コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:ヒンドゥー寺院

プレループ (Pre Rup) はカンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、ヒンドゥー教寺院である。 2004年にアンコール遺跡を構成する遺跡の1つとして、世界文化遺産に登録された。プレは変化、ループは体を意味し、かつて境内で行われたと伝わる火葬を名の由来とする。東バライに ...

シンガポールにおけるインド系の人口比は8%以下ながら、潜在的に自国籍のままシンガポールに居住している外国人比が40%近いためなのか印象以上にインド人を見かけるし、街中の建築物や装飾にインド文化が垣間見られる。また日本ではインド人と混同してしまいがちなネパール ...

中華系の人口比8割のシンガポールで「チャイナタウンとはこれいかに?」だが、一応「オールド・チャイナタウン」とか「ニュー・チャイナタウン」とか呼ばれる場所がある。そんなチャイナタウンの古い方で観光客向けの商店街がしっかりとある、一般的に「チャイナタウン ...

タ・ケウ(Ta Keo)はアンコール・トムの東端の勝利の門から約1kmに位置するアンコール遺跡の1つで「クリスタルの古老」の意味を持つ。タ・ケウのタはおじいさんの意味で、直訳すると「ケウじいさん」の意。タ・プロームやタ・ソムも同様である。地元ではプラサット・ケウと ...

アンコール遺跡群の「アンコール・トム」を勝利の門から出て、ほぼ正面に位置しては最初に目にする「トマノン」。トマノン(Thommanon、クメール語: ប្រាសាទធម្មនន្ទ)は、カンボジアのアンコール遺跡において、チャウ・サイ・テヴォーダと1対となるスーリヤ ...