4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACA ...

仕事が立て込んで父の「初盆」に参加できなかった。母や妹は「いつでも良いよ」とは言ってくれるものの、父の死後の行事すべてに喪主として参列してきた身にはチト悔しい。小学生時の夏休みに、参加するたびスタンプを押してくれた「朝の体操(ラジオ体操)」で一日だけスタ ...

元来うちの家系は「馬主」家系で地方競馬に多くのサラブレッドを輩出し、多々表彰された(らしい)。父の生家も勿論ながら、僕の実家の離れもひところは「馬舎」にしていて、僕もサラブレッドと共に育った。しかり多くのペット・マニアたちは「犬派・猫派」を口にするけれど ...

今月頭に実父の納骨を受けて実家に「北紀行」した。そのついでに実父の実家(祖父の家・本家)へ寄って、祖母と従兄弟に線香をあげてくれとの本家のリクエストに応えて20年弱ぶりで訪れた。久しぶりの本家は思ったより居心地が良く、それ以上にこんなにも自然に囲まれていた ...

一昨日の仕事終わりで新幹線に乗り、GW最中の「北紀行」。岩手から向かう栗駒山の麓へ。ここを通過してここから車で。翌日に。(この風景がR.E.M.の「Driver 8」のPVをいつも僕に髣髴とさせる辺境感w)The walls are built up, stone by stone; the fields divided one by o ...

火葬した遺骨を直に地に埋葬し、その上に苗木を植える「樹木葬」。この場所に最大10人の遺骨を埋葬できるそうだ。花はあくまで一時的なお供えで、主役は「ムラサキシキブ」の苗木。将来的に、僕も、この場所へ?wシックスサマナ 第12号 病める日本の処世術 [Kindle版]クーロ ...

「北帰行」などと銘打ちながら大概弁当ネタだが、旅先で画像がないのでしょうがない。w と、言うわけで今日は「一ノ関駅」ご当地の駅弁。 「一ノ関」と言えば「平泉」、「平泉」と言えば「前沢牛」。 〜からの、「平泉 前沢牛ローストビーフの逢わせ寿司」。 ...

ご連絡くださった皆々様。 恩師の件了解しております。 僕の今の気持ちはコレ。 ...

この間の話じゃないけれど.... 店の歴史が人の歴史にかぶるのって面白いよね。 何度通ったか。w ついでに。 また近いうちに集まりましょう。 ...

何のことはない。 吊るされてるだけだってーの。 ...

ここ数年帰省していないが、日本でも1・2を争うほどでかい「市」だ。(面積が。) だんごが空を飛び、吉里吉里人が学んだ。w ...