コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:ランチ

フィラデルフィア在住時、日本人仲間内でワシントンD.C.観光の途中のランチ時に立寄ったボルチモア。そのランチついでの「ボルチモア・ナショナル・アクアリウム」見学。僕はこの時を境に「水族館フェチ」になったw見所は中央水槽の「シャーク・エンカウンター」。シロワニ ...

波平?実際の磯野波平氏は物語上では僕の4歳目上!俺、こんな年代なのかぁorz w(日々のランチ時の一番の選択肢の新宿「石の家」で。)シックスサマナ 第12号 病める日本の処世術 [Kindle版]クーロン黒沢(著),下川裕治(著),吉田悠軌(著),サボール(著),石川正頼(写真),コイ ...

基本的に国内での仕事時のランチは「外食」なのだけれど、「繁忙」とか「多忙」とかの日もあるわけで、そんな日は近場の「コンビニ飯」の中食になる。美味な外食より費用対比の高い「不味い中食」しか選択肢が無い日々もあるぜよ。orz4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO mac ...

那覇市内の商店街(ウチナーグチで「マチグワァー」と言う)を漫ろ歩いていて見かけた「結婚式用品関係屋(?)」の結納品のサンプル・ディスプレイ。ひとつの商店街の中でも結構な頻度であり、「結婚」と言うものに対しての真摯さが伺える。その色合いがヤマトのものとは違 ...

ひと月に一度位のペースで喰らう「たつや」のカツ丼。早めのランチには普通盛りに味噌汁を付け、遅めのランチ時には大盛りに味噌汁がデフォ。w「カツ丼」って、なかなか気軽に食べられる店が少ないんだよね。豚カツ屋に行ってまで喰らう代物でも無いような気がするし、豚カツ屋 ...

格安居酒屋の「黄金の蔵」で、今や唯一の「ワン・コイン・ランチ(¥500)」実施店舗の西口駅前店(小滝橋店)。一月に2〜3度ほどしか利用しないけれど、数年間も利用しているとなかなかの画像数。wこれでもまだ一部。最近はこれ食べると胸焼け気味になるので食してないし、 ...

自分の(この)ブログをエゴ・サーチしていて、この「新宿飯」シリーズをまともに記事にしたのが2012年の1月が最後だった事に気づいた。今日の暇な時間に、他の新宿で飲み食いしたネタに「新宿飯」のタグを付け直した。その流れで久しぶりのニュー新宿飯ネタ。とは言っても実 ...

久しぶりにTwitterでつぶやいたら、おもいっきりケラれた。w もし時間差でツイートされたらネタがカブるので、タイトルだけ変えてブログでつぶやきネタ。 Heeeeellooo Saipan! サイパンは今日もバカっ晴れ。 ...

行きつけの中華料理屋「ダイヤモンド・チャイニーズ・レストラン」でテイク・アウトした$4ランチ2品。 「ビーフ&ブロッコリ」と「なんとかヌードル」。w 喰いすぎだな。 (今日は思考回路停止中なので、勘弁して ...

ベトナムの地を這いつくばっていると、目にする外資系ファースト・フードは「ロッテリア」か「KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)」のツー・トップに気付く。 カンボジアからサイゴンへの帰り道のアジア・ハイウェイ傍にロッテリアを見つけたので、小腹を埋めようと試 ...

飲み過ぎた翌日のシンガポールでの朝食は、あっさりと「肉骨茶(バクテー)」で始めたいところだが、肉骨茶屋は大概昼前後に開店するため、まだ喰らっていなかった。 とりあえず昨晩の痛飲のシメに喰らおうと買っておいたシンガポール製の「出前一丁」を起きがけに喰らっ ...

ガテン系グルマンの僕には一度は訪れなければならないはずの「伝説のすた丼屋」。 訪れる前から「旨い」とか「ボリュームがある」とか「味が濃い」とか、それ以上に「結構ニンニクが効いている」の情報過多の耳年増。 この日はランチ後に人に会う予定もなかったので初チャ ...

都内で「ワン・コイン・ランチ」の双璧と言えば「黄金の蔵」と「さくら水産」が挙がるだろうが、新宿にはもう一軒「博多八郎」と言う選択肢がある。これら3軒は本来「格安居酒屋」なのだが、昼間はランチ展開をしていて、そのクオリティーや価格を競い合っているかのようだ。 ...