コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:ホッピー通り

4年前の2018年のこの週末。僕は友人と共に浅草にいた。久しぶりに友人と近況報告するために浅草のホッピー通りに出向いては、浅草でいつも利用する店に陣取っては呑み始める。いつものローカルちゃきちゃきの店員さんたちではなく、フロアーのスタッフ全員が中国人女性なのが ...

友人との呑み会は浅草にすることが多いのは「ホッピー通り」があるから。しばらく懇意にしてきたけれど近年は店員さんが外国人ばかりになっては昔ながらの風情のようなものが薄れてきたような気がしてはご無沙汰。ここで呑む時はホテルを用意して深夜まで飲み明かすってが通 ...

基本的にこのシリーズはデジタル化してからの画像のみなので銀塩の頃の画像は出てこない。と言うわけでここ10年間ほどの「回顧」がほとんどなのだけど、たまに古い画像が出てくるのは銀塩紙焼きをスキャンニングしてデジタル処理したもの。それはスキャンニングした日が撮影 ...

浅草には夜呑みに行ったことがあるだけでまともに物見遊山したことがないので、夜呑みしても自宅に帰れる距離ながらあえて2泊して観光。元々は「ホッピー通り」で時間を気にせずに呑みたかったと言うのが発端。一番訪れたかった「浩司」で独り呑みから始まり、カウンター席隣 ...

翌日は普通に朝から仕事があるので、深酒しないようにと気にしながらの浅草呑み。呑んだ翌朝早く起きてすぐの朝飯は無理なので、この浅草滞在最後の晩餐。昨晩呑んだホッピー通り奥にある「居酒屋・浩司」のアテの旨さもさることながら、居心地も至極良かったので再訪。昼間 ...

仕事を早めに切り上げては向った浅草。アテンドの無い浅草は初めてなので、宿泊しているホテルから右往左往しながら向うは呑み助の殿堂「ホッピー通り」。宿は六区なので「伝法院通」から入って左へ左へ。平日夜半の静まり返った浅草の中心部はホッピー通りに差し掛かった途 ...

昨年も呑まない日は無かったけれど、その中で一番の「旨酒」が呑めた気がする浅草「ホッピー通り」の居酒屋「浩司」。ジューシーな「くじら刺」をアテにグレフルサワー呑めるだけで至福なのに、それに加えて「心躍る出会い」と「小粋な会話」とか。呑んだ後に散策した「夜の ...

東京に住んでいると「都内のベタな観光地」に訪れることがなかなか無い。 僕も19の頃から(飛び飛びながら)この街にいながら(昼間の)浅草は初めての訪問。 なので今回はあえて宿まで取っての「浅草2泊3日の旅」w 昼間はベタベタな観光 ...