コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:スラン

一番最近に訪れたバリ島は2018年秋。まだ567の「コ」の字も無く適当に海外渡航が出来ていた。近年のバリ島訪問は「とりあえずアメドを目指すツーリング旅 」になっていて、目的地はB&B の「アクアテラス」。この時の滞在は基本的にレンタル・ハウスに宿泊したのだが最初の一泊 ...

バリ島で大なり小なり困った事があったり行き詰まったりすると必ずや訪れその度に解決してくれる友人がいるアメド(アメッド)の奥、ブヌタンのスラン集落。 ここで過ごす日々は解放され、自由で、しがらみが無く、無垢だ。感覚が研ぎ澄まされるのか、はたまた幼児回 ...

バリ島北東部沿岸で最大の観光地である「アメド(アメッド)」の主たる産業は観光業と漁業で、ローカルの人々のほとんどがどちらかに関連する職業に従事して暮らしている。 観光客は観光業に従事するローカルとは常時接するけれど、深夜に出航して早朝に岸に戻り午前 ...

バリ島北東部の「Amed (アメド、アメッド)」は西洋人好みのリゾートエリアで主たる観光は「海」以外特には無いけれど、昔ながらのバリ島の原風景と習慣が未だ色濃く残る閑静な町だ。 この町での僕の定宿はアメド中心部から程良く離れた「ブヌタン」と言うエリアの「 ...

長々続けて来たこのシリーズももう昨年頭まで来た。近年は旅先でしか呑んだ酒を画像として残す作業はしていないので、ボチボチ「最終章」に近づいているのかな。2018年の出だしはバリ島に向かう前の自宅でと・バリ島で・帰国後の3ヶ月間ながら、日本国内で記録した酒画像は2枚 ...

スケジュールの関係で、アメドでの短い滞在を終えてバリ島を時計回りに先へ進む。スラン島(Gili Selang)辺りまでは海岸線を左手に見ながらガードレールの無い上り坂を走り、数多の集落を過ぎては登り続けて内陸部に入って行く。とある集落では「Gメン ’75」ばりに路上に広 ...

インドネシアのバリ島のアメッド(アメド)のスラン集落の僕の定宿のテラスからの眺めの夜と朝。 昨年だったか、一昨年だったか。 夜の闇が深くて、朝の空が青く高い ...

道すがらで撮ってこの遠近感。 物凄い「崖っぷち」を徒然と走るバリ島東北部。 走っている時は何も感じないけれど、寝しなに思い出すとトラウマになるほどの恐怖感があるほどの「高さ」の崖っぷちの連続。 そよそよ、 ...

バリ島ツーリング旅の道すがらでバイクを停めて。 この場所には良いバイブスが漂っている。 バリ島の東北。 アメドの郊外、スラン集落の端で。 ...

アメッド(アメド)で宿泊したアクアテラスで、100%フレッシュな「マンゴー・ジュース」と繊細な激旨「アメリカン・ブレックファースト」を朝食にいただきながら「どこか面白そうなところは無いか?」の討論を宿のオーナー夫妻と交わしていると、出た結論は「マハ・ギリ」が ...

旅の移動で目的の街に着き、宿をとって荷物を下ろすと共にポケット内の小物はテーブルの上に置く。 ポケットの中に4台ものカメラを入れてるんだなぁ。 近年はデジタルに慣れきってしまったため、フィルム・カメラで撮るのが億 ...

一足先に灼熱の真夏を堪能してきた。 まだまだ夢の中にいたかったな ...

バリ島もアメッド(アメド)のスラン・ビレッジまで来ると、ワルンで売っているタバコも「地元仕様の品揃え」で、ほぼ全てのタバコが「クレテッ(丁子)タバコ(日本ではガラムが有名)」になる。選択肢が少ないなぁ。「マールボロ」があるじゃないかって?マールボロさえも ...

インド洋に面したバリ島南部のレストランには、店頭にいろいろな種類の魚介類が並び派手な陳列がされていることが多いが、太平洋側のアメッドではジュクンと呼ばれる小船によるシンプルな漁がほとんどで、獲れる魚も鯖(鯵かと思いきやゼイゴが無く、鯖系らしい)のみと言う ...

バリ島東北部の街アメッド(アメド)の奥に「スラン」と言う集落がある。ビーチから5〜10メートルほどの海底にドロップ・オフがあり、そこには日本軍の沈没船が横たわり、それを巣にする熱帯魚が群がり、このエリア一のダイビング・ポイントでもある。それ以外は、ただ単に「 ...

インドネシア、バリ島、アメッドのブヌタン村スラン集落東側の、ビーチ沖数メートルのドロップ・オフにある、沈没してから60年以上は経つと思われる日本船。 その周辺はダイビング&スノーケリング・スポットになっていて、前の晩に、宿のオーナー達と5本ものボトル ...