コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:リアウ州

インドネシア・リアウ諸島州・ブラカンパダン 「早朝のスラムのカフェで」2016/01/11 - 2016/01/21イスラム的な排他性や閉塞感があっても、インドネシア的なルーズさが僕に合っているのか。インドネシアで迎える朝は格別に気持ち良い。バリ島一周バイク・ツーリング2011/05/0 ...

ナゴヤ・タウンB級グルメガイド1997/08/29 - 1997/08/31まだマレーシアとシンガポールのバック・アップでインドネシア・リアウ州・バタム島の「トライアングル・リゾート開発」がなされていた頃。今のように暴動も頻発していなく気軽にサミョンにも遊びに行けた。そんな中初 ...

約2000もの島々からなマレー半島先の南シナ海に広がる島々で構成されるインドネシアの州の「リアウ諸島州」。州都はビンタン島のタンジョン・ピナンながら経済的な中心地はシンガポールからほど近い「バタム島」。このエントリーはそのバタム島周辺の小さな離島に滞在 ...

今現在「リアウ諸島州」が「リアウ州」だった頃のバタム島の中心街「セイ・ジョドー」の「ナゴヤ(ルブッ・バジャ)」エリアの下町で、カリマンタン出身の若者たちが徒党を組みギャング化した中で共に過ごす日々。 シンガポールから近いこともあり経済的に裕福な島故、 ...

今から16年前の1999年。この頃やたらインドネシアにハマッテいて、特に(当時)リアウ州のバタム島に通いまくっていた。ひどい時は一泊3日で渡航しては早朝成田に到着してそのまま仕事に向った事も何度かあったほどだ。そんなにも行き来していると必然「しがらみ」のようなも ...

「世界の路地裏で(または女達)」と言うタイトルのこのブログ、最近は「世界の女達(または路地裏で)」になっているので、ここで本来の世界の路地裏話をひとつ。 (でも、本来の訪問者の方々は「世界の女達」の方がお好みなのは理解しています。) 海外に長く ...

分る人には分る。 コアなバタム・リピーターにとっては、こんな画像でもカウパってしまうはず。 何度ここで「ビンタン・ビール」を飲んだ事か。w ...

多くの風俗関連のサイトや、僕のこのブログでも時々話題にする「バタム島」。 実際はインドネシアのスマトラ島東部に位置する「リアウ州」の中の一辺境地域でしかない。 バタム島自体も、周辺の数千もの離島を含めた「バタム区」の中の一つでしかない。 そのバタム ...

世界中にはいたるところ、人の集まるところに屋台が出張り、その集合体を日本では「屋台村」と呼ぶことが多い。 新宿は百人町に有る「元祖・アジア屋台村」などは、オープン・キッチン・スタイルの厨房がたくさん有るレストランで、決して「屋台」村ではない。 「屋台 ...