コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:ナイト・マーケット

 滞在中の南寧市内の中山路で毎夜「夜市(ナイト・マーケット)」が行われているのを知り駅前の宿から向う。地図上では2キロ弱で、歩いて行き返り出来る距離なので街の繁華なエリアを縦断するようにトボトボと向う。まだSC(ショッピング・センター)などは結構な集客をして ...

市場周辺の散策を切り上げ市場入り口前のナイト・マーケットへ向う。一軒の「コム・フォー(フォー食堂)に入り酒の有無を確認してはフォーのトッピングをつまみにローカル・ビールを呑み始める。呑みだしてしばらくして隣のテーブルに座る2人組の若者と意気投合しては相席し ...

ランソンの「賓館街」を抜けて大通りに戻り昼間横目に見かけた市場へ。市場まで赴けば飯屋もあるだろうし、必然酒の用意もあるだろうと言う推測からw呑めそうな飯屋はもちろんあり、それは市場の入り口前に屋台村のように密集してある。しばらく営業は続きそうなので、呑み ...

以前はガラパン中心部の「コーラル・ツリー・アベニュー」と「ココナッツ・ストリート」をメインに週一度木曜日の夜に行われていた「ガラパン・ナイト・マーケット」はこの時既に場所を変え、ガラパン外れにあるクリスト・ライ教会前のバス停奥の広場で行われるようになった ...

同じ事を2度エントリーしても書いている時の気分次第の違いになるので、当時現地からエントリーしたものを画像だけ再編集して。.......................................................................................................................インドネシア・リ ...

日本人はおろか東洋人種の影かたちさえない、インドネシア辺境離島「ブラカン・パダン島」の中心地「スカナック・ラヤ」の「パサール・マラム(ナイト・マーケット、夜市)」で「ミー・ゴレン」と「サテ・パダン」をツマミにカールスバーグを呑んでいる。   ...

瑞豊夜市のあまりの「ローカル度」の高さに馴染めないまま六合夜市に移動したものの、暑さと値段の高さに辟易しては路地裏の小吃屋にイレブンで買ったビールをB.Y.O.しては呑んだくれています。 ...

今迄の人生で、あえて避けて来た国に初めて来た。 親日国で歴史的にも経済的にも兄弟姉妹国家で英語が母国語の、写真を撮られるのが大好きな国民性の国に。 写真家にとっては天国のような国民性の国。 久々に何十人もに囲まれて、しが無い会話をしながら ...

夜な夜な「チョー・ベンタイン(ベン・タイン市場、Chợ Bến Thanh)」脇に広がるサイゴン・ナイト・マーケット。毎夜が老若男女にとっての「ハレ」の晩。経済成長が現在進行形の国家は、何処へ赴いても人に溢れ活気に満ちている。そして、大概夜が長い。そして「バイクが多 ...