コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:ダーロウ

中国・雲南省西双版納の南西端のビルマと国境を接する「国境街」の「打洛(ダーロウ)鎮」にあった全宿泊施設のファサードやエントランス様々。 「あった」と言うのは2007年に訪れたきり再訪していないので、その後の雲南省辺境の発展具合を鑑みると、多分この当時のほ ...

ここ数日自分自身に覇気がなく、何となく「五月病」的な雰囲気。とりあえず何もしたくないので、今いじっている画像をネタに。.........................................................................................................昨年9月に、ほぼ7年ぶりに訪れた雲 ...

中国雲南省南西部のどん詰まり。ビルマ(ミャンマー)と国境を接する町「打洛(ダーロウ)」中心部から、バイクを借りて訪れた口岸(国境)。その途中には両側に畑が広がり、畑を貫く街道脇には街路樹が植えられて、その木々や葉がアーチのようになっている。ビルマとの国境 ...

「その街を知るには、まずその街の市場へ行け」と良く言われる。僕自身もそう思うし、打洛のような小さな街では市場のほかには小さな個人商店以外に買い物をする場所が無いのでそれは特に顕著だ。どんな人たちが何を食べ、何を着て、何を楽しみにこの街で暮らしているのかが ...

中国雲南省西双版納のダーロウ(打洛)と国境を挟んだ対岸にあるビルマの街モングラー(メンラー)。 この国境には、ひと頃は第三国人も行き来できる出入国ポイントがあるが、両国の情勢如何で現在は現地の人々でさえ出入り出来ない「名ばかり」の「口岸」だ。 しかし ...

中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)傣族自治州勐海県のドン詰まりの、ビルマと国境を接する「打洛」。 ここが中国語での本来の意味の「辺境」では無いかと思わせられるほどの辺境。 まぁ、そんな場所にも夜は訪れるわけで、宵の口にもなると「日本人辺境カメラマン ...

暇な時間が出来ると、昔撮ったフィルムや紙焼きのスキャンニングをして画像のデジタル化をしている。基本的にフィルム・カメラを旅に持っては行かなくなったけれど、本当はBeLomo社の「AGAT 18」か「AGAT 18K」を持って行きたいと思っている。今日いろいろとネット・サーフし ...

「辺境カメラマン」のコイワカメラです。今日はそんな肩書きにふさわしい場所の画像と共にお届けします。w雲南(ユンナン)省の西双版納(シーサンパンナ・シーシュアンバンナー)西側のドン詰まりの、ビルマと国境を接する街「打洛(ダーロウ)」。この辺まで来ると少数民 ...