コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:ホー・チ・ミン

ベトナム到着翌日。ブイ・ビエン通りの「絵画屋」のオーナーが副業でやっているらしい「レンタル・バイク」を借りて街の北西方面を目指す。そこには「モクバイ」と言う名の国境街があり、ベトナムのこの辺りでは唯一第3国人にも陸路国境越えが許されたボーダーがある。アジア ...

2012年の春先、僕はベトナムのホー・チ・ミン(サイゴン)にいた。仕事だったのか遊びだったのか、その目的さえ忘れてしまったけれど何故かいた。この当時まだLCC の路線も充実していなくサー・チャージもそこそこ高かったので、海外に出向く際には台北経由の「チャイナ・エ ...

そう言えば、近年僕が愛用しているLCCのバニラ・エアがこの初秋からベトナムのホー・チ・ミンに就航するね。標準で片道10000円強なので安いっちゃぁ安いけれど、いまさらホー・チ・ミンでしたい事や見たい物も無いので「特に」って感じだよなぁ。ベトナムではカンボジアと違 ...

ベトナム第二の都市「ホー・チ・ミン」はベトナム戦争前は「サイゴン」と言う名の南ベトナムの首都だったが、その戦後南ベトナムは敗戦により北ベトナムに接収される。それに伴い「サイゴン」は「ホー・チ・ミン」に改名させられるが、その後半世紀経とうがこの街をうろつく ...

一昨年のベトナム・サイゴン滞在中にシリーズしながら、一度のみのエントリーで尻切れトンボになっていたものの、今更ながらのリエントリー。(って言うか、画像アルバムを立ち上げては画像編集しながらネタ探ししていて見つけた画像。)特別な感慨の無い普通の「バント飯」 ...

サイゴンから台北へのフライトの待ち時間に、チト小腹が空いたので空港のカフェでバント飯。離陸してしまえば小一時間ほど後に機内食が出ると言うのに毎度毎度バントしてしまうwと言うわけで、僕なりの「空港飯の定番」である「ヌードル・スープ(ラーメン)」をオーダー。 ...

サイゴンの不夜城とも言うべき「ファングーラオ通り」の一本裏手にある「ブイ・ビエン」。この通りも不夜城だけれど、行き交う人々の「胡散臭さ」ったら甘美なほどだ。wそんな胡散臭い通りのすぐ脇でローカル・ビールかっ喰らっている僕も、その「輩」の一人だが。wごぞんじ。4 ...

ベトナムの経済的中心地であるホー・チ・ミン(サイゴン)市の中心街の青空の下。カメラを無造作に構えるだけで、ファインダーの中に歴史的建造物が入り込む街。この街を舞台に描かれた映画をたくさん観ては、その場に向かうかのような旅。ベトナム戦争の最中にこの場にいた ...

外国人の日本に対するステレオタイプの「サムライ・和服・芸者ガール」の如くな「ノンラー(三角帽)」。外国人がベトナムに抱くステレオタイプかと思いきや、21世紀の現在も「現実」の有体。辺境や田舎町だけだろうと思っていたけれど、ベトナム屈指の商業都市サイゴンでも結構 ...

夜な夜な「チョー・ベンタイン(ベン・タイン市場、Chợ Bến Thanh)」脇に広がるサイゴン・ナイト・マーケット。毎夜が老若男女にとっての「ハレ」の晩。経済成長が現在進行形の国家は、何処へ赴いても人に溢れ活気に満ちている。そして、大概夜が長い。そして「バイクが多 ...

ホテルなのだが、運営方法なのか1階正面に外貨両替可の銀行が入居しているためなのか、何か「ホステル」感がするミニ・ホテル。悪い意味ではなく、スタッフの対応や言葉遣いに至極「健全」を感じる。まぁ、良く管理された「安宿」だけれど、以前にネタした「NGOC DIEM HOTEL ...