コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:バラック

この集落を訪れたのは朝飯後の散歩時。川淵のバラック暮らしながら老人は朝の散歩に勤しみ、子供たちは学校へ向い、母親は皆忙しそうで、暇な輩は路地裏の飯屋で朝食を貪る。バックに広がる背景が違うだけで、行われている事は東京や澳門やフィラデルフィアやサイパンと何ら ...

アジアのみではなく、大概の世界の川岸と言うものは「貧区」や「スラム」「スクウォッター」が居並び、リアルな格差社会を垣間見れる。今現在の日本では「貧乏」などという言葉は「死語」に近いほどの言葉だけれど、40年前の日本でも川岸の公共エリアに不法にバラックを建て ...