コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:タイプーサム

7年前の2016年の今日。僕はシンガポールにいた。この前週末にフィリピンのセブ島で行われた「シヌログ・フェスティバル」の撮影を終えシンガに移動してはリトル・インディアを中心に行われる「タイプーサム・フェスティバル」の撮影に来た。タイプーサムへの参加は何度目かだっ ...

10年前の2012年の今日。僕はシンガポールのリトル・インディアにいた。初めて参加する「Thaipusam Festival(タイプーサム・フェスティバル)」でシンガ在住のインド・アーリア系住民の歴史の深さに触れてはフェスの成り行きを追いかけたり、そこに集まる女性たちや子供たちが ...

6年前の今日。2016年の今日はシンガポールのリトル・インディアにいた。毎年1月の第4日曜日に開催される「タイプーサム・フェスティバル」のパレードの撮影でこの時期いつもシンガポールに滞在していた。その前週の日曜日にフィリピンのセブ島で行われる「シヌログ・フェステ ...

シンガポールにおけるインド系の人口比は8%以下ながら、潜在的に自国籍のままシンガポールに居住している外国人比が40%近いためなのか印象以上にインド人を見かけるし、街中の建築物や装飾にインド文化が垣間見られる。また日本ではインド人と混同してしまいがちなネパール ...

シンガポールに到着後一泊だけ過ごしてすぐインドネシア・リアウ諸島州の離島「ブラカン・パダン島」へ「マラユの水上家屋」の撮影のため滞在。シンガポールのインド人街で行われる「タイプーサム・フェスティバル」まではまだ時間の余裕があったのでしばらく滞在しようかとも ...

年末年始を都内のライブハウス巡りや映画館通いラーメン店散策などして過ごし、 年が明けてはフィリピン・セブ島セブ市中心部で行われるフィリピン最大のフェスティバルである「シヌログ・フェスティバル」の撮影のためセブ市郊外にアパートを日借りで借りては数日滞在。その ...

世界の奇祭のひとつにあげられる事の多いインド系民族(タミル・コミュニティーとマラヤーラム民族)が居住する各国で行われるヒンドゥー教の例祭「タイプーサム(Thaipusam Festival)」。 ムスタファと呼ばれる山車の担ぎ手に、自転車のスポークのような山車の支えを体中 ...

初めての「ゲイラン」に宿を取っての滞在。 夜な夜な24時間営業の「ホーカーズ」でオン・ザ・ロックのビールをローカルの料理をつまみに呑む毎夜。遅い到着だったので、宿を取った「ロロン18」の宿向かいのホーカーズで「経済麺(エコノミック・ヌードル)」をつまみに呑む ...

チャイナ・タウンをうろつき、そのまま歩きでリトル・インディアへ抜けて「タイプーサム」のお祭りをフォローしてそのまま歩いてゲイランに戻る。結構な距離を歩いたけれど、タイプーサムの祭りの喧騒と興奮が身に沁みたまま離れず、遅めのランチながら普通に夜呑み。毎夜の ...

この日はシンガポールのインド人街で年に一度行われる奇祭「タイプーサム」が慣行される日で、僕はこの年初めて参加した。ランチも摂らずにパレードに付いて行っては、パレードの起点になる寺院の境内でお清めのドリンクをいただき、その後遅めのランチを宿に戻る途中の「蘭 ...

インドの奇祭「タイプーサム・フェスティバル」はその危険性からインド本国ではとうに法律によって禁止されているけれど、インド系移民の多いシンガポールやマレーシアでは未だ毎年行われている。地肌に針状の物や鉤状の物を差し込んで飾り付けをしたり貼り付けたり。なかで ...

シンガポールのリトル・インディア内で1年に1度行われるインドの奇祭「タイプーサム・フェスティバル」の合間を縫って一度宿に戻り、近場のホーカーズで喰らった昼飯。以前もテイク・アウトで利用した、ムスタファ・センター前のホーカーズのインド飯屋。無難にチキン・カレ ...

金山嶺美食中心で海南鶏飯を喰らったがまだロティ・プラタ程度なら喰えるので、近場のホーカーズでとも考えたが、夜食用に出前一丁のカップ・ラーメンを数個買っていた事を思い出し寄宿先のホテルへ戻る。お湯を入れて出来上がりを待っていてふと「中華圏だから香港製かな」 ...

日本にも大正時代にはあったかと思われる街中の色彩。今の日本では目抜き通りで花屋さえ目にしない無機質さ。新宿なんか、入場有料な御苑以外の庭園はビルの屋上ばかりだしw街行く人たちのファッションさえ画一的で被写体にもなりやしない。個性が感じられないよね。旅に出 ...

日本人にとって「インド・アーリア系女子」って何かしらにつけハードルが高いし、何かしらにつけ共有できる文化や習慣が無いためとっつき辛いよね。それでも綺麗な子は綺麗だし、可憐な子は可憐なのは世界共通の共有点。シリーズ化するほどでは無いけれど、パート3位まではネ ...

インド系民族が居住する国家で行われる「タイプーサム」での一こま。今日は「Google先生」のコラージュしていただきましたw既に泥酔中なので、起き掛けから気に留めていた「シリーズ」をエントリーしまくります。絶対にwシックスサマナ 第22号 そうだ、刑務所へ行こう 人生 ...

今日は「タイプーサム・フェスティバル」だ。 パレードが行われる「セラングーン・ロード」は今も観衆で歩けないほどだろうし、パレードの始点になる「スリ・スリニバサ・ペルマル寺」はパレード参加者の「楽屋」になっているので観衆や身内達も一緒になってはごった返 ...

クラウドしている古い画像を日がな見ていて、利用する事も無い「捨て画像」の棚卸しw2012年の「タイプーサム」参加時に寺院内で見かけたインド美人たち。撮った時は皆綺麗に見えたのだが、今見直すと皆「個性的」ですねw民族衣装が煌びやかで且つ自己主張が伺える。来年の ...

「ヒンドゥー教の奇祭」と呼ばれる事の多い「タイプーサム」。本国インドでは既に「危険な例祭」として禁止されているけれど、周辺国家のインド系移民の多い国々では現在進行形。シンガポールでも然りで、以下の画像は「閲覧可能レベル」のもの。w串刺しの彼らは山車の担ぎ ...

沖縄でぐだぐだしていたら、今年のタイプーサムに間に合わなかった。w そろそろ次の旅の準備に取り掛かろうかな。 ...

タイプーサムの撮影で訪れた「スリ・スリニバサ・ぺルマル寺院」で、参加者及び関係者に配られていたビニール袋入りのジュース。 屋台カルチャー華やかな国々では結構当たり前にあるパッケージングで、ジャマイカでは「SKY JUICE(スカイ・ジュース)」と呼ばれている持ち ...

ここ最近のシンガポールでの話題の中で、先日「リトル・インディア」を舞台に行なわれた「タイプーサム・フェスティバル」や「タイプーサム」と言う単語を多く書いた。 では「タイプーサム」とは何ぞやと。w 詳しくは以下に ...