コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:アンラプラ

4年前の2018年の今日。僕はインドネシアのバリ島にいた。バリ島東部のカランガセム北東にあるアメッドのスラン集落で過ごしては帰国のためのフライト待ちでクタに戻る日だったようだ。アメドの定宿併設のビストロで朝食を食らいながらクタまでの所要時間をなんとなく経 ...

2年前の今日、僕はバリ島にいた。この年3度目か4度目のバリ島で淡々と仕事をこなしては早めに終わり、後半数日は市場巡りばかりしていた記憶。この日はバリ島北東部のアメド辺境の「スラン集落」での滞在最終日で、バリ島玄関口の街「クタ」に戻るためバイクでバイパス道を拒 ...

バリ島北東部で一番大きな街である「アンラプラ」の 公営市場。近年ジャワ島からのイスラム教徒の移住が目立ち、バリ島内ではモスクのある大きめの町に集まって暮らす事が多く、このアンラプラの街も例外ではない。小さな町の市場では見かけないモスレムたちが生鮮を鬻ぐ姿が ...

前回ここまでの行き来の風景をネタにした「アンラプラ(アムラプラ)」の市場。バリ島は元来「ヒンドゥー教」の島で島民の90%以上がヒンドゥー教徒だったが、近年他地方からの他宗教教徒の流入が多くなり「イスラム教徒(モスレム)」度が高くなってきているらしい。バリ島内 ...

昨日「アンラプラ」の公営市場に用事があり「ブヌタン」のレンタルハウスから往復した際、今まで撮影したいと思いながらも出来なかった「アグン山を中心に広がるカランガセム の原風景」を写して来た。いつもはアメドへの行き来を急いでいるため、撮影したい風景があってもな ...

カランガセム沿岸山岳部の「スラヤ」を抜けると水の宮殿「タマン・ウジュン」手前で一度海岸線の絶壁に戻る。タマン・ウジュンを大回りして内陸部に入り「アンラプラ」の街中を散策して山岳部に入り「アグン山」の麓を伝うように「トゥンブク」方面を目指す。 宿を出てアン ...

アメド(アメッド)でのイベント満載の充実した滞在を終えて帰路に就く。この旅の目的は「バリ島辺境エリアの写真撮影」と「ツーリング」なので、下り坂で近道の「左回り」のコースは避け、上り坂で九十九折の山道を倍以上の時間をかける「右回り」のコースを経てアンラプラ ...

アンラプラ郊外の「ワルン置屋」の見学を終えてアメドの宿へ帰路に就く途中、アンラプラの北5キロメートルほどの「Aban(アバン)」にほど近い場所の路地裏に「ティルタ・ガンガ」と言う、今や観光地化されたカランガセム王朝の宮殿がある。ここは未だに「カランガセム王朝」 ...

インドネシア・バリ島・アメド滞在中のとある日。 滞在中に仲良しになったローカルのバリ人と、持て余した暇な時間でアンラプラ郊外の置屋見学に行こうと言うことになり、僕のバイクに「二尻」して1時間ほどの距離をツーリング。 目的の置屋は怪しい佇まい120%で ...

バリ島・カランガセム・マンギスの山中から海岸沿いに下りてみると、そこには一度過して見たかった「チャンディダサ」の集落に、美しい「ラグーン」を取り囲むかのように数多のコテージ・スタイルの宿が点在する光景が連なる。憧れた辺境集落の風景を目の前にしてグラグラと ...

以前、バリ島の東北部に滞在していた時、ローカルに遊び場の情報を聞き込み、バイクで片道1時間以上の道のりを往復して訪れた「パダン・クルタ(Padang Kerta)」のワルン置屋。(古い記憶の中でエントリーしているのでアバウトで書いているけれど、もしかしたら「ブバンドゥ ...

アメッド(アメド)で宿泊したアクアテラスで、100%フレッシュな「マンゴー・ジュース」と繊細な激旨「アメリカン・ブレックファースト」を朝食にいただきながら「どこか面白そうなところは無いか?」の討論を宿のオーナー夫妻と交わしていると、出た結論は「マハ・ギリ」が ...

バリ島の観光コースのお薦めポイントとしてよく取り上げられるが、個人で赴くには辺鄙な場所にあるなぁ。その場所はアンラプラの南側にある漁村「ウジュン」郊外の「TUMPU」にある、バリ王の静養と迎賓のための宮殿跡。別に僕はこの場所を目指して来たわけではない。アメッド ...

バリ島をツーリング中にスラットからアンラプラに出ようとしていたら、何を間違えたかマンギスに出てしまった。途中で「違うな」とはんなり思っていたのだが、「世界を迷う」事も僕の旅のテーマでもあるのでそのまま来てしまった。それでも高台に位置するマンギスから眺める ...

アンラプラからスラットに抜ける山道を走っている時に見た風景。 延々と続くライス・パディーの彼方に、バリ島最高峰の「グヌン・アグン(アグン山)」が鎮座する。 こんな風景の中をツーリングするって、最高に気分が良いんだよね。 やっぱ、バリ島も良いよね。 ...

  バリ島の東北部、アメッドの郊外にある「ブヌタン村」にあるB&B「アクアテラス」。 宿泊初日の夜、宿付属の「ビストロ・アクアテラス」で、ローカルのワインである「HATTEN」の赤を呑み始めると、オーナーの「RASTA」氏(アメッド・ロコ・バリニー ...