コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:グルメ

2006年の今日は台湾の九份にいた。この頃はまだ差ほど観光客の姿も多くなく、深夜や早朝はゴーストタウンのように人影もなく、ゆっくりと滞在を楽しめた。2010年の今日は新幹線で盛岡?に向かい滞在したらしい。仕事だろうけれど何も覚えていないwまたとある雑誌のデスクか ...

大概正月の3が日など仕事するはずもなく大概若い頃は実家に帰省しては親戚たちと大呑みダイカイになったものだが、 近年は他界する親戚も多々いては会うべき人も少なくなり帰省のきっかけもありゃしない。4〜5年前は正月3が日でも仕事をしていたけれど、ここ数年はしっかりと ...

この十数年の年末はほぼ都内にいて、忙しく動き回るストレスの発散は飲み食いする事で解消された。2009年の年末は離婚後初の年末で、なぜか「東京武道館」にいた。仕事で行ってたことは覚えているけどそれ以外は駅前の吉野家で牛丼食らった他は覚えていないw2010年の年末の ...

近年は「マカオの名物」として取り上げられる事の多い「ポークチョップ・バーガー(豬扒包)」。まぁ営地大街にある「金馬輪」や「大利来記」などはその昔から提供はしていただろけれど、それがマカオの名物として取り上げられる機会が多くなったのはこの10年ほどだ。そんなマ ...

翌日の帰国便が朝出発のフライトなので、前夜の「夜呑み」はおとなしく「部屋呑み」で。ナンデムン市場内の宿から近場の屋台で売られているおつまみ類を買い込んで、宿の自室でぬくぬくと。何にせよ南国滞在に慣れた体は極寒の海外の街で過ごすのに慣れていなく、年末年始の ...

早朝の極寒の中、道行く途中でローカルの店員たちに呼び止められてはキャパ・オーバーのお茶で満腹になり2食目の朝食を諦めた朝。日中になり日も高くなっては気温も氷点下ギリまで上がり再度市場内に出ては「太刀魚横丁」の中にある有名な「タッコンタン(鶏の煮込み)」料理 ...

相変わらず天気は良いのに極寒な年始の韓国・ソウル市内。昨夜の深酒を中和するべく大目の水分を摂り、極寒を体感しに戸外へ一服しに出る。ホテル付きの朝食を喰らって2食目の朝食を模索しに南大門市場(ナンデムン・シジャン)に出て散策するも、前日までに知り合った市場の ...

ミョンドン散策ついでに夜呑みしようかとも思ったけれど一昨日に呑んだエリアとかぶるので、結局一度宿のある南大門(ナンデムン)市場へ戻る。南大門市場もあまりガッツリと呑める場所も少なく、大通り向かいの南山側の呑み屋密集地へ。近年のミョンドンは完全に若いローカ ...

午前中はダラダラとアプリのゲームをプレイしたりローカルのテレビを眺めたりして過ごす。ランチの時間になっても腹が減らないので、ホテルの食堂備え付けのカップ麺と食後のスタバを飲んでは重い腰を上げて市内の散策に出る。午後はみっちりいろんな場所の「地下商店街」を ...

ソウル滞在3日目にして始めて喰らう「ホテル朝食」。洋食のブッフェ・スタイルなのだけれど、卵だけはその場で焼いてくれる。時間が早かったのかそれほど混んでいないホテルの食堂はコーヒーが飲み放題で長居してしまう。外からもれる何となくの「朝日」で早めに目覚めるソウ ...

太陽暦の正月より旧正月 を祝う事に重きを置く韓国でも、さすがに通常の元日の夜は休業する飲食店も多く「夜呑み」の選択肢が狭まる。前夜同様呑み場所を探して街中をうろつくのもはばかる寒さなので、宿の近場の飲食店で適当な「アンジュ(つまみ)」をテイクアウトしてホテ ...

ブランチ喰らい過ぎたしたいして腹も減らないので、友人にお願いされた「コピー時計のプライス・チェック」にいそしむためナンデムン市場内を右往左往。行く先々でお茶をご馳走になりながらも寄宿の帰り道途中のコンビニで、目に付いたものを買い漁ってはホテル自室でランチ ...

前夜の深夜までの飲酒による泥酔で寝付いては、起床した元旦の朝10時前。昨夜と同じテレビ局から流れる「紅白歌合戦」の再放送を眺めてはすでにホテルの朝食時間を過ぎて、さてw買い置きのカフェラテを飲んではタバコを吸いに戸外へ出ながら氷点下の気温を体感する。その後 ...

 このシリーズ3回目にして最終回の「今回も色々お世話になりました」2007年版。この旅は離婚する2年前だったので、もちろん家族旅行。我が家は僕と嫁・娘の3人家族だったので必然、民主主義的には「女性の意見」が過半数を占めたので、旅先での僕のポジションは通訳でドライ ...

韓国は中国や東南アジア各国同様「旧正月」を重視する国家なので、西暦の年の瀬はただの「休日前日」に毛が生えた程度で街中は普通に機能している。さすがに元日の夜は休む飲食店や商店も多かったけれど、西暦の大晦日はほとんど通常営業だった。飲食の選択肢が多いながらも ...

前回エントリーしたネタの続き。当時の家族旅行は基本的に中日5〜7日の滞在だったので要する日々は一週間から10日ほど。キッチン付きの宿泊施設に宿泊することがほとんどながら調理することはほぼ無かったので、必然ほぼ外食になっては結構な数の店舗を利用するわけで。そん ...

 年末にエクストラな仕事を請け負った「臨時収入」があったので急遽チケットを手配しては(平成最後の)年末年始を過ごすため5年ぶりの韓国・ソウル市へ。出発は久しぶりの羽田空港から。到着先も十数年ぶりの金浦空港。早朝の客足まばらな羽田空港の搭乗前のプロムナードに ...

今回も色々お世話になりました 一週間足らずの滞在中「旅行中くらいは料理をしたくない」とのカミさん(当時)の要望で、フル・キッチン完備ながら使うのはお湯を沸かすくらい。 また、冷蔵庫の中はドリンク類ばかり。必然テイク・アウトか外食になるのは必須。ご近所を中 ...

 歴代のマカオ総督や香港の総督も食べた「黄枝記(ウォン・チー・ケイ)」のワンタン麺。香港の中環に支店(分店)があるのは有名(旅行記やグルメ・ブログなどでよく目にする)。マカオにも一軒支店がありそれはどこかというと、皆様ご存知のセナド広場沿いにあるのが実は ...

翌日明け深夜の帰国便に乗り込むため、空港近くの繁華街「クタ」に戻ってはホテルにチェックインする前に「マデズ・ワルン」でしっかりランチ。深夜便までの休憩用のホテルにチェックインした後は事務的な用足しをしたり仮眠をとったり。搭乗前の空港内のカフェで軽食を取っ ...

早めに呑み始めたので早めに寝付いたらしく、結構な早朝に目覚めてはホテルの朝食時間が始まるまでホテルの近場をバイクで散策したり、10年前に訪れた場所を再訪したり。この日はクタに戻る日なので、買い置きの飲食物を総ざらいwまだ日が上がりきらない時間に目覚めては朝 ...

一眠りして呑みに良い時間になり、スイーツで口中を潤してはホテル付随のレストランへ向う。宿泊客が少ないのか、はたまた時間が早いのか、このレストランで他の宿泊客と出会わないのを少し気にしながらも中央の海が眺める席へ着く。とりあえずの「ビンタン(星)・ビール」 ...

10年前に過ごした「理想的な辺境の村で、理想的な宿に宿泊した日々」を回顧しては再訪した「ティブビユ(Tibubiyu, Tibubiu)」。以前の集落の中心部は昔のままながら、その奥に広がっていたジャングルが開墾され新たな村が出来ては新興のリゾート・エリアになっていたのには ...

 この日は移動日で朝一番に宿のレストランで朝食を取っては10年前に巡ったであろうコースを「ティブビユ」を目指して走り出す。途中「ウブド」南側のバイパス沿いのレストランで早めのランチを取っては裏道を西へ西へ。カランガセム山岳部の朝の風景を眺めながらの朝食。美 ...

ガルンガン当日の祈祷の撮影は例祭に参加しての撮影になるので、早朝からバリ式の正装に着替えては時間が来るまで友人宅で待機する。昨日の酒が少しばかり残っているので「朝ビール」はお断りして自家製の米菓子をつまみながらのバリ・コーヒーを数杯。朝8時ころから始まる例 ...

 地元のバリニーズたちとの「ランチ・ビール」の時間まで宿の自室でダラダラと「ミルク・チョコレート」をさらにミルクで割って飲んでは時間が来るのを待つ。ご招待の時間(13時)頃になり招待先の「ロア村」の集落までバイクで向ってはビール・ランチ用のビールを箱買いし ...

宿泊したシデメンのタボラ集落で、あまりにも起きるのが早すぎたのでまだ朝食には早く、買い置いたコーヒーを飲んでの市場散策。この日はバリ島のお盆にあたる「ガルンガン」の前日で、村の各所でお供えに使う「豚の解体」が行われる日。そんな解体を撮影させてもらっていた ...

ランチ後にシデメン街道を北上しては10年ぶりの「SIDEMEN(シデメン)」滞在。予約済みの宿のあてがわれた部屋に荷を下ろしたのが16時ころ。「呑み」にはまだ時間が早いので、近場のコンビニでおやつを買い込んでは小腹をごまかしたり水分補給したり。闇が落ちてからの辺境の ...

クタで宿泊した宿で朝飯を喰らった後ツーリングを開始し1時間ほど走っては「ギャニャール」周辺まで辿り着き、街道沿いにコンビニ「インドマレー」を見つけては小腹を満たすのと水分補給のための「おやつタイム」。その後小1時間ほど走っては「シデメン街道」沿いで見つけた ...

 バリ島の宿は基本的に「朝食付き」がデフォなので、この時もダイニングのある中庭に向う。宿のスタッフに朝食をサーブしてもらいたい事を告げては宿付きの番犬と一じゃれした後テーブルに着く。 運ばれて来る皿は全て「ハエが付かないように」一皿ごとにラップされている ...

到着後一休みしては夜呑みに良い時間になる。数多のレストランやバーひしめく「クタ」には数多選択肢はあるけれど、とりあえずビールのように「とりあえず”マデズ・ワルン”」。まだそれほど遅い時間では無いのに来客数が少ないのは「グヌン・アグン(アグン山)」の噴火を ...

今年の「ガルンガン(バリ式お盆)」の間にバリ島をツーリングしながらいろんな場所で食らった「食日記」。時に先進国風に、時にどっぷりローカル色強く、お祭らしく昼間から酒盛りしたり。「何が喰らいたい」とか特に無く、日々目の前に現れたものの中からの選択。8時間強の ...

朝6時とか7時とかに日本に帰国するためのデルタ航空のフライトに向うため、遅くまで呑んで酔ったままの体をリフレッシュさせるためにドリンク類を体内に注入。 この滞在中、ほとんど梅雨のような雨に降られ続けたけれど、晴れ間を見計らってはバイクでビーチ・バムも出来た ...

この時のサイパンを発つフライトは多分ノースウェストの深夜便だったので、部屋中に散乱した酒やアテの消費ナイトw 普通のビールだと思って購入したビールが「ノン・アルコール・ビール」だった顛末。結局「呑み」前に飲み干したけれど、感覚的にはやはり「ビール」を呑ん ...

サイパン島南部のビーチに向う度に通る「ススペ」の中心部である街道沿いの「タウンハウス・デパート」横にあるKFC併設の「タコ・ベル」。日本ではまだ出店数が少ないので馴染みが無いけれど、アメリカ国内ではマクドナルド以上の店舗数を持つ一大ファストフード・チェーンだ ...

サイパン島内で結構な早朝から営業している飯屋はファストフードかここ位なので、宿から近い事もあって毎朝伺うw 二日酔いに近い状態で「おめざ」のバニラ・フラペチーノを部屋のラナイで飲んでは目覚めのシャワーを浴びてからだな。バス・ルームから出るとテレビでは「abc ...

旅の目的地を決めるファクターは歳を重ねる毎に多くなっていくけれど、サイパンを訪れる必ずやな一つのファクターは「LYN'S(リンズ)のB.B.Q.(バーベキュー)を食らう事」。そんなのを「つまみ」に呑むローカル・ビールは格別。「BUSCH(ブッシュ、バース)」から始まり、 ...

離婚前の家族旅行時のランチ時によく利用した「ダイヤモンド・チャイニーズ・レストラン」。ランチ・メニューは昼夜$4 で提供されていて、一人旅時はチップのいらない「お持ち帰り」でw ランチ時間も過ぎてはチト落ち着いては来店客のいない「ダイヤモンド・チャイニーズ・ ...

買い置きしておいた「缶カプチーノ」を起き抜けに飲んでは一服して一日を始める。特に何か特別なものが食べたい時以外はほぼ向う「ハファ・アダイ・デリ」。眼前に並べられた食材から、今食べたい物を選ぶスタイルは寝ぼけ気味の朝飯の選択にはちょうど良いwハワイ製の缶カ ...

この日はランチの時間が遅かったのと、遅かったゆえに大喰らったので腹が減らずルーティンのようにスナックをアテにただただ「呑むだけナイト」wビールの背後に見え隠れするスナック類をつまみに呑むので、まぁ即効酔うよなw呑む直前にサイパンでの定宿裏手にあるコンビニ ...

2016年から2017年の2年間の旅先以外で食らったカップ麺も多々あるのだろうけれど、画像として記録するのに飽きたのか残っている画像は旅先での「食の記録」としての画像のみ。2年間で18食のみだけれど、旅先でも「食の選択肢」の多いエリアでは食らっていないし旅先以外では ...

朝食の後、サイパン島内を一周ツーリングで時間をつぶすともうランチ・タイム。滞在最初の朝食が「ハファ・アダイ・デリ」のようにランチは「ジェムズ」で。サイパン島内の人口比を鑑みると当たり前だが、島中にフィリピン料理屋があるのは当たり前で、この店はサイパンでの ...

前年までは結構喰らっていた痛飲後の〆のカップ麺もこの頃になると食す機会が減ったのか、カップ麺の画像を撮影するのに飽きたのか、その両方か。マックスの時期はひと月に30食以上食していた「〆のカップ麺」もこの年は年間を通して残っている画像はこれらのみ。もっと喰ら ...

この辺の時期から日本国内での毎外食やデリバリーの中食、国外での食事全ての画像を記録し始めたころ。元々心の中で「食い物の写真は積極的に撮るものではない」ような教えが念頭にありながらも、画像や動画がクローズアップされたSNSが世間の話題の主流になり、そんな「教え ...

リラックスして部屋呑みしては結構な深夜に寝付くも翌朝7時には「おめざ」の「V8」をホテルの自室のラナイで飲み干す。朝飯が喰らいたくなったのはその1時間強後で、それまでローカルのテレビを眺めたりダラダラしたり。サイパンでの朝食の選択肢は数あれど初日はいつも通っ ...

この年は一年を通して繁忙で、特に後半は実父の他界もあり繁忙に拍車がかかる。相変わらず毎月どこかに1〜2度出かけては撮影に勤しむ合間に実家と都内を何度も行き来する。忙しさに感けてなのか、はたまたカップ麺を記録するのに飽きたのか、ひと頃ほど画像が無いのはこの頃 ...

来月5月の初旬から、日本からサイパンに直行で向う方法が皆無になるらしい。僕がサイパンに行き始めた頃は日系・米系のみで5社の航空会社が成田空港から直行便を飛ばしていたものだが。その当時は「日本に一番近い海外退避場所」のような感覚で、最終的には移住も念頭に入れ ...

前月のシンガポール滞在があまりにトリッキーだったからか、はたまた国内の仕事が忙しかったのか。この年の3月は日々の画像をあまり記録していなく、カップ麺に関しては1枚しか撮っていない。この3月は何処にも旅していないはずで、日々都内で過ごしていたので何か個人的な精 ...

このシリーズも結構な回数エントリーしているけれど、僕自身が「よく食うなぁ」ってのと同時に「日本のカップ麺の種類は潤沢だなぁ」と夙に思うところ。 シリーズ中でほぼ被らないように画像をチョイスしたけれど、それ故その種類の多さに目が眩むほどだ。日本以外でこれほ ...

この月の中旬に数日間沖縄の那覇→コザ→那覇と巡り、帰京してはまた泥酔の日々wこの月も結構なカップ麺の消費量だけれど、それらが全て「呑みの後の〆」かと思うとよっぽど呑んでよっぽど食らっていたよなぁw こんな食生活をしながら平行して「世界のビール」にもはまっ ...