1980年台前半にアメリカの音楽チャートを席巻した「ブリティッシュ・インベージョン」に乗じて多くのヨーロッパ諸国からもキャッチャーな(アメリカ英語で歌われる)音楽が輸入され、もちろん日本にも紹介され消化された。 1980年台の日本国内はバブル景気の真っ只中で ...