コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:ブイビエン

10年前の2012年の今日。僕はベトナムのサイゴンにいた。ベトナム訪問は何度目かだけれどサイゴン滞在は初めてだったので滞在2〜3日目に街の概要を脳内に刷り込むため散策に出た。まぁ、滞在先がブイ・ビエン通りだったのでバイクや徒歩で動ける近場で。サイゴン観光と言うとど ...

バカは高い所が好きなので必然何処へ赴いても展望台は訪れるけど実はもの凄い高所恐怖症w サイゴンに滞在した時も宿泊先の「ブイ・ビエン通り」から歩いて行ける「ビテクスコ・ファイナンシャルタワー」にも足を運んでは高い入場料を払って登ったさ。 その行き帰りに ...

 ベトナムの旧首都で今も経済の中心地である「ホー・チ・ミン市」、旧名「サイゴン」。このサイゴンでバイクをレンタルしてカンボジアへ陸路国境越えツーリングをした前後に滞在したバックパッカー街である「ブイ・ビエン」やその周辺と「アジア・ハイウェイNo.1」の道すがらな ...

ベトナム滞在最終夜。夜の帳が落ちたのを確認して今夜の呑み場を探しに「ブイ・ビエン通り」から「ベンタイン市場」辺りまで夜回り。ベンタイン市場の「ナイト・マーケット」も覗いたけれど、イマイチ「観光客向け然」とした感じが気に入らなくて結局ブイ・ビエンに戻っては ...

前夜の痛飲の渇きを潤すための目覚めのドリンクを2本一気飲みして起床して、着の身着のままで朝飯を貪る。安牌のロッテリアに行き着いては、開店早々で来店客のいない店内で「貸切りの朝食」。3種類ある「ライス・プレート」をコンプリートするべくハンバーグらしきをオーダ ...

一眠りした昼寝の後は体調も戻り宿まで迎えに来たローカルの友人と共に「抱きビア」で軽食とビール。女性を一人付けてもらい「マウマウ」したり「サスサス」「ウリウリ」しながらビールを数本。その後は「ブイ・ビエン」に戻って滞在初日に呑んだ海鮮居酒屋風情で飲み直し。 ...

カンボジア西部の町「スヴァイ・リエン」を発って2時間弱でカンボジア領内を走りぬき、ベトナムに再入国して1時間ほど走った所にショッピング・モールを発見してランチを。選択肢は数あれど案牌なチェーン店の「ロッテリア」で「ライス・プレート」をいただく。途中で水分補 ...

買い置きしておいた缶コーヒーを起き抜けに飲んで一服しては早朝の空腹を満たす場所を探して流浪する。宿のあるブイ・ビエン通りの細部を散策して結局「チョー・ベン・タイン(ベンタイン市場)」まで来てしまった。観光客だらけのブイ・ビエン周辺では物価も高くバリエーシ ...

午後一番でサイゴンに到着してブイ・ビエン通りにアジトを構えて夕方前。観光に出るには遅すぎるし、夜呑みまでもまだ時間があるのでカメラ片手にご近所散策。ファングーラオ通り(今現在は「バックパッカー・ストリート」って言うのね)沿いにある「9月23日公園」周辺に人だ ...

初めて訪れるベトナムのホー・チ・ミン(サイゴン)とカンボジア。そのツーリング旅の前中後に体内に吸収した飲食物の数々。この頃はまだ、食べ物の写真を撮ることに躊躇しては後ろめたさのようなものを感じながら撮っていたころ。そんな食日記。 前日の夜、東京の自宅でた ...

サイゴンの「(バンコクの)カオサン」とも言われるファングー・ラオ通りの一本裏手にある「ブイ・ビエン通り」。この通りを中心に路地裏が入り組み、時間帯によってはブイ・ビエン通り自体が「路地裏」になる(歩行者天国ね)。そんなブイ・ビエン通り周辺の放射状の路地裏たち。 ...

この宿はホーチミンの「ブイ・ビエン通り」にある「ミニ・ホテル」と現地で呼ばれる、言わば安宿。 ブイ・ビエン通りやその表通りの「ファン・グー・ラオ通り」はホーチミン(面倒くさいので以下「サイゴン」でいいっすかねぇw)の安宿密集エリアで、雰囲気的には「バン ...

ホーチミン(サイゴン)のブイ・ビエン通りで宿泊したホテルの隣りのビルに保育園が入居していた。 禁煙ルームだったのでタバコを吸いにベランダに出ると、日がなその保育園の様子が手に取るように見えた。 安宿なので、隣接する保育園児たちの喧噪も日がな聞こえた ...

これほどまでに暗くなっても、車道側には地方やカンボジアに向かうツアー・バスや市バス、タクシー、ワゴン車が路上駐車され、それらに乗り降りしたり、自分の乗るべく車が来るのを待っている観光客や通りを行き来する人々などなどで人の波が出来るほどの大盛況。 そんな ...

ソウルでもバリ島のクタでも、バンコク、カルカッタ、カトマンズ、シンガポール、マカオでも、バック・パック・トラベラー(バック・パッカー、パッカー)が集う通りがある。 そんな通りは大概「猥雑」で「不健康」で「退廃的」で「刹那」なエーテルが漂う。 ...

「ホンダ・ガール」ってのは「ホンダのスクーターに乗った女性」と言う意味ではなく、「スクーターで流す娼婦」の意味でベトナムでは使われる。 実際に「ファングー・ラオ」や「ブイ・ビエン」などの観光客向けの通りや、ベン・タイン市場周辺の路地路地でよくオファーさ ...

バンコクの「カオサン」や、クタの「レギャン」、ソウルの「チョンノ」、シンガポールの「ベンクーレン」のようなホーチミンの「ブイ・ビエン」。 テーブルのわずか30センチ前は、ひっきりなしにバイ ...