健全な無人島での早寝の反動で、日が上がる前に目覚めては明るくなるのをベッド上で待つ。日の出と共に屋外に出るも、小雨まじりの曇り空。ゆっくりと島内を一周しながら濁りの無い空気と体内の濁った気体を入れ替える。「海の家」に向うと朝食の時間で、あまり得意ではない ...