コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:ペンシルバニア

数日前、なんの気無しにfacebook を眺めていたら、フォローしている「フィラデルフィア・インクワィヤラー(フィラデルフィアを代表する新聞社)」がアップした「日曜日朝の(フィラデルフィアの)チェスナット・ストリート」と言う動画を目にした。 チェスナット・ス ...

 日本国内では「アダルト・ショップ」に分類されることの多い「ヘッド・ショップ」。店内にはSM用の皮製衣装や関連グッズ、LGBT関連の需要品や避妊具・玩具などやランジェリーなども置かれていることも多いので分類的には間違ってはいないけれど、メインの商品はカンナビス関 ...

 アメリカで一番長く過ごした街で、若い多感な時期を過ごした事で今の自分の礎を作った街と言っても過言ではない街。滞在時は観光する事などほぼ無かったけれど、当時撮った画像を今更ながら眺めると、画像のそこここに観光地が映り込む。アメリカ建国の本拠地になった場所 ...

当時住んでいたフィラデルフィアのアパートが正月早々セントラル・ヒーティングの修理を行うのを受けて、前々からお誘いを受けていたルームメイトの叔母さんの家へ。宿泊した翌日午前早くに誘われるままに連れて来られた場所は、あの「ALLENTOWN(アレンタウン)」だった。 ...

この間の休日、学生時代に撮った30年ほど前の銀塩フィルムをスキャンして画像処理してみた。色彩のヒストグラムをいじる以前に、各々のフィルムの同じ場所にDPE処理時に付いたと思われる傷が随所にあり、またレタッチする気にもなれないほど劣化していた。 紙焼きした写真も ...

30年近くも前の情報なので、今これらの店が存在するのかも定かではないので恐縮なのですが昔話と割り切っていただいてw 留学先の生活でよく世話になったのが中華料理屋とこれらのヘッド・ショップだった。 日本にはない世界観。 アメリカの高校生の4人に一人は常用し、と ...

僕が学生時代にたれ込めていたフィラデルフィアのセンター・シティーの土地開発が進んでいる件。懐かしいようで、結構な変化も。若き貧しき時代にこの街で過ごしたことが今現在の「僕」を形成している原因かと思うと、一筋ならぬ感慨がwこの街の変化には僕には隔世の感だが ...

本当は「アメリカ・フィラデルフィアのSEPTA「マーケット・ストリート・イースト駅」で、ニュー・ヨーク・シティーのラファイエッテ通りにあるキース・へリングの「POP SHOP」で購入したロング・スリーブTシャツに「SCHOTT」のB-3を羽織って」にしたかったフィルム画像 @ 198 ...

学生時代に足繁く通ったフィラデルフィア・13thストリートにあった「セブンイレブン」。 韓国人留学生のアルバイト店員が多い中、唯一とでも言うべきアフリカン・アメリカン(黒人)のダイヤモンド・ゴメス君。 ...

アメリカなんてただでかいだけで、飯は不味いし男女の違いなど「あるかないか」の違いしかないほど同等だし、歴史はないし、海は遠いし。 その代わり河川は日本で考える以上にでかいなぁ。 僕のアメリカの「ホーム・タウン」であるフィラデルフィアは、東はデラウェア川が流れ ...

旅行時期: 1988年01月〜01月 元記事:http://4travel.jp/traveler/koiwakoiwa/album/10027933/ きっかけはビリー・ジョエルの「ナイロン・カーテン」と言う一枚のアルバムからだった。 当時のルーム・メイトの叔母がアレンタウン近郊に住んでるので、そこで休日を過ご ...