コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:ギャラリー

バリ島の内陸部にある「芸術の村」ウブドゥの南側に広がる「モンキー・フォレスト」奥にある、「公衆沐浴場」へ向かう人々。 敬虔な「バリ・ヒンズー」教徒である山岳部のバリの人々は、例祭やお葬式など、特別な行事の前のお清めの沐浴を欠かさない。 沐浴場は男女 ...

インドネシアの「バタム島」からシンガポールへ戻るフェリーの上から眺める、人工的なリゾート島であるセントーサ島にあるでかい方の「マー・ライオン」の後ろ姿。 市内にある本来のマー・ライオンのあまりの小ささに、「世界3大がっかりな観光名所」の汚名を返上すべく建 ...

アース・カラーの風景の中に、ハッとする色彩の「民族衣装」をまとう少数民族の人々。 その衣装は手作りで、現地の雑貨屋にはその材料となる糸が売られている。 その色彩にもハッとさせられる。 ...

前回は結構「コアな」知られざる通りのつもりで取り上げた「連丁里」だったが、いとも簡単にOUMUNさんに当てられ、自分の「井の中の蛙」加減を思い知らされた。 まぁ、知っている人は知っているだろうと、思うがこの通りも行き来はしている物の通りの名前までは意識しては ...

マカオという名前の語源になったと言う説もある、マカオの象徴的な廟。 近年は(2005年に世界遺産登録されてから)、観光客が多すぎてゆっくりと参拝する事が出来なくなった。 でもいまだに、僕のマカオでの散歩コースの一つだ。 (愚痴を一つばかり。  ...

マカオの地勢は、人口密度は北高南低、生活レベルはその逆だ。 しかし地元民以外の目には、「ハイ・ライズ」なアパート(日本風に言うとマンションか)が立ち並ぶ半島北部地区に反して、低層階のビルが所狭しと居並ぶ南部はあたかも「下町」チックで生活レベルが低そうだ ...

団体客やツアー客が来ると、何十人もの女の子達(とチョットの男の子)が楽器を鳴らしながら歓迎の踊りを見せる「ウェルカム・ガールズ」。 その控えの場所での、一コマをパチリ。 仕事中は無言で踊るだけの彼女達だが、控え場ではケラケラとよく笑い、うるさいほど良 ...

分る人には分る。 コアなバタム・リピーターにとっては、こんな画像でもカウパってしまうはず。 何度ここで「ビンタン・ビール」を飲んだ事か。w ...

本日は日曜日ながら、東京大学の有志の方の8回目のご来訪ありがとうございます。 中国雲南省の西双版納タイ族自治区の首府景洪の郊外であるモンハンの、夜の路上の屋台に腰掛けて、目に入る光景。 いくら成功して金持ちになっても、この「視線の低さ」や、治安など ...