コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:ティブビユ

3年前の2018年の今日、僕はインドネシア・バリ島の辺境「Tibubiyu(もしくはTibubiu、ティブビユ)」にいた。 それまで撮影のため滞在していたカランガセムの山岳部の辺境の「Sidemen(シデメン)」からタバナンの海岸沿いに移動した日だ。ティブビユには、この10年ほど ...

2008年の今日はバリ島にいて、2017年の今日はフィリピンのマクタン島にいた。この時のバリ島は16年ぶりの訪問でバイクをレンタルしてはウブドで滞在にキリをつけてティブビユへ移動する日だった。16年ぶりのバリ島は、玄関口であるクタが雑多なのは昔からの事ながら山岳部の ...

早めに呑み始めたので早めに寝付いたらしく、結構な早朝に目覚めてはホテルの朝食時間が始まるまでホテルの近場をバイクで散策したり、10年前に訪れた場所を再訪したり。この日はクタに戻る日なので、買い置きの飲食物を総ざらいwまだ日が上がりきらない時間に目覚めては朝 ...

一眠りして呑みに良い時間になり、スイーツで口中を潤してはホテル付随のレストランへ向う。宿泊客が少ないのか、はたまた時間が早いのか、このレストランで他の宿泊客と出会わないのを少し気にしながらも中央の海が眺める席へ着く。とりあえずの「ビンタン(星)・ビール」 ...

10年前に過ごした「理想的な辺境の村で、理想的な宿に宿泊した日々」を回顧しては再訪した「ティブビユ(Tibubiyu, Tibubiu)」。以前の集落の中心部は昔のままながら、その奥に広がっていたジャングルが開墾され新たな村が出来ては新興のリゾート・エリアになっていたのには ...

クタへ戻る途中のタバナン・エリアの田園風景の中を走る前後左右の風景もろもろ。タバナン・エリアはバリ島の中でもいち早く灌漑用水が発達した場所で、海岸に近いエリアは海岸線まで続く平地に広がる田園風景がカランガセムの山岳部の田園風景とはチト違う趣を見せる。バリ ...

カランガセムのシデメンからタバナンのティブビユへ、10年前に来た道程を復習するかのように来てしまった。 僕の中の「桃源郷」幻想を確認する旅になってしまった。 発展途上国のこの10年間は僕が想像する以上に早いらしく、記憶の中のジャングル地帯が開墾され道が ...

最高に気に入った村ながらも赴くには「死のロード」と揶揄されるバイパスを走らなければならないため、今まで一度しか訪れていないバリ島の辺境集落の「ティブビユ」。村の場所、バイパスからこの村までの道のり、村の佇まい、ローカルの人々の当たりの柔らかさ、などなど、 ...

ティブビユ(Tibubiyu, Tibubiu)で数日過ごし、そろそろクタ(Kuta)へ戻ろうかと荷物をまとめて帰路に就く。往路で十分寄り道したので復路はまっすぐクタまで戻るつもりだったのだが、タバナン(Tabanan)に出る途中のクランビタン(Kerambitan)のクラティン(Kelatin)集 ...

ティブビユ(Tibubiyu, Tibubiu)滞在中のとある日の早朝。散策と言うか、バイクで5分ほどの海岸沿いまで走った事がある。まだ日も十分に明け切らない集落内にはこれから学校に向うのだろう高校生らしきの姿があったり、集落の集会所に向うローカルが歩いていたり。地元のロ ...

僕がこの、バリ人も知らないような辺境の集落を知ったのは「ロンリー・プラネット(Lonely Planet)」英語版の「タバナン(Tabanan)」エリアのあたりを読んでいて、巻末のわずか数行にこの「ティブビユ(Tibubiyu, Tibibiu)」のこの宿の事が書かれていて、たしか「劇的に飯 ...

海の寺院「タナ・ロット」を見学・祈祷・撮影・休憩して、出発したのは午後3時頃。暗くなる前に宿泊先に到着したかったので、一度バイパスに出て「パトゥン・スカルノ - プトラ・サン・ファジャール(Patung Soekarno - Putra Sang Fajar)」の交差点から西を目刺し「タバナ ...

「ティブビユでショッピング」とは言っても、集落内の歩いて行ける場所には2軒ほどしか「マーケット(パサール)」は無いし、その品揃えと言っても.......国内外で市場を撮るのが好きなのだが、ローカルに伺って目指した「市場(マーケット、パサール)」ってばwまぁ「市場 ...

バリ島南西、タバナンの南、クランビタンの斜にある「ティブビユ」村。辺境村の人影少ない霞む早朝の風景。長期滞在しても東洋人に会う事も、すれ違う事さえも無かった2008年。ロンリー・プラネット以外では未だ紹介される事も無いようなので、未だこの風情を保っているのか ...

バリ島の東北エリアの観光地「アメッド(アメド)」の辺境集落「スラン」にある定宿のベランダからの眺め。ボチボチ、バリ島も行きたいなぁ。もし行けるなら、次回は西南方面の辺境ビーチ沿いへ。タバナン県のティブビユ(Tibubiyu・Tibubiu)かクランビタン(Klambitan)辺 ...

今回の「バリ島一周ツーリング旅」にガイドブックや地図の類いは持たなかったが、日本の自宅の書棚にあるロンリー・プラネット(ロンプラ)「BALI & LOMBOK」を「旅の復習」と反芻がてら流し読みする事がある。 そんな時に、3年前にバリ島をツーリングした際に訪れた「テ ...

バリ島西南部、タバナン郊外の海よりにある集落「ティブビユ」。日本人には馴染みのない場所だが、ロンリー・プラネット英語版を持って旅する西洋人にはそこそこ有名な場所だ。タバナン周辺をツーリングした際に宿泊した「ビビス」前のワルンに陣取り、ファンタを一本。こ洒 ...

以前から紹介したかったのだが、何せ撮った写真の枚数が多く、アコモとしての欠点も無く、宿泊したときの条件・環境が良すぎた事もあって書けなかった。 酔っ払っていては記事にできないとも思っていた。 バリ島南西部のハブである「タバナン」から、海岸方面に向かう ...