コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:アメリカ合衆国

写真を撮って生活する以前僕はアパレル関係の仕事をしていた。販売から始まってMD(買い付け)の仕事に回され、最終的に国際取引の事務手続きもしていた。アメリカで直接買い付けもした時もあり、そんな時は経費節減のためモーテルに3人で宿泊した事もしばしば。当時から海外 ...

このネタはこのブログ開設当時からやってるネタで、僕自身が今まで宿泊してきた世界中の宿泊施設を個人的な感想とともにアップしている。その中には画像に収めていないものや宿泊した事さえ忘れていた施設も多々あり、今回ネタにするのは画像も記録していなければ宿泊した事 ...

「世界の安宿で」 INTERNATIONAL STUDENT CENTER2007年12月21日 00:04前記事の中で「15人部屋のドミトリー」の事を例に出したがそれはニュー・ヨークはマンハッタンの中心街にあるユース・ホステルで、ミッド・タウンにありながら一泊US$30(オフ・シーズンはUS$20)という ...

「世界の安宿で」 HOTEL大元(ダイマル・ホテル)2007年12月19日 18:47 僕の生まれて初めての海外旅行は留学先のアメリカだった。留学先のフィラデルフィアまで当時は日本からの直行便などあるわけも無く、東京 → ロス・アンジェルス → ミネアポリス → フィラデルフィア ...

「世界の安宿で」 PLAZA MOTOR HOTEL, EL PASO, U.S.A.2007年11月21日 00:12その昔、アメリカはテキサス州のエル・パソと言う街に"沈没"していたことがある。この街の後に寄る所と言えば日本へ帰るためのハブとなるL.A.に着ければ良いだけだった為、ここぞとばかりにこの ...

移民の国で、あらゆる面で実験国家のアメリカは多種多様な民族が入り混じっては共通の文化とか認識とかは存在せず、故にウケた・多く受け入れられたメジャーなメディアのコンテンツが統一見解として浸透しては「〜らしさ」などは存在することが稀有だ。 日本に紹介され ...

まだアパレルの仕事をしていた頃なので、旅も何となく仕入れの下見っぽい旅をしていた頃のお話。旅の相棒たちもアパレル関連に従事していたりしていたので必然的な旅の仕様。基本的な旅の感じは当時流行っていた「ロード・ムービー」の真似事。行き当たり旅の創生期。ロス・ア ...

その昔、アメリカでの買い付けの補助や通訳、買い付け場所の選定などのコーディネートの仕事をしていた時期がある。その時期のとある靴店の買い付け時に利用したホテルやショップや個人的な買い物で訪れた数々の場所など。1980代当時、KLM/NW 航空が経営に関与していた ...

30年以上前の事なので、画像で記録している事以外はほとんど忘れてしまっているアメリカ・テキサス州西端の「エル・パソ」での滞在。 結構長々と滞在しながらもランチは毎日メキシコ側に入国して「シウダー・フアレス」の街でタコスばかり喰らい、フアレスの街中を散 ...

アメリカ合衆国の首都であるワシントンD.C.には学生の頃一度だけ訪れたことがある。 大学の同期日本人5人で連れだって、フィラデルフィアからD.C.までドライブしては1泊2日の珍道中。途中D.C.で先発していた2人が合流して、フォルクスワーゲンのジェッタ(ファミリア ...

再訪したいと思いながら既に四半世紀以上経ってしまったアメリカ・ニューヨーク市。 恋い焦がれているくせに近づけない片思いは僕自身が彼の地に再訪するのに釣り合うまではと思いながら時間だけが過ぎている感じ。当時撮った画像を心の中に焼き付けたままで。今は亡 ...

 日本国内では「アダルト・ショップ」に分類されることの多い「ヘッド・ショップ」。店内にはSM用の皮製衣装や関連グッズ、LGBT関連の需要品や避妊具・玩具などやランジェリーなども置かれていることも多いので分類的には間違ってはいないけれど、メインの商品はカンナビス関 ...

 アメリカで一番長く過ごした街で、若い多感な時期を過ごした事で今の自分の礎を作った街と言っても過言ではない街。滞在時は観光する事などほぼ無かったけれど、当時撮った画像を今更ながら眺めると、画像のそこここに観光地が映り込む。アメリカ建国の本拠地になった場所 ...

1990年代には「コンチネンタル航空」と言う航空会社があり( その後ユナイテッド航空に吸収統合)成田からもグアムやサイパンに路線を持っていて、グアムからはバリ島までの路線を持っていた。バリ島行きの往路ではトランジットに一晩を要する接続の悪さだったので必然航空券 ...

アメリカ・フィラデルフィア滞在中のとある冬。誰が言い始めたのか忘れたけれど「D.C.(ワシントンD.C.)観光に行こう」と言う話になり、とある週末に皆で予定を合わせてはレンタカーを手配して、フィラデルフィアから日本人5人組がボルチモアやリッチモンドを経由してD.C.を ...

先週末、映画「SICARIO」の1作目と2作目を続けて観た。出演俳優陣が僕の好みの人選だった以上に僕が若い頃長く過ごしたり何度も行き来した「米墨陸路国境地帯」が舞台で、僕が好んで「沈没」した「El Paso(エル・パソ)」が結構ネタになっていては興味深く眺めたwそんなエ ...

パシフィック・コースト・ハイウェイを南へ!  L.A.(ロス・アンゼルス)を出発してメキシコのティファナまで、気になった街で飯を食い、気に入った街で泊まる。何の予定も立てず、ガイドブックさえも持たない、そんな旅がしたかった。当時流行りの「ロード・ムービー」を自 ...

当時住んでいたフィラデルフィアのアパートが正月早々セントラル・ヒーティングの修理を行うのを受けて、前々からお誘いを受けていたルームメイトの叔母さんの家へ。宿泊した翌日午前早くに誘われるままに連れて来られた場所は、あの「ALLENTOWN(アレンタウン)」だった。 ...

最近またR.E.M.の初期作品を聴き直す時間が多く、必然的に聴いていない時にも脳内でヘビロテしている。僕は彼らの作品をほぼ彼らのデビューと同時に聴き始めたので、解散までの31年間を共に過ごして来たような気がする。リアルタイムで全てのアルバムを聴けて来たことは同時 ...

元々はカセットテープ専門レーベルだった「ROIR(Reachout International Records)」がCDにシフトし始めた頃からパンク・ロック色が薄れ、よりアンビエントなレゲエやダブに重心を置くようになった2000年代当時の傑作。4曲それぞれ別々のアルバムに収録されていたものだが、 ...

旅行時期: 1988年2月〜1988年3月元記事: http://4travel.jp/travelogue/10028096 陸路で国境を越えたかったのか、Tony Lama (ウェスタン・ブーツの老舗)の本店に行きたかったのか、はたまたただ暖かい所に行きたかったのかもう忘れてしまった。 フィラデルフィアから ...

この旅行記を4TRAVEL にアップしたのは2005年の1月20日。既に41歳になりながらもニューヨークへの憧れが捨てきれないテキストから滲み出ているw10日ほど前に満52歳になったけれど、気持ちの上ではまだ「19歳の早朝」で、この街に対する憧れは未だ変わらずだ。心身共に充実し ...

今後、僕の音楽ファイルと化していた「音楽ブログ」を更新するつもりがなくなり、自称「音楽鑑賞家」としての側面もこのブログに統合する指針で始める初心者向けでも上級者向けでも無い「下級者」向けのエントリー。この52年ほどの、僕の傍には絶えず音楽が存在した僕的歴史 ...

30年近くも前の情報なので、今これらの店が存在するのかも定かではないので恐縮なのですが昔話と割り切っていただいてw 留学先の生活でよく世話になったのが中華料理屋とこれらのヘッド・ショップだった。 日本にはない世界観。 アメリカの高校生の4人に一人は常用し、と ...

Monster is the ninth studio album by the American alternative rock band R.E.M., released in 1994 on Warner Bros. Records. Co-produced by the band and Scott Litt, Monster was an intentional stylistic shift from the group's preceding albums, Out of Time (19 ...

アメリカ合衆国とメキシコ合衆国の国境線はほぼ大河「リオ・グランデ」によって分かたれていて、このテキサス州西端の国境の町「El Paso(エル・パソ)」もリオ・グランデをはさんで対岸のメキシコ・チワワ州の「Ciudad Jarez(シウダー・ファレス)」と向かい合う。メキシコ ...

今日はブツクサ言うのは止そう。3025人の御霊に思いを馳せながら。13年早ければ僕も。シックスサマナ 第20号 真夏の夜の被害妄想 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア・写真)SIXSAMANA2015-07-10 4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN ...

Out of Time is the seventh studio album by the American alternative rock band R.E.M., released on Warner Bros. Records in 1991. With Out of Time R.E.M.'s status grew from that of a cult band to a massive international act. The record topped the album sale ...

Green is the sixth studio album by the American alternative rock band R.E.M. and their first release for Warner Bros. Records. Released in November 1988, the album continued to explore political issues both in its lyrics and packaging. To promote Green, t ...

Document is the fifth studio album by the American alternative rock band R.E.M.  It was released in 1987 a few months after their rarities collection Dead Letter Office appeared and is the last album of new material by the band released on the I.R.S. Rec ...

Reckoning is the second studio album by the American alternative rock band R.E.M., released in 1984 by I.R.S. Records. Produced by Mitch Easter and Don Dixon, the album was recorded at Reflection Sound Studio in Charlotte, North Carolina over 16 days in D ...

Murmur is the debut studio album by the American alternative rock band R.E.M., released in 1983 on I.R.S. Records. Murmur drew critical acclaim upon its release for its unusual sound, defined by singer Michael Stipe's cryptic lyrics, guitarist Peter Buck' ...

部屋の整理をしていたら、学生時代のフィラデルフィア在住時に足繁く通ったレコード店のショッパーが出てきた。「ストロベリーズ」と言う名の店だったらしいが、店名も忘れていたし多分ミュージック・テープでも買った時に渡されたCDサイズのショッパーだ。裏面にはローカル ...

市長が変わる度に猫の目のように治安状況が変化するアメリカ合衆国のニュー・ヨーク市。日本では多くは繁華な「山の手」のマンハッタンの事ばかり語られるけれど、それ以外のエリアは恒常的に「下町」なので治安状況は(悪い事で)安定しているよなwそんなマンハッタン以外 ...

50州25セント硬貨(ごじっしゅうにじゅうごセントこうか、The 50 State Quarters)は、アメリカ合衆国造幣局が発行する特殊硬貨プログラム「50州25セント硬貨プログラム (The 50 State Quarters Program)」で発行された25セント硬貨である。「State Quarters(ステート・ク ...

本当は「アメリカ・フィラデルフィアのSEPTA「マーケット・ストリート・イースト駅」で、ニュー・ヨーク・シティーのラファイエッテ通りにあるキース・へリングの「POP SHOP」で購入したロング・スリーブTシャツに「SCHOTT」のB-3を羽織って」にしたかったフィルム画像 @ 198 ...

学生時代に足繁く通ったフィラデルフィア・13thストリートにあった「セブンイレブン」。 韓国人留学生のアルバイト店員が多い中、唯一とでも言うべきアフリカン・アメリカン(黒人)のダイヤモンド・ゴメス君。 ...

昨日は(正確には今現在も)アメリカ合衆国独立記念日だ(った)。(面倒くさいなぁ。w) と言うのは、アメリカは世界中に「飛び地」の領土を持っており、東端は「ウェーク島」から西端はアラスカのアリューシャン列島西端の「アッツ島」まで、経度で言えば24時間以上の ...

その昔、グアムにはよく行った。 最終目的地がグアムではなく、コンチネンタル・ミクロネシア航空を利用してバリ島に向かうための乗り換えのストップ・オーバーのために、往路・復路とも一泊ずつしたり、どちらか一泊だけして、もう一方は直接最終目的地に向かったり。 格 ...