「高飛び」や「流浪の旅」の目的地として、南国はそぐわないような気がする。 それでも短い時間で「脱・日本観」を感じるのに最も適した場所としての南国は「あり」だろう。 「安・近・短」の代名詞としての南国は、今現在の僕にとっては「サイパン」と言う事になる ...