コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:ジャヤーヴァルマン7世

プリヤ・カーン (Preah Khan、 ប្រាសាទព្រះខ័ន) は、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、仏教とヒンドゥー教の習合寺院である。名は「聖なる剣」を意味し、かつて境内で発見された剣に由来する。アンコール・トムの北東に位置する。この地はかつてヤショ ...

グランド・サーキット(アンコール遺跡群大回りコース)最後の見所である「プリヤ・カーン」。その内観のレリーフや彫像・祠堂・ナーガ・乳海攪拌・ヨニリンガ・祈祷師体の物売りなどなどw  これで僕が足を止めて眺めた遺跡群の全てだけれど、これら以外にも大小たくさん ...

プリヤ・カーン (Preah Khan) は、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、仏教とヒンドゥー教の習合寺院である。名は「聖なる剣」を意味し、かつて境内で発見された剣に由来する。アンコール・トムの北東に位置する。 この地はかつてヤショーヴァルマン2世の王宮が建てら ...

グランド・サーキットの道路を挟んで「ニャック・ポアン」と対を成すように位置する小規模な遺跡の「(プラサット・)クロル・コー」。12世紀、ジャヤヴァルマン七世によって作られたヒンズー教寺院遺跡。バイヨン様式の建築で、ほとんど崩れてしまった周壁の中に砂岩ででき ...

ニャック・ポアン(Neak Pean、クメール語: ប្រាសាទនាគព័ន្ធ、「絡み合うヘビ」、英語: The entwined serpents)は、カンボジアのアンコール地域において、12世紀の後半、王ジャヤーヴァルマン7世の統治時代に築かれたプリヤ・カーンのバライにある丸い島に仏 ...

タ・ソム(Ta Som、クメール語: ប្រាសាទតាសោម)は、カンボジアのアンコール遺跡にある小寺院で、12世紀末、ジャヤーヴァルマン7世(在位1181-1220年)により構築されたものである。寺院はアンコール・トムの北東、ニャック・ポアンのすぐ東に位置する。王ジャヤ ...

バイヨン (Bayon) は、カンボジアのアンコール遺跡を形成するヒンドゥー・仏教混交の寺院跡。アンコール・トムの中央付近にある。バイヨンの呼び方で広く知られているが、クメール語の発音ではバヨンの方が近い。バは「美しい」という意味で、ヨンは「塔」の意味を持つ。 バ ...