コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:コロンス島

2010年の旧正月にマカオの宿の高騰から逃れるために流浪していた時に行き着いた福建省の厦門市。 この時の滞在は対岸の離島「コロンス島(鼓浪嶼)」と決めていたのたけど、まぁ市内中心部も散策するよな。そんな夕方の厦門中心部散策中とコロンス島へ向かう船上からの ...

 僕がコロンス島滞在時に宿泊した「湾景旅館・珈琲」。コロンス島にあるホテル・旅館は「宿泊する事」以外に何某かを特化した場所が多く、「レストランがメインのホテル」とか「画廊を併設したギャラリー・ホテル」とか。僕が宿泊した湾景はカフェに特化したホテルで、エント ...

 コロンス島南部にある「日光岩」の高所から眺める旧入植エリアでそのままの風情を残したまま観光資源にしたコロンス島内と対岸に広がる廈門(アモイ)市沿岸部。植民地様式の古い建物が保持されたコロンス島内の低層の建物に反して、対岸には福建省有数の街らしい高層でサ ...

コロンス島各所観光地や路地の佇まいはもちろん十分に良い眺めが点在している。 それに劣らないほど、昼夜問わずこの島から眺める対岸の大都市である廈門(アモイ)もなかなかの風情だ。 福建省第一の大都市であるアモイは、為政者である客家(ハッカ)による独特で ...

コロンス島の最高峰・龍頭山(海抜92.68m)の頂上にある巨岩、もともとは晃岩とよばれたが、1641年に鄭成功により改名されたと伝わる。絶好の展望スポットとして人気で、洋館と緑が広がるコロンス島を眼下に、アモイ市街まで360度ぐるりを見晴るかすパノラマビューが楽しめ ...

 第二次世界大戦が終結するまで上海とここコロンス島には複数の国家が共同で租界権を持つ「共同租界」があった。各国が統一感無く自国の建築様式で建てられた建築物はチグハグながらも異国情緒というものでくくられては今に至る。今現在は商業的利用がほとんどだけれど、当 ...

2017年に世界遺産登録された中国福建省廈門(アモイ)市の離島「鼓浪嶼(鼓浪屿、コロンス島、Gulangyu, Gulang Island、Kulangsu)」は日本ではコロンス島と呼ばれるほかに字面から「ころうしょ」とも呼ばれている。僕が訪れた2010年には既に完全な観光地化がされていたけれ ...

廈門空港07:30発のフライトに合わせてコロンス島から廈門市本島へ始発のフェリーで、まだ夜も明けない早朝に向う。廈門本島の港からタクシーに乗り、廈門空港に着き搭乗手続きを終えると日が明け始める。搭乗客の少ない搭乗口で人民と共に搭乗待ち。 搭乗しては少し雨模様の ...

旅行の3年後、今から3年前にエントリーしたコロンス島ネタ。流れでリプライズw...............................................................................................................日光岩 @ コロンス島(鼓浪嶼)、アモイ(廈門市)、福建省 2013年07月13 ...

2年ほど前にエントリーした数編をコンピで。....................................................................................................................中国福建 「コロンス島(鼓浪嶼、ころうしょ、鼓浪屿)で」 (画像編・リプライズ・2010) 2014年11月2 ...

中国・福建省の離島で「ピアノ島」との別名もある「コロンス島(鼓浪嶼・グーランユー)」。まだ市場開店の準備中ながらもローカル客が市場内外を行き来する。「島の市場」なので、必然海産物がメインに売られているが、もちろん肉系や野菜も鬻がれる。2010年の初春。人生何 ...

今既に泥酔中で事実上の「INTERMISSION (一休み)」w2010年に澳門から福建省廈門(アモイ)へ長距離バスで訪れたときの夕暮れ。アモイの海浜公園のような海岸沿いのプロムナードから対岸の「コロンス島(鼓浪嶼・グーランユエ)」を眺めて。この後コロンス島に渡ってはチト ...

本土中国と台湾が複雑に領土が入り組む福建省両岸。これらは両岸とも中国本土の領土である「コロンス島」から眺めるアモイ市内。「(半分)地を這う旅」を思い付いた街。結果的に中継地点になった街。この島を旅立つ朝は心配事でいっぱいながら船着場へ向った事を思い出す。 ...

廈門(アモイ)の離島「コロンス島(鼓浪嶼、グー・ラン・ユェ)」へ向かうために訪れた「廈門港」。当時撮った画像フォルダの中にあったのだが、何処から撮ったのか思い出せない。wそれ以前に撮ったことさえ記憶に無い。まぁ、僕の画像フォルダ内は、そんな画像の寄せ集めなの ...

終戦前の植民地時代、中国で唯一の「ピアノ博物館」があっただけで「ピアノの島(鋼琴之郷)」と呼ばれていたアモイ市の離島であるコロンス島(鼓浪嶼・グーランユェ)。そんなコロンス島のネーミングの元になった「ピアノ博物館」は、ピアノに興味の無い僕には「馬に念仏・豚に真 ...

夜景はどこでも「絵になる」よな。 煤けた廈門(アモイ)の街並みをもキレイに見せる。 風景も「夜目・遠目・傘の中」だな。 ...

季節や時期にもよるのだろうが、福建省アモイ(厦門)の離島である「コロンス島」の朝は大概ガスる。海峡を挟んだ対岸のアモイ市街が見えなくなるほどガスるのは当たり前としても、島内を歩いていても数メートル先が見えないほどガスる時もある。まぁ、これもコロンス島の風 ...

烏龍茶の産地として有名な中国福建省アモイ(廈門)市の離島部・コロンス島(鼓浪嶼)の最高峰は、92.68メートルの日光岩と言う岩の頂だ。(この岩の事はまた次の機会にエントリーするとして。)アモイ市街地は言わずもがなな大都市風情だが、高層建築の少ないコロンス島では ...

忙しいのに感けて、ネタが手抜きだったり頂いたコメントにレスしていない今現在。レスは金曜日にまとめて返したいと思っています。ネタは..........出来る範囲でがんばります。w(霧に霞むアモイ@コロンス島から)お茶を濁しています。w ...

僕の腹は普段から緩い。まぁ、毎晩キリ無く大酒を呑むせいだと分かってはいる。旅に出ても自宅にいてもその生活は同じで、朝・昼ときちんと食事をとり、夕食時は酒とつまみで済ます生活が20年以上続いている。「酒とタバコと女のうちひとつを選べ」と言われたら、躊躇無く「 ...

日本国内を旅するときは、ホテルのロビーに数多置いてあるパンフレットで事足りるが、海外の初めて訪れる街を目的地にする時や、目的地を決めずに「流浪の旅」をする時などはガイド・ブックを持っていく。特にどの出版社のガイド・ブックと決めてはいないが、前回の中国国内 ...

NHKで放映している「世界ふれあい街歩き」や多くの紀行番組でこの島の事は知ってはいたが、実際に赴いてみるとやはり、赴く前に想像していたものとは全然違い「これほどまでに観光地化」されているとは思ってもいなかった。 実際に赴いて思ったのは「全盛期の夏の軽井沢」っ ...

アモイ(厦門)のコロンス島で過ごす最終日。 朝8時発の昆明行きの厦門航空8405便に間に合うように早朝の4時半に起床。 前日の早朝もそうだったが、この時期のコロンス島の朝は霧が深い。 前日の晩、宿泊しているホテルのフロントに明朝の夜明前にチェック・アウ ...

昆明駅周辺の移動のためとか、自動車の使用制限のあるコロンス島内で使用されている「電気自動車」。 日本国内では主にテーマ・パークなどで使用されているけれど、中国国内では「実用車」として使用されている。 まぁ「エコ」なんだろうけれど、それ以前にこれを実際 ...

中国本土の鉄道による長距離移動時や、辺境地域での呑んだくれた後の閉めにと、毎度御世話になっている中国国内のカップ・ラーメン市場の50%以上を一社で独占する「康師傅」。 今回は鉄道移動時には食堂車で全て食べると決めていたので、いつも恒例の列車内では食べなかった ...

ただいま猛威移動中。 コロンス島を昨日の朝一番のフェリーでアモイに渡り、この街を中継し、今日の朝早くには目的地に着く予定。 さて、ここはどこでしょうか? ...