コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:セブ島一周ツーリング

4〜5年前にセブ島南部をツーリング一周した際に立ち寄ったセブ島西岸の小さな集落の「Ronda(ロンダ)」。 この集落は僕の仕事仲間が数十年来懇意にして訪問し続けている集落で、彼がいい歳をして独身なので「フィリピンに現地妻がいる」とか「フィリピンに家庭がある ...

フィリピン西岸の南側。 もう少し北上すれば「Moalboal(モアルボアル)」にたどり着く手前の町「Alegria(アレグリア)」。 小さな集落が点在する「裕福ではないが最貧でもない」町。バイクで町中を散策していて、町北側の「マルボック墓地」向かい側にある貧区の入 ...

フィリピン・セブ島北部一周ツーリング時にトレドの中心部からセブ島西岸に移動するための山越えする手前の集落「バランガイ・マタブ-アン(Barangay Matab-ang)」の公共市場。 目指して来たわけでは無く、ツーリング途中にたまたま見かけてはバイクを止めて見学させ ...

フィリピン・セブ島東南側の、ジンベイザメと泳げることで有名な「オスロブ」手前の町「Boljoon(ボルホオン)」。 2万人程度の人口の自治体なので、全ての施設が小さく凝縮されていて観光向けでは無いけれど、透き通った青い海と空があり、古い白亜の教会があり、石灰 ...

フィリピン・セブ島北部一周ツーリング時に、セブ島西部海岸沿いで唯一宿泊を伴った滞在をした「Toledo(トレド)」の街。 セブ島西部海岸沿い最大の街ながら、狭いエリアに街の機能のほとんどが集約されていて滞在しやすい街だった。海岸沿いにある公営市場は周囲の市 ...

モアルボアルを出発してからは宿泊はせず一気に、しかしながらゆっくりとレンタ・バイク屋のあるマクタン島まで戻る。ロンダの町を散策・撮影して海岸線を北上し「バリリ(Barili)」から内陸部(山岳部)に入り、東岸の「カルカー(Carcar)」に出ては北上してセブ市内から ...

最高な滞在環境ながら、マリン・スポーツに興味が無い僕には周辺をツーリングするしかない場所での滞在を切り上げてセブ市内に向ってバイクを走らせ始める。宿のあるモアルボアルの半島部を抜けて「アルカンターラ(Alcantara)」の集落を通り過ぎ、次に見えてくるのが「ロン ...

「モアルボアル(Moalboal)」で宿泊した宿は、町の中心部から7キロほど離れた(バイクを飛ばすと10分ほどの)リゾート・エリアである半島部の湾側に面してあり、まぁ周囲にサリサリ(個人商店)はあるものの品揃えが十分ではないので結局は何をするにもバイクを飛ばす。湾に ...

次の目的地は本来の目的地である「モアルボアル(Moalboal)」。セブ島西岸随一の海岸リゾート地だ。「アレグリア(Alegria)」のファミリー経営の宿の曖昧なチェックアウト時間を良いことに、飛ばせば30分ほどで到着してしまう次の目的地の宿のチェックイン時間を見計らって ...

早朝のアレグリアの公共市場の側らでモーニング・コーヒーを飲んでは一服した後、近場を散策しながら撮影会。ローカルの人々と会話を交わした後は、町中で一番の高台にある体育館の観戦フロアーに上がってはマッタリ。前夜呑みに利用した「コシナ・オーガニカ」の料理が旨か ...

前夜、早めに寝付いたせいか思いのほか早く目覚めたフィリピン・セブ島西岸の集落「アレグリア(Alegria)」の朝。モーニング・コーヒーが飲みたかったのでバイクで10分ほど南側にある公共市場へ。まだ早朝7時前だと言うのに結構な数のローカル達が市場の周辺をうろついてい ...

「アレグリア(Alegria)」の宿で一休みしては良い頃合の時間になって夜呑みに出る。セブ島西岸の小さな集落の外れなど、昼間は良いけれど夜間は漆黒の闇の中。お目当てのレストランまでの10分ほどを心もとないバイクのヘッド・ライトを頼りに闇夜を進む。アレグリアのローカ ...

セブ島南岸一周で、走りだす前までは「オスロブ(Oslob)」か「サンタンデール(Santander)」で一泊しようと考えていた。実際に走り出すとどうしても飛ばしてしまう性格なので、途中の道中横目に入ってくるローカルの市場やきれいな景色があるたびにバイクを停めては撮影し ...

ブラカオのジョリビーでの朝飯を終えて再度セブ島南端を目指して走り出す。 セブ市の郊外都市である「タリサイ(Tarisay)市」を抜けて「ミングラニーラ(Minglanilla)」「イナヤガン(Inayagan)」「ナガ(Naga)」「サン・フェルナンド(San Fernando)」を横目に見なが ...

セブ島南側一周のため前日にマクタン島へ乗り込み、バイクをレンタルしたり初めて宿泊するマクタン公共市場近くの「G.V.ホテル」周辺をうろついたり。出発当日は早めに起きては出発時間を天気や腹具合と相談する。朝飯も喰わずに朝の8時半ころに出発してはセブ島に渡り、朝の ...

マタブ−アン(Matab-Ang)の市場からバランバン(balamban)の市街地に移動してトレド(Toledo)でGoogle検索した最短経路に従ってセブ島西岸から東岸へ横断を始める。セブ市内に差し掛かるまで地図上に記載されるような「集落」は無さそうなのでセブ島中央部に向う入り口に ...

1泊だけしたトレド(Toledo)の夜は、遅い時間になるにつれて豪雨が横殴りになってくる。土砂降りの中うろつくのもしんどいので、宿近くのマクドナルドでつまみになりそうなものを見繕っては宿の自室で「部屋呑み」。疲れていたのかいつの間にか寝入っては豪雨の去った翌朝、 ...

夕方過ぎに「トレド(Toledo)」に到着して宿を確保し一息ついては再びバイクで周辺の散策。セブ島西海岸沿いで唯一「街」と呼べる規模の都市だ。東海岸にある「セブ市」やその衛星都市の「マンダウエ(Mandaue)」や「タリサイ(Talisay)」と比べると土地開発は進んでおら ...

「ボゴ(Bogo)」を出て、セブ島北側や北西側にある島嶼や離島に向うフェリーターミナルのある「サン・レミジオ(San Remigio)」まで行けば「Jollibee (ジョリビー、フィリピン最大のファストフード・チェーン店)」ぐらいはあるだろうと中心部の市場や郊外の市場、船着場 ...

宿で知り合った先輩方やホテル・スタッフと痛飲した翌朝ながらも爽快に目覚めては、エアコンで冷え切った体を戸外に出て温める。前夜一緒に呑んだ中の近所に住むフィンランド人先輩宅で朝飯をいただく約束をしていて、起床の連絡をこちらから入れる前に先輩が僕が体を温めて ...

「Compostela (コンポステラ)」の市場で既に先を急ぐ事をあきらめたので、ゆっくり街道を北上する。途中セブ島東岸の長距離フェリー・ターミナルのある「Danao (ダナオ)」を通過してからは空も暗くなり始めたので、真剣に宿探しをしながらバイクを走らせる。途中何軒かの ...

セブ市内の定宿で朝飯を喰らって、セブ市の郊外都市である「Mandaue (マンダウエ)市」の住宅街にある知り合いの家までタクシーを飛ばしてバイクを借りに向うも外出中で夕方まで帰らないとの事。時間の無駄になるので再度タクシーを飛ばして「Mactan (マクタン)島」側に渡 ...

セブ市内に到着して定宿で一息入れるも、まだ呑み出すには時間が早いのでタクシーで「バランガイ・パシル」へ向う。セブ市の「中央市場」である「カルボン・マーケット」にほど近いこのエリアには「フィッシュ・マーケット」があることで有名だが、魚市場が閉店した夕方以降 ...

フィリピン・セブ島の街中に点在する「スラム」に暮らす人々の日夜を撮るため、成田空港からセブ島の空港のある「マクタン島」へ向う。この日のフライトはPR(フィリピン航空)の直行便なので、昼過ぎの搭乗に合わせて成田空港へ向う。搭乗してすぐ機内食が出る事もあり、成 ...