コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:アズレージョ

14年前の2008年の今日。 僕はマカオにいた。 6日間のバリ島滞在を終えマカオの定宿に戻ったのは良いけれど、バリ島滞在中のツーリング時の日焼けがハンパなく軽い火傷のような状態が上半身に多々あり寝返りさえ打てないほどで体調も少し崩していた。 日々の生活時間 ...

「アズレージョ」とは、アズレージョ (ポルトガル語:azulejo、スペイン語ではアスレホ)は、ポルトガル・スペインで生産される、典型的な上薬をかけて焼かれたタイル。途絶えることなしに5世紀もの間生産され続け、ポルトガル文化の典型的な要素となった。ポルトガルへ行け ...

先月の澳門滞在は雨に降られながらも結構自由な時間があったので、久しぶりに路地裏を散策しながらアズレージョに路名が表記された標識を同時に撮りながらうろついた。今更澳門半島部で歩いた事の無い通りなど無いだろうけれど、さすがに全てを画像に収めているわけではない ...

澳門の道路名標識は全てポルトガル様式の飾りタイルの「アズレージョ」にポルトガル語と繁体字の中国語で表示されている。そんなアズレージョの標識とその周辺の景色を断片的に。 美しい飾りタイルで造形された標識が、各々の通りの至る所に掲げられる風景が500年続いた「ポ ...

先週の澳門滞在中、久しぶりに民政総署(議事亭)に赴いては一時間以上撮影に費やした。 入り口から2階へ続く壁に飾られたものは今まで多くネタにしてきたので、今回はあえて議事堂脇の記念碑と共に。蛇足だけれど、内港の南側の路地を歩いていて「アズレージョ問屋」が結構 ...

澳門の道路標識は言わずもがな「アズレージョ(飾りタイル)」で表されている。そんな中で先月見つけた昔ながらのアズレージョではない標識。今や「廃墟」と化した感のある「国際酒店」前に掲げられた標識。昔はこんな感じだったのかなぁ。番地も入っているので「国際酒店」 ...

マカオ内港エリアの下環街周辺にある通りの名は味のある名前の場所が多い。行政区分が教会区によって分けられるマカオでは、通りの名に教会関連の名が付けられたりポルトガル・マカオの歴史上の人物の名が付けられる事が多いが、画家の名が冠された通りがあるのはここだけで ...

この通りを行き来する時って大概酔っ払っているので、ほとんどピントが合っていない。wカメラも僕と相性最悪のNIKON S-4で撮ったものだろうなぁ。昼間は地元の人々と若いホンコン人観光客、出稼ぎのフィリピン人などでごった返す通りだが、夜もふけると人っこ一人も歩いて ...

検索キー・ワードで「アズレージョとは」と言うワードでこのブログに来た人が数日前にいたが、その人は多分「アズレージョ=道路標識」と誤解したのではないだろうか。本来は「飾りタイル」の事で、本当にアーティスティックなアズレージョは、マカオでは市政庁舎の中庭に続 ...

マカオ観光のメッカであるセナド広場脇に伸びる「営地大街」を北上すると、「草堆街」を境に通りは「関前後街」と名前が変わる。 その「関前後街」の一本裏に「関前正街」がある。 「関前後街」は車も行き来するそこそこの路地だが、「関前正街」はバイクのさえもあまり通らない ...

マカオ滞在時の朝の90%を過ごすだろう「下環街」。 昼間の閑散とした雰囲気や、夜間の静寂の中に輝く窓々からもれる生活光に照らされる光景もいいが、この街はやはり朝の喧噪がいい。 通学途中で小吃屋で朝飯を摂る子供たちや、朝飯の惣菜を買い求めるローカルの人 ...

マカオの通りの名前は全て「アズレージョ」と言われる飾りタイルに表示され、通りの程良い高さの壁に掲げられる。 行き来したり、何かをした「思い出」はカメラでは記録できないので、マカオでは代わりにこのアズレージョの写真を撮っている。 最初に「ネタばれ」しておく ...

前回は結構「コアな」知られざる通りのつもりで取り上げた「連丁里」だったが、いとも簡単にOUMUNさんに当てられ、自分の「井の中の蛙」加減を思い知らされた。 まぁ、知っている人は知っているだろうと、思うがこの通りも行き来はしている物の通りの名前までは意識しては ...